楔形文字

楔形文字(くさびがたもじ、せっけいもじ)とは、世界四大文明の一つであるメソポタミア文明で使用されていた古代文字である。

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(楔形文字)が含まれています。
楔形文字
類型: 表語文字 後に音節文字の要素も加わる
言語: シュメール語
アッカド語
エラム語
ヒッタイト語
ルウィ語
フルリ語
ウラルトゥ語
時期: 紀元前3500年頃-紀元後1世紀
親の文字体系:
(先文字時代)
  • 楔形文字
子の文字体系: 古代ペルシア楔形文字ウガリト文字
Unicode範囲: U+12000–U+1236E (シュメール=アッカド語楔形文字)
U+12400–U+12473 (楔形文字数字)
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

筆記には水で練った粘土板に、葦を削ったペンが使われた。最古の出土品は紀元前3400年にまで遡ることができる。文字としては人類史上最も古いものの一つであり、古さでは紀元前3200年前後から使われていた古代エジプト象形文字に匹敵すると言われている。

楔形文字の呼称

楔形文字(cuneiform)という名称は、ラテン語の cuneus (くさび)と、forma (形)からなる造語であり、1712年のエンゲルベルト・ケンペル廻国奇観』の中で使われてから一般でも使用されるようになったとされている[1][2]オリエント学のうち、この文字を使用した文明・文化の研究は、一般に「アッシリア学」と呼ばれる。

楔形文字というのはあくまで文字の形状に注目した名称であり、実際には起源・系統の異なる多様な文字体系を含む。文字の種類としても、代表的なシュメール語アッカド語の文字は表語文字音節文字の組み合わせであるが、ウガリット文字アブジャドであり、古代ペルシア楔形文字アルファベットである。

歴史

ウルク文化期(紀元前3200年)にシュメール人によって絵文字としての性格が強いウルク古拙文字が発明されたが、長期間繰り返し使われるうちに、次第に単純化・抽象化されて、青銅器時代初頭(紀元前2500年)には約1,000文字のシュメール文字になり、青銅器時代末期(紀元前2000年)には約400文字(ヒッタイト語楔形文字)から約200文字(アッカド語楔形文字)になった。シュメール文字シュメール語に用いられる他、アッカド語アッカド語楔形文字)、エラム語エラム語楔形文字)、ヒッタイト語ヒッタイト語楔形文字)、楔形文字ルウィ語に借用され、また古代ペルシア語古代ペルシア楔形文字)やウガリット語ウガリット文字)などに独自の文字の発達を促す役割をはたした。

文字の歴史

最初期の象形文字は、粘土板の上に縦の枠を設け、ペン、すなわちアシで作り先を尖らせた尖筆で書かれた。やがて文字は横書きになり、また先を楔形にした尖筆を粘土板に押し当てて書くようになった。

楔形文字の粘土板は長期記録用にで焼くこともでき、また残す必要がないなら再利用することもできた。考古学者が発見した粘土板の中には、粘土板のあった建物が戦乱で焼かれ、結果的に固く焼成されて保存されたものが多くある。

楔形文字は、本来シュメール人によってシュメール語記録のために発明されたもので、メソポタミア全域で3000年にわたって用いられた。しかし、次第に近隣の他の民族に借用され、アッカドバビロニアエラムヒッタイトアッシリアで楔形文字はそれらの民族固有の言語を書くのに用いられた。とはいえ、シュメール人が磨き上げた楔形文字本来の音節文字的な性格は、セム語族などの言語話者には使い勝手のよくない仕組みだった。この事実に多くの言語学者が促され、シュメール文明が再発見される以前から、バビロニア文明に先立つ文明の存在を仮定していた。

シュメール楔形文字の後世の借用は、少なくともシュメール文字のいくつかの特徴を保存している。アッカド語文献は、シュメール語の音節を表す音節文字と一語にまるごと対応する表語文字を含んでいる。楔形文字の多くの文字が、音節と意味の両価を示している (en:polyvalent)。楔形文字がヒッタイト語を書くのに借用されたとき、アッカド語の表語文字的な書き方が加えられ、その結果多くのヒッタイト語の単語が表語文字的に書かれたため、その音価を今日推定することはもはやできなくなった。音節文字と表語文字の複合した筆記システムの複雑さは、日本語の筆記システムの複雑さと比べることができる。日本語が漢字で書かれる場合は、ある文字は表音的で、ある文字は表意的に用いられ、文脈によって音価がまちまちに取られる。また、漢字から発展した純粋に表音的なカナもまた用いられる。楔形文字で書かれたヒッタイト語もまた同じような表記体系を持っていたのである。

楔形をしてはいるが、シュメール・アッカド文字と系統の異なるいくつかの表記体系が存在する。古代ペルシア楔形文字音素文字アルファベット)で、各文字の画数はアッシリア文字よりはるかに少ない。頻繁に使われる「神」や「王」といった語は表意化されている。ウガリット文字は楔形文字的方法で書かれた、標準的なセム語形式の文字(アブジャド)であった。

現在知られている楔形文字の最後の例は、紀元後75年に書かれた天文学上の記録である。

解読の歴史

1802年G.F.グローテフェントは、ペルセポリスの碑文の写本を利用し、古代ペルシア語の解読に努力した[1]

アッカド語楔形文字の解読には、1621年に発見されたアケメネス朝ペルシャベヒストゥン碑文(磨崖碑文)が、ヘンリー・ローリンソンによって1835年に再発見され、利用された。ローリンソンはイギリス陸軍の士官で、ペルシアのベヒストゥンの崖でベヒストゥン碑文を発見し、そのいくつかを写し取った。碑文はダレイオス1世の治世下(紀元前522-486年)に刻まれており、ペルシア帝国の三つの公用語、古代ペルシア語古代ペルシア楔形文字)、アッカド語アッカド語楔形文字)、エラム語エラム楔形文字)で書かれた同一のテキストであった。ベヒストゥン碑文がアッカド語楔形文字解読に果たした役割は、ロゼッタ・ストーンヒエログリフ解読に果たした役割に相当する。

ローリンソンはまず古代ペルシア語の解読に成功した。これとは別に、アイルランド人のアッシリア学者エドワード・ヒンクスもまた解読に貢献した。

古代ペルシア語を翻訳した後、ローリンソンとヒンクスは次の解読を始めた。ポール・エミール・ボッタが1842年に都市ニネヴェを発見したことで、二人は大いに助けられた。オースティン・ヘンリー・レヤードによって発掘された宝物のうちには、アッカド語楔形文字に覆われた焼かれた粘土板数万点を有するアッシュールバニパル王家の文書庫、アッシュールバニパルの図書館の遺跡があったのである。1851年までに、ローリンソンとヒンクスは200のアッカド語を読むことに成功した。

ローリンソンとヒンクスはほどなく、新たに二人の異なる解読者と協同するようになる。ドイツ生まれの若い学者ユリウス・オッペルトと、学識に富むイギリス人東洋学者ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットである。

1857年には4人がロンドンで会合し、解読の正確さを試す有名な実験を行った。イギリス王立アジア学会の書記エドウィン・ノリスが、4人それぞれに、最近発見されたアッシリアの皇帝ティグラト・ピレセル1世の治世下に書かれた、碑文の写しを渡した。翻訳中は4人の情報交換は禁止された。

そして学識経験者からなる審判が集まり、4人の翻訳結果を精査し、その正確さを評価した。

4人が行った翻訳はすべての主要な点で、「ここは間違いないだろう」と自信を持った所は他の翻訳者と一致した。「もしかしたら違うかも知れない」と思った所は些細な異同があった。4人のなかでは経験の浅いタルボットは多くの間違いを犯し、オッペルトの翻訳は英語に不慣れなことから来る、幾つかの意味が取りにくい部分を含んでいた。しかしヒンクスとローリンソンの翻訳はほとんど同一であった。

審判は結果に満足したと発表し、またアッカド語楔形文字で書かれたアッカド語の解読は達成されたと宣言した。

この後、ある壷に描かれていたアッカド語楔形文字とヒエログリフが、全く同じ意味である事が発見され、解読達成の裏づけとなった(これが、楔形文字を研究するアッシリア学の公式な成立とされている)。

1930年代にはアッカド語をツールとして、(シュメール語)楔形文字で書かれたシュメール語の解読も開始され、1940年代にサミュエル・クレイマーにより解読された。

しかし、エラム楔形文字で書かれたエラム語の解読は1840年代から行なわれているが、今日に至るも比較対象の資料に乏しく、さらに研究が継続されている[3]

翻字

楔形文字には専用の翻字法がある。楔形文字は多価であるため、翻字により、情報落ちが発生するどころか、元のテキストよりも情報量が増える。例えば、ヒッタイト語テキストの文字DINGIRはヒッタイト語の音節anを表すことも、アッカド語の語句の一部のilであることも、元来のシュメール語の意味であるを表す表意文字であることもありうる。

Unicode

楔形文字はUnicode 5.0に含まれている。以下の領域に次の文字(982文字)が収録されている。

U+0123456789ABCDEF
12000 𒀀𒀁𒀂𒀃𒀄𒀅𒀆𒀇𒀈𒀉𒀊𒀋𒀌𒀍𒀎𒀏
12010 𒀐𒀑𒀒𒀓𒀔𒀕𒀖𒀗𒀘𒀙𒀚𒀛𒀜𒀝𒀞𒀟
12020 𒀠𒀡𒀢𒀣𒀤𒀥𒀦𒀧𒀨𒀩𒀪𒀫𒀬𒀭𒀮𒀯
12030 𒀰𒀱𒀲𒀳𒀴𒀵𒀶𒀷𒀸𒀹𒀺𒀻𒀼𒀽𒀾𒀿
12040 𒁀𒁁𒁂𒁃𒁄𒁅𒁆𒁇𒁈𒁉𒁊𒁋𒁌𒁍𒁎𒁏
12050 𒁐𒁑𒁒𒁓𒁔𒁕𒁖𒁗𒁘𒁙𒁚𒁛𒁜𒁝𒁞𒁟
12060 𒁠𒁡𒁢𒁣𒁤𒁥𒁦𒁧𒁨𒁩𒁪𒁫𒁬𒁭𒁮𒁯
12070 𒁰𒁱𒁲𒁳𒁴𒁵𒁶𒁷𒁸𒁹𒁺𒁻𒁼𒁽𒁾𒁿
12080 𒂀𒂁𒂂𒂃𒂄𒂅𒂆𒂇𒂈𒂉𒂊𒂋𒂌𒂍𒂎𒂏
12090 𒂐𒂑𒂒𒂓𒂔𒂕𒂖𒂗𒂘𒂙𒂚𒂛𒂜𒂝𒂞𒂟
120A0 𒂠𒂡𒂢𒂣𒂤𒂥𒂦𒂧𒂨𒂩𒂪𒂫𒂬𒂭𒂮𒂯
120B0 𒂰𒂱𒂲𒂳𒂴𒂵𒂶𒂷𒂸𒂹𒂺𒂻𒂼𒂽𒂾𒂿
120C0 𒃀𒃁𒃂𒃃𒃄𒃅𒃆𒃇𒃈𒃉𒃊𒃋𒃌𒃍𒃎𒃏
120D0 𒃐𒃑𒃒𒃓𒃔𒃕𒃖𒃗𒃘𒃙𒃚𒃛𒃜𒃝𒃞𒃟
120E0 𒃠𒃡𒃢𒃣𒃤𒃥𒃦𒃧𒃨𒃩𒃪𒃫𒃬𒃭𒃮𒃯
120F0 𒃰𒃱𒃲𒃳𒃴𒃵𒃶𒃷𒃸𒃹𒃺𒃻𒃼𒃽𒃾𒃿
12100 𒄀𒄁𒄂𒄃𒄄𒄅𒄆𒄇𒄈𒄉𒄊𒄋𒄌𒄍𒄎𒄏
12110 𒄐𒄑𒄒𒄓𒄔𒄕𒄖𒄗𒄘𒄙𒄚𒄛𒄜𒄝𒄞𒄟
12120 𒄠𒄡𒄢𒄣𒄤𒄥𒄦𒄧𒄨𒄩𒄪𒄫𒄬𒄭𒄮𒄯
12130 𒄰𒄱𒄲𒄳𒄴𒄵𒄶𒄷𒄸𒄹𒄺𒄻𒄼𒄽𒄾𒄿
12140 𒅀𒅁𒅂𒅃𒅄𒅅𒅆𒅇𒅈𒅉𒅊𒅋𒅌𒅍𒅎𒅏
12150 𒅐𒅑𒅒𒅓𒅔𒅕𒅖𒅗𒅘𒅙𒅚𒅛𒅜𒅝𒅞𒅟
12160 𒅠𒅡𒅢𒅣𒅤𒅥𒅦𒅧𒅨𒅩𒅪𒅫𒅬𒅭𒅮𒅯
12170 𒅰𒅱𒅲𒅳𒅴𒅵𒅶𒅷𒅸𒅹𒅺𒅻𒅼𒅽𒅾𒅿
12180 𒆀𒆁𒆂𒆃𒆄𒆅𒆆𒆇𒆈𒆉𒆊𒆋𒆌𒆍𒆎𒆏
12190 𒆐𒆑𒆒𒆓𒆔𒆕𒆖𒆗𒆘𒆙𒆚𒆛𒆜𒆝𒆞𒆟
121A0 𒆠𒆡𒆢𒆣𒆤𒆥𒆦𒆧𒆨𒆩𒆪𒆫𒆬𒆭𒆮𒆯
121B0 𒆰𒆱𒆲𒆳𒆴𒆵𒆶𒆷𒆸𒆹𒆺𒆻𒆼𒆽𒆾𒆿
121C0 𒇀𒇁𒇂𒇃𒇄𒇅𒇆𒇇𒇈𒇉𒇊𒇋𒇌𒇍𒇎𒇏
121D0 𒇐𒇑𒇒𒇓𒇔𒇕𒇖𒇗𒇘𒇙𒇚𒇛𒇜𒇝𒇞𒇟
121E0 𒇠𒇡𒇢𒇣𒇤𒇥𒇦𒇧𒇨𒇩𒇪𒇫𒇬𒇭𒇮𒇯
121F0 𒇰𒇱𒇲𒇳𒇴𒇵𒇶𒇷𒇸𒇹𒇺𒇻𒇼𒇽𒇾𒇿
12200 𒈀𒈁𒈂𒈃𒈄𒈅𒈆𒈇𒈈𒈉𒈊𒈋𒈌𒈍𒈎𒈏
12210 𒈐𒈑𒈒𒈓𒈔𒈕𒈖𒈗𒈘𒈙𒈚𒈛𒈜𒈝𒈞𒈟
12220 𒈠𒈡𒈢𒈣𒈤𒈥𒈦𒈧𒈨𒈩𒈪𒈫𒈬𒈭𒈮𒈯
12230 𒈰𒈱𒈲𒈳𒈴𒈵𒈶𒈷𒈸𒈹𒈺𒈻𒈼𒈽𒈾𒈿
12240 𒉀𒉁𒉂𒉃𒉄𒉅𒉆𒉇𒉈𒉉𒉊𒉋𒉌𒉍𒉎𒉏
12250 𒉐𒉑𒉒𒉓𒉔𒉕𒉖𒉗𒉘𒉙𒉚𒉛𒉜𒉝𒉞𒉟
12260 𒉠𒉡𒉢𒉣𒉤𒉥𒉦𒉧𒉨𒉩𒉪𒉫𒉬𒉭𒉮𒉯
12270 𒉰𒉱𒉲𒉳𒉴𒉵𒉶𒉷𒉸𒉹𒉺𒉻𒉼𒉽𒉾𒉿
12280 𒊀𒊁𒊂𒊃𒊄𒊅𒊆𒊇𒊈𒊉𒊊𒊋𒊌𒊍𒊎𒊏
12290 𒊐𒊑𒊒𒊓𒊔𒊕𒊖𒊗𒊘𒊙𒊚𒊛𒊜𒊝𒊞𒊟
122A0 𒊠𒊡𒊢𒊣𒊤𒊥𒊦𒊧𒊨𒊩𒊪𒊫𒊬𒊭𒊮𒊯
122B0 𒊰𒊱𒊲𒊳𒊴𒊵𒊶𒊷𒊸𒊹𒊺𒊻𒊼𒊽𒊾𒊿
122C0 𒋀𒋁𒋂𒋃𒋄𒋅𒋆𒋇𒋈𒋉𒋊𒋋𒋌𒋍𒋎𒋏
122D0 𒋐𒋑𒋒𒋓𒋔𒋕𒋖𒋗𒋘𒋙𒋚𒋛𒋜𒋝𒋞𒋟
122E0 𒋠𒋡𒋢𒋣𒋤𒋥𒋦𒋧𒋨𒋩𒋪𒋫𒋬𒋭𒋮𒋯
122F0 𒋰𒋱𒋲𒋳𒋴𒋵𒋶𒋷𒋸𒋹𒋺𒋻𒋼𒋽𒋾𒋿
12300 𒌀𒌁𒌂𒌃𒌄𒌅𒌆𒌇𒌈𒌉𒌊𒌋𒌌𒌍𒌎𒌏
12310 𒌐𒌑𒌒𒌓𒌔𒌕𒌖𒌗𒌘𒌙𒌚𒌛𒌜𒌝𒌞𒌟
12320 𒌠𒌡𒌢𒌣𒌤𒌥𒌦𒌧𒌨𒌩𒌪𒌫𒌬𒌭𒌮𒌯
12330 𒌰𒌱𒌲𒌳𒌴𒌵𒌶𒌷𒌸𒌹𒌺𒌻𒌼𒌽𒌾𒌿
12340 𒍀𒍁𒍂𒍃𒍄𒍅𒍆𒍇𒍈𒍉𒍊𒍋𒍌𒍍𒍎𒍏
12350 𒍐𒍑𒍒𒍓𒍔𒍕𒍖𒍗𒍘𒍙𒍚𒍛𒍜𒍝𒍞𒍟
12360 𒍠𒍡𒍢𒍣𒍤𒍥𒍦𒍧𒍨𒍩𒍪𒍫𒍬𒍭𒍮
12400 𒐀𒐁𒐂𒐃𒐄𒐅𒐆𒐇𒐈𒐉𒐊𒐋𒐌𒐍𒐎𒐏
12410 𒐐𒐑𒐒𒐓𒐔𒐕𒐖𒐗𒐘𒐙𒐚𒐛𒐜𒐝𒐞𒐟
12420 𒐠𒐡𒐢𒐣𒐤𒐥𒐦𒐧𒐨𒐩𒐪𒐫𒐬𒐭𒐮𒐯
12430 𒐰𒐱𒐲𒐳𒐴𒐵𒐶𒐷𒐸𒐹𒐺𒐻𒐼𒐽𒐾𒐿
12440 𒑀𒑁𒑂𒑃𒑄𒑅𒑆𒑇𒑈𒑉𒑊𒑋𒑌𒑍𒑎𒑏
12450 𒑐𒑑𒑒𒑓𒑔𒑕𒑖𒑗𒑘𒑙𒑚𒑛𒑜𒑝𒑞𒑟
12460 𒑠𒑡𒑢
12470 𒑰𒑱𒑲𒑳

脚注

  1. 前田(2000) 5ページ
  2. Kaempfer, Engelbert (1712). Amoenitatum exoticarum. pp. 331-334. https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=uc1.31378008345145;view=1up;seq=415. "Inscriptionem exhibet, expressam characteribus peregrinis, formam habentibus cuneolorum;" (hathitrust)
  3. Khačikjan, Margaret. 1998. "The Elamite Language". Documenta Asiana IV, Consiglio Nazionale delle Ricerche Istituto per gli Studi Micenei ed Egeo-Anatolici. ISBN 88-87345-01-5

関連書籍

  • Jean-Jacques Glassner (translated and edited by Marc Van De Mieroop and Zainab Bahrani, The Invention of Cuneiform: Writing in Sumer, Baltimore: Johns Hopkins University Press, 2003.
  • 前田徹・川崎康司・山田雅道・小野哲・山田重郎・鵜木元尋『歴史の現在 古代オリエント』山川出版社、2000年。ISBN 978-4-634-64600-1。
  • 小林登志子『シュメル 人類最古の文明』中央公論新社〈中公新書〉、2005年。

関連項目

外部リンク

  • Akkadian - 楔形文字のUnicodeフォント(free)


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.