楊口郡

楊口郡(ヤングぐん,ようこうぐん)は、大韓民国江原道にある。郡の北部を軍事境界線と接している。朝鮮戦争血の稜線の戦い断腸の稜線の戦いの激戦地であった。

江原道 (南) 楊口郡
秋の突山嶺
位置
各種表記
ハングル: 양구군
漢字: 楊口郡
日本語読み仮名: ようこうぐん
片仮名転写: ヤング=グン
ローマ字転写 (RR): Yanggu-gun
統計
面積: 701.53 km2
総人口: 22,454(2016年[1]) 人
行政
国:  大韓民国
上位自治体: 江原道 (南)
下位行政区画: 1邑4面
楊口郡の木: イチイ
楊口郡の花: アンズ
楊口郡の鳥: コウライウグイス
自治体公式サイト: 楊口郡
楊口郡庁
亥安面の全域をなす亥安盆地。朝鮮戦争の時は「パンチボウル」と呼ばれた。

歴史

高句麗の時から楊口だったが、高麗の時には楊溝県に改め春州に属したが、後に楊口に改名して睿宗元年(1106年)監務を置いた。朝鮮太祖2年(1393年)に再び分離され、太宗12年(1412年)に県監を置いた。[2]

  • 1895年旧暦閏5月1日 - 春川府楊口郡に改編。[3]
  • 1896年8月4日 - 江原道楊口郡に改編。[4]
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、楊口郡に以下の面が成立。[5](7面)
    • 郡内面(西面を編入)・南面(旧・東面を編入)・東面(上東面を改称)・北面・方山面・亥安面・水入面
  • 1917年 - 郡内面が楊口面に改称。(7面)
  • 1945年8月15日 - ソ連軍管理下に置かれる。(7面)
  • 1953年7月27日 - 水入面の大部分と東面のごく一部を除いて、韓国が収復
  • 1954年11月17日 - 収復地区臨時行政措置法により、楊口郡に対する施政権が回復。以下の5面で再出発。[6]
    • 楊口面・南面・北面・東面・方山面(水入面を編入)
  • 1963年1月1日 - 北面が楊口面に編入。[7](4面)
  • 1973年7月1日 (4面)
    • 麟蹄郡瑞和面の一部(旧・亥安面)が東面に編入し、その区域を管轄する亥安出張所を設置。
    • 麟蹄郡南面の一部が南面に編入。
    • 南面の一部が麟蹄郡南面に編入。
  • 1979年5月1日 - 楊口面が楊口邑に昇格。[8](1邑3面)
  • 1983年2月15日 - 東面亥安出張所が亥安面に昇格・復活。[9](1邑4面)

行政

下位行政単位

邑・面法定里
楊口邑高垈里、恭里、公須里、軍糧里、都沙里、東水里、上里、上舞龍里、石峴里、松青里、水仁里、安垈里、雄津里、月明里、泥里、井林里、竹谷里、中里、下里、鶴鳥里、閑田里
南面佳伍作里、九岩里、桃村里、斗武里、明串里、松隅里、深浦里、野村里、龍下里、院里、笛里、竹里、蒼里、晴里、黄岡里
東面徳谷里、比雅里、沙汰里、元塘里、月雲里、林塘里、支石里、八郎里、後谷里
方山面乾率里、古方山里、金岳里、松峴里、五味里、長坪里、天尾里、漆田里、県里
亥安面万垈里、五柳里、月山里、泥峴里、県里、後里

警察

脚注

  1. Statistical Datebase/Population, Households and Housing Units”. 統計庁 (2017年8月31日). 2018年2月7日閲覧。
  2. グローバル世界大百科事典》〈양구의 연혁
  3. 勅令第98号 地方制度改正件(1895年旧暦5月26日)
  4. 勅令第36号 地方制度官制改正件(1896年8月4日)
  5. 朝鮮総督府令第111号(1913年12月29日
  6. 法律第350号 수복지구임시행정조치법(1954年10月21日
  7. 法律第1178号 수복지구와동인접지구의행정구역에관한임시조치법(1962年11月21日
  8. 大統領令第9409号 미금읍등53개읍설치에관한규정(1979年4月7日
  9. 大統領令第11027号 市・郡・区・邑・面の管轄区域変更及び面設置等に関する規定(1983年1月10日

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.