梁世奉

梁 世奉양세봉1896年旧暦6月5日 - 1934年旧暦8月12日)は韓国の独立運動家。文化語では량세봉。 他名は梁瑞鳳・梁允奉、号は碧海。

梁世奉

生涯

平安北道鉄山郡で生まれた。家系が苦しく、父を早くに亡くし、教育を殆ど受けることができなかった。

1917年に間島へ移民し、中国人地主の小作農で生計を立て、1919年に国内で起きた三・一運動をきっかけに万歳デモを組織しながら独立運動に参加した。

1922年に天摩山隊という遊撃部隊に加入し、以後大韓通義府参議府正義府で独立軍指揮官として活動し、平安北道地域に進軍するなど多くの戦功を立てた。朝鮮革命軍を引き受け、1931年12月に革命軍と朝鮮革命党幹部30人余りが新宾県で会合時に参加した。しかし、密偵を通じて情報を手に入れた日本警察が会議現場に急行し、10余名の幹部を逮捕した。劇的に脱出して組織を整備した。内紛を収めて総司令官になって南満で活動した中国義勇軍と連合戦線を形成した。[1] 1932年に朝鮮革命軍総司令官に昇進後、韓中連合軍を編成して융링제 전투で日本軍に勝利した。

1933年5月に日本軍と満洲軍は連合軍の拠点である臨江・桓仁・新宾・유하・통화などを順に攻撃した。梁世奉の連合軍は重ねて敗れ、多くの犠牲者を出した。7月7日日本軍は朝鮮革命軍司令部がある永陵街を攻撃した。この時連合軍を率いて日本軍40人余りを殺害して機関銃など武器90余点を回収した。[2]その後日本軍は飛行機で連合軍陣地を爆撃した。

日本軍は連合軍に密偵を送った。日本軍の密偵は中国軍司令官が協議する軍事問題があるから대갑자구で来いという言伝を送って誘引した。梁世奉は朝鮮人密偵と共に部下4人を従えて高粱畑を通る際に、隠れていた日本軍数十人が現われて降参を勧めた。しかし、抵抗し、[2] 1934年8月12日に日本軍に買収された密偵박창해が買収した中国人刺客に殺害された。

死後

彼の死後朝鮮革命軍勢力は急激に萎縮し、幾度の改革もむなしく勢力を回復することはなかった。1962年に大韓民国建国勲章独立章を受勲し、国立ソウル顕忠院に遺骨無しの墓地が用意された。

朝鮮民主主義人民共和国でも유해の愛国烈士陵に埋葬されており、金日成が特別に遺族を平壌に呼んで暮らさせるなど高い評価を受けている。[3]金日成は回顧録で 父金亨稷の死亡後、呉東振孫貞道張喆鎬현묵관、そして梁世奉から学費の支援を受けたと記録した。[4]

家族

  •  : ?
  •  : 김아개
  •  : 임재순
    • 長男 : 양의준
  • 次男 : 양원봉(1899)
  • 三男 : 양시봉(1903)
    •  : 양의찬(1953)
      • 宗孫 : 男(1982) 女(1994)
  • 四男 : 양봉녀(1907)
  • 五男 : 양정봉(1911)

注釈

  1. 《이이화 한국사 이야기 21 (그 날이 오면)》(2004,이이화, 도서출판 한길사) p187 참고
  2. 《이이화 한국사 이야기 21 (그 날이 오면)》(2004,이이화, 도서출판 한길사) p188 참고
  3. 《경향신문》 다시쓰는 독립운동列伝 - 남북 국립묘지 묻힌 유일한 독립투사 (2005.6.20)

参考サイト

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.