桜台 (練馬区)

桜台(さくらだい)は、東京都練馬区町名。現行行政地名は桜台一丁目から六丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は176-0002[3]

日本 > 東京都 > 練馬区 > 桜台 (練馬区)
桜台
桜台駅 北口(2012年7月)
桜台
桜台の位置
北緯35度44分20.48秒 東経139度39分43.67秒
日本
都道府県 東京都
特別区 練馬区
面積
  合計 1.385km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[2]
  合計 24,964人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
176-0002[3]
市外局番 03[4]
ナンバープレート 練馬

地理

練馬区の南東部にある。北部は早宮氷川台、南部は豊玉上、東部は羽沢栄町、西部は練馬と接する。

地域南部に西武池袋線桜台駅が、地域東部に西武有楽町線新桜台駅がある。

南部の桜台駅を中心とした地域と北部の氷川台に接する地域が商業地域になっており、その他は概ね閑静な住宅地である。北部には高稲荷公園・臨済宗大徳寺派広徳寺などがあり、緑多い一帯となっている。早宮、氷川台との境には石神井川が流れている。

世帯数と人口

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目世帯数人口
桜台一丁目 3,139世帯 4,991人
桜台二丁目 2,529世帯 4,675人
桜台三丁目 2,422世帯 4,744人
桜台四丁目 1,887世帯 3,159人
桜台五丁目 1,925世帯 3,891人
桜台六丁目 1,684世帯 3,504人
13,586世帯 24,964人

小・中学校の学区

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目街区小学校中学校
桜台一丁目全域練馬区立開進第三小学校練馬区立開進第三中学校
桜台二丁目全域
桜台三丁目1〜7番
12〜48番
その他練馬区立開進第四小学校練馬区立開進第四中学校
桜台四丁目全域練馬区立開進第二小学校練馬区立開進第二中学校
桜台五丁目1~25番
41~45番
その他練馬区立開進第三中学校
桜台六丁目全域

地価

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、桜台2-26-3の地点で37万3000円/m2となっている。[6]

歴史

古くは、武蔵国豊島郡下練馬村

地名の由来

桜台駅の駅名から付けられたもの。

沿革

町名の変遷

実施後 実施年月日 実施前(各町名ともその一部)
桜台一丁目 1962年3月1日 南町一丁目、南町二丁目、南町三丁目
桜台二丁目 南町二丁目
桜台三丁目
実施後 実施年月日 実施前(特記なければ、各町名ともその一部)
桜台一丁目 1987年11月1日 桜台一丁目(全域)
桜台二丁目 桜台二丁目(全域)
桜台三丁目 桜台三丁目
桜台四丁目 1963年2月1日 南町三丁目、南町四丁目
桜台五丁目 南町三丁目
桜台六丁目 桜台三丁目、南町三丁目、南町四丁目

交通

桜台三丁目では氷川台駅東京メトロ有楽町線)と接しているため氷川台駅が最寄駅になる場合もあるが所在地は氷川台である。

鉄道

路線バス

  • 桜台駅前停留所
    • 池65系統 - 池袋駅東口行、練馬車庫前行(都営バス)
    • 高60系統 - 高円寺駅北口行(関東バス
  • 桜台一丁目停留所、桜台二丁目停留所、開進第三中学校停留所、桜台三丁目停留所(国際興業バス)

主要道路

施設

桜台一丁目

桜台二丁目

桜台三丁目

桜台四丁目

  • 桜台マタニティクリニック
  • 天然温泉 久松湯

桜台五丁目

  • 練馬区立開進第二小学校
  • 練馬区立桜台保育園
  • ビクター幼稚園
  • 練馬バプテスト教会
  • セブンイレブン練馬桜台5丁目店

桜台六丁目

関連項目

脚注

  1. 練馬区統計書 - 町丁別土地面積、気温、降水量の推移、住民基本台帳による世帯数と人口など”. 練馬区 (2016年10月1日). 2018年1月4日閲覧。
  2. 世帯と人口(人口統計) - 町丁目別”. 練馬区 (2017年12月5日). 2018年1月4日閲覧。
  3. 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月4日閲覧。
  4. 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月4日閲覧。
  5. 区立小中学校 学区域一覧”. 練馬区 (2017年8月24日). 2018年1月4日閲覧。
  6. 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. 練馬区史 歴史編練馬区史編さん協議会、1982年(昭和57年)
  8. 1965年(昭和40年)6月15日自治省告示第91号
  9. 同年8月22日郵政省告示第548号
  10. 1988年(昭和63年)3月8日、自治省告示第33号
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.