核セキュリティ・サミット

核セキュリティ・サミット(かくセキュリティ・サミット、:Nuclear Security Summit)は、世界の各国が連携して、核兵器の製造に適する品質核物質であるプルトニウムウランなどが核テロリズムに使われないように安全や保全を確保し、その維持と管理を厳格に行うことを目的とする国際会議[1]核安全サミット核安保サミット核保安サミットなどとも訳される。

2010の第1回サミットの出席者たち

概要

提唱者のバラク・オバマが任期切れを以てアメリカ合衆国大統領を退任するため、全4回で終了する。

脚注

  1. 核セキュリティ・サミット準備会合の開催”. 外務省 (2009年12月2日). 2010年4月22日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.