栄養改善法

栄養改善法(えいようかいぜんほう、昭和27年法律第248号)とは、国民栄養改善を目的として制定された日本法律である。国民栄養調査の実施、自治体による栄養指導、食品の栄養成分の検査、栄養成分の表示などについて規定されている。1952年(昭和27年)7月31日に公布され、健康増進法の施行にともない、平成15年(2002年5月1日に廃止された。

栄養改善法

日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和27年法律第248号
種類 行政手続法
効力 廃止
主な内容 栄養の改善など

主務官庁

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.