柴田正良

柴田 正良(しばた まさよし、1953年 - )は、日本哲学者金沢大学大学院人間社会環境研究科/文学部教授。専門は言語の哲学行為の哲学心の哲学知識の哲学など。非還元主義的な物理主義の立場から、心と脳(物質)の関係を研究する。

しばた まさよし
柴田 正良
生年月日 1953年
出生地 大分県
民族 日本人
ジャンル 哲学
公式サイト 金沢大学 教員総覧、柴田正良
主な作品
『ロボットの心』

略歴

  •  1953年 大分県生まれ
  •  1976年 千葉大学人文学部人文学科卒業
  •  1979年 名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程修了
  •  1982年 同後期課程単位取得満期退学
  •  1986年 中部大学国際関係学部講師
  •  1988年 同助教授
  •  1989年 金沢大学文学部助教授
  •  1998年~99年 ラトガーズ大学認知科学研究所客員研究員
  •  2002年 金沢大学文学部教授。

著作

単著

共編

  • 『心の科学と哲学―コネクショニズムの可能性』(共編者 戸田山和久, 服部裕幸, 美濃正) 昭和堂 2003年 ISBN 4812203155

単訳

  • ジェリー・フォーダー、アーネスト・ルポア著 『意味の全体論―ホーリズム、そのお買い物ガイド 』 産業図書 1997年 ISBN 4782801092
  • R.ブルックス著 「表象なしの知能」 青土社 『現代思想』 3月号 1990年

共訳

外部リンク


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.