果菜

果菜(かさい)とは、果物野菜を表す。また、キュウリナストマトなどの食用果実を指す。

健康管理

アメリカでは現在、果菜の消費を増やすため、Produce for Better Health Foundationとアメリカ疾病予防管理センター(CDC)による全国の公衆衛生イニシアチブ「Fruits&Veggies – More Matters」がある。2007年に開始されたこのキャンペーンは、 5 A Dayプログラムに取って代わられた。この変更は、一部のアメリカ人に5食以上の果物と野菜を推奨する最新の食事ガイドラインをよりよく伝えるために実施されている。

詳細

2005年 1月にリリースされた米国 農務省2005年アメリカ人向け食事ガイドラインでは、個人のカロリーのニーズに応じて、1日あたり4〜13人分、または2〜6.5杯のさまざまな数の果物と野菜を推奨。それでも調査によると、アメリカ人の90%以上が推奨量を満たさず これらの推奨事項を満たすためには、ほとんどの人が現在食べている果物や野菜の量を2倍以上にする必要があるが 消費のギャップを埋めるには、各国の行動への呼びかけが必要とした。 Fruits&Veggies—More Mattersは、アメリカ人がより良い健康のために果物や野菜をより多く食べることを奨励するように設計された全国的な行動を呼びかけている。

Produce for Better Health Foundationは、Fruits&Veggies—More Mattersキャンペーンと、より多くの果物や野菜を食べることの利点について、 Gen Xママに教育することを目的とした消費者向けWebサイトを2007年3月に立ち上げた。 The Fruits&Veggies—More MattersのWebサイトでは、栄養情報、選択と保管に関するアドバイス、レシピ、ショッピングと食事の計画に関するアドバイス、農産物の消費を増やすためのヒント、および果物と野菜に関するその他の有益な情報を提供。 300以上の短い情報ビデオで、さまざまな果物や野菜の熟度の確認方法、適切な保管方法の概要、健康的で迅速なレシピの提示、果物や野菜に関するその他の楽しく役立つヒントを紹介。

The Fruits&Veggies-More Mattersキャンペーンでは、すべての形態(新鮮、冷凍、缶詰、乾燥、100%ジュース)が栄養価が高いため、より多くの果物や野菜を食べやすいと強調。 The Fruits&Veggies—その他の事項のロゴは、店内の新鮮な、冷凍、缶詰、乾燥、100%の果物および野菜ジュース製品の一部のパッケージに記載されている [1]

歴史

  • 1991- 国立癌研究所 (NCI)とベターヘルスフォープロデュース財団は、5 A Day for Better Health Programを作成
  • 2005年10月-CDCは、5 A Dayプログラムの主要な連邦機関および国家保健当局に
  • 2007年3月-5 A Dayプログラムは、National Fruit and Vegetable Programになる。 新しいキャンペーンがFruits&Veggies—More Matters[2]

関連項目

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.