板倉勝殷

板倉 勝殷(いたくら かつまさ/かつたか)は、江戸時代後期の大名上野国安中藩最後の藩主。官位従五位下主計頭。重形系板倉家8代。

 
凡例
板倉勝殷
板倉勝殷とその家族
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政3年1月12日1820年2月25日
死没 明治6年(1873年8月31日
改名 金之助(幼名)、勝殷
戒名 谷神院殿恢覚源性大居士
墓所 愛知県西尾市貝吹町の長円寺
東京都渋谷区の吸江寺
官位 従五位下主計頭
幕府 江戸幕府 大坂加番
主君 徳川家定家茂慶喜明治天皇
上野安中藩
氏族 板倉氏
父母 板倉勝尚
板倉勝明
兄弟 勝明分部光貞、鎌之助、勝殷
鈴木勘次郎娘
板倉勝明養女、花子種子ら2男5女
勝敬勝任

生涯

文政3年(1820年)1月12日、先々代藩主・板倉勝尚の三男として誕生した。安政4年(1857年)閏5月11日、兄で先代藩主の勝明が死去したため、家督を継いだ。同年6月25日、13代将軍・徳川家定に拝謁する。同年12月16日、従五位下・主計頭に叙任する。安政6年2月、大坂加番を命じられる。幕末期には和宮降嫁のために中山道の守備を務めた。ちなみに、「偽官軍事件」として有名な赤報隊事件はこの安中で起こっている。

慶応4年(1868年)1月13日、徳川慶喜から上野碓氷郡の警備の強化を命じられる。同年3月、老臣を上洛させて、新政府に恭順の姿勢を示す。同年4月19日、新政府軍に弾薬を献上する。明治2年(1869年)6月20日、版籍奉還で安中藩知事に任じられる。明治4年(1871年)7月14日の廃藩置県で免官される。8月に東京へ移った。

晩年から死後の家督相続

明治5年(1872年)3月5日、勝殷は隠居して婿養子の勝任に家督を譲った。ところが翌明治6年(1873年)8月19日に勝任が隠居し、家督は勝殷が再襲するも、勝殷は同月31日に死去した[1][2]。享年54。勝殷の死後、娘の種子が板倉家の女戸主となり、明治10年(1877年)に種子の夫の久知が家督を継いだが、明治13年(1880年)に再び種子が女戸主となった[2]。明治16年(1883年)に種子は隠居して養女の花子(実妹、勝殷の三女、勝任の元妻)に家督を譲った。明治19年(1886年)、花子は2人目の夫に板倉勝観(戸田央、元川越藩松平康載)を迎え、勝観は同年に家督を継ぐと共に子爵となった。

系譜

子女は2男5女

  • 父:板倉勝尚(1785年 - 1820年)
  • 母:不詳
  • 養父:板倉勝明(1809年 - 1857年)
  • 正室:鈴木勘次郎の娘
  • 生母不明の子女
    • 長女:板倉勝明養女、井上正直継室
    • 三女:花子 - 板倉勝任夫人、のち板倉勝観(松平康載)夫人
    • 四女:種子 - 板倉久知中川久昭の次男)夫人
  • 養子

脚注

  1. 『幕末維新 最後の藩主285人』(新人物往来社、2009年)、p.111
  2. 上野国安中板倉家文書2”. 史料情報共有化データベース. 国文学研究資料館 (2018年1月10日). 2020年8月27日閲覧。
当主
先代:
板倉勝任
安中藩板倉家
1873年
次代:
板倉種子
先代:
板倉勝明
安中藩板倉家
1857年 - 1872年
次代:
板倉勝任
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.