松本市壽

松本 市壽(まつもと いちじゅ、1936年 - 2009年)は、日本の評論家鳥取県生まれ。日本大学法学部新聞学科卒業。出版社勤務。40年間書籍編集、20年間は良寛研究を中心の編集を主とする。全国良寛会常任理事、東京良寛会副会長、神田川芭蕉の会理事。

著書

  • 『野の良寛 『良寛禅師奇話』を読む』未来社 1988
  • 『良寛』2000 ハルキ文庫
  • 『良寛乞食行脚 いま、良寛の心を生きる』光文社カッパ・ブックス 2000 
  • 『良寛という生きかた』中央公論新社 2003
  • 『良寛の生涯 その心』考古堂書店 2003
  • 『ヘタな人生論より良寛の生きざま』河出書房新社 2004 『ヘタな人生論より良寛の生きかた』文庫
  • 『良寛さま スローライフを先取りした人生』グラフ社 2004
  • 『座右の良寛 生きづらくなったら開いてください』アートデイズ 2005
  • 『良寛さん一〇〇話 話の泉』国書刊行会 2005
  • 『良寛のスローライフ』日本放送出版協会 生活人新書 2008 
  • 『困ったときの良寛さん』三笠書房 知的生きかた文庫 2009
  • 『ヘタな人生論より一休のことば』河出書房新社 2009 のち文庫 

編著

参考

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.