松崎万長

松崎 万長松ヶ崎 萬長と表記されることが多い)(まつがさき つむなが、安政5年10月13日1858年11月18日) - 大正10年(1921年2月3日)は、明治時代に活躍した日本建築家ドイツスタイルの建築を得意とした。華族男爵)。

松崎万長
生誕安政5年10月13日1858年11月18日
日本山城国
死没 (1921-02-03) 1921年2月3日(62歳没)
日本東京府
国籍 日本
出身校ベルリン工科大学
職業建築家
所属 造家学会(現・日本建築学会)
建築物 作品一覧

経歴

安政5年(1858年)10月13日、堂上公家堤哲長の次男として京都・二階町に生まれる。甘露寺勝長の養子。幼名は延麿。弟に亀井茲明がいる。

孝明天皇の稚児だったため、慶応3年(1867年)10月、その遺詔により堂上に列せられ(孝明天皇の落胤だったという噂もある)。翌11月に松崎家を創設した。明治2年(1869年)には30石3人扶持を賜った。

明治4年(1871年)12月、岩倉使節団に加わり、ドイツ(当時のプロイセン)に渡り、明治16年(1883年)から2年間、ヘルマン・エンデのもと、ベルリン工科大学建築学を学んだ。明治17年(1884年)7月、男爵を賜り、同年12月、帰国。

明治18年(1885年)4月に皇居造営事務局御用掛、同19年(1886年)に内閣臨時建築局工事部長として官庁集中計画に携わり、留学の経験を生かし、ドイツから建築家のエンデとヴィルヘルム・ベックマンを招聘するとともに、職人たちのドイツ留学を手助けした。

明治19年(1886年)3月15日、辰野金吾河合浩蔵妻木頼黄とともに造家学会(のちの日本建築学会)の創立委員となり、設立に貢献した。なお、造家学会創立委員会は、同年3月20日に松崎邸で開催された。

明治26年(1893年)3月、裁判所から資産分散の宣告を受け、同29年(1896年)10月22日、爵位を返上した[1]。爵位の返上は経済的な理由と考えられる。

明治34年(1901年)5月に仙台に転居し、仙台の七十七銀行本店の設計などにもあたった。

基隆駅
新竹駅
台湾総督府交通局鉄道部
台湾鉄道ホテル

明治40年(1907年)、台湾総督府鉄道局に勤務するため、日本を離れ基隆駅新竹駅などの建築にあたった。大正10年(1921年)2月3日、東京府で死去。

二男三女の子女あり。

作品

名称所在地状態備考
/旧青木家那須別邸1888年09栃木都県那須塩原市 日本重要文化財青木周蔵の別荘
/ 七十七銀行本店1903年04宮城県仙台市 日本現存せず
/台北西門市場1908年台北市 台湾
/台湾鉄道ホテル1908年台北市 台湾現存せず
/基隆駅1912年基隆市 台湾現存せず
/新竹駅1913年新竹市東区 台湾
/大稻埕公學校1917年台北市 台湾現存せず
/台中公会堂1918年台中市 台湾現存せず

脚注

  1. 『官報』第3997号、明治29年10月23日。

参考文献

  • 岡田義治・初田亨『松ヶ崎萬長の経歴と作品』日本建築学会大会学術講演梗概集、1996年。

外部リンク

松崎万長設計の七十七銀行旧本店の画像を掲載
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
松崎家初代
1884年 - 1896年
次代:
爵位返上
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.