東京都立工業短期大学

東京都立工業短期大学(とうきょうとりつこうぎょうたんきだいがく、英語: Tokyo Metropolitan Technical College[1])は、東京都品川区東大井1-10-40に本部を置いていた日本公立大学である。1954年に設置され、1975年に廃止された。大学の略称は都工短。学生募集は1971年度まで、1972年度より東京都立航空工業短期大学と合併し東京都立工科短期大学に改組された。1975年4月30日をもって東京都立工業短期大学は廃止[2]。さらに1986年東京都立科学技術大学となり、2005年より首都大学東京の一部となり現在に至る。

東京都立工業短期大学
大学設置 1954年
創立 1938年
廃止 1975年
学校種別 公立
設置者 東京都
本部所在地 東京都品川区東大井1-10-40
学部 機械科
  機械設計専攻
  機械工作専攻
電気科
生産管理学科

概要

大学全体

教育および研究

  • 東京都立工業短期大学は工業に関する専門の学術、有能な工業技術の養成とりわけ生産における実学に即した技術教育に重点をおいていた。

当時の入学試験について

(出典:[3]

沿革

  • 1938年 国立機械技術員養成所が創設される[3]
  • 19**年 東京都立大学工学部別科に改組される[3]
  • 1954年 工学部別科を発展改組して東京都立工業短期大学機械科を置く(学生数:74、0[4])。
  • 1959年 機械科に専攻課程が設置される。
    • 機械設計工作専攻
    • 生産工学専攻
  • 1962年 機械科に電機専攻が設置されるが翌年3月末日一旦廃止される。
  • 1963年 機械科電機専攻に代わって電気科が設置される(学生数:315、0[5])。
  • 1964年 機械科機械設計工作専攻が分離される。
    • 機械設計専攻
    • 機械工作専攻
  • 1968年 機械科生産工学専攻を生産管理学科に改組(学生数:43、0[6])。
  • 1971年度をもって募集最後となる。以後、東京都立工科短期大学に移行。
  • 1975年4月30日をもって東京都立工業短期大学、廃止[2]

基礎データ

所在地

  • 東京都品川区東大井1-10-40[7]

象徴

  • 東京都立工業短期大学のカレッジマークには「Technology」の頭文字である「T」が記されていた[3]

教育および研究

学科

  • 機械科
    • 機械設計専攻
    • 機械工作専攻
  • 電気科
  • 生産管理学科

専攻科

  • なし

別科

  • なし

取得資格について

学生生活

部活動・クラブ活動・サークル活動

  • 東京都立工業短期大学で活動していたクラブ活動
    • 体育系:
    • 文化系:

学園祭

  • 東京都立工業短期大学の学園祭は「○○祭」と呼ばれ…


大学関係者と組織

大学関係者

歴代学長
  • 清家正
  • 岩浅武雄
  • 橋本順一郎
  • 奥野一夫

出身者

  • 山下明男:著作家。代表作として『花粉症の自然療法』がある[8]

施設

対外関係

系列校

卒業後の進路について

就職について

  • 年度により多少の相違はあるものの、概ね製造業・機械・電気機械器具関連が多いものとなっていた[3]

附属学校

関連項目

参考文献

脚注

  1. CiNii-東京都立工業短期大学研究報告-より。2014年12月10日閲覧。
  2. 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』247頁より。
  3. 全国短期大学受験要覧昭和45年度版』16頁(廣潤社
  4. 昭和30年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)1370頁より。
  5. 昭和39年度版『総覧』22頁より。
  6. 昭和44年度版『総覧』28頁より。
  7. 現在は、後に設置された東京都立工業高等専門学校を経て東京都立産業技術高等専門学校ならびに産業技術大学院大学の校舎になっている。
  8. 足立区立図書館に所蔵あり。詳細は足立区立図書館にて検索。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.