東京都立小松川高等学校

東京都立小松川高等学校(とうきょうとりつ こまつがわこうとうがっこう)は、東京都江戸川区平井一丁目に所在する都立高等学校

東京都立小松川高等学校
過去の名称 南葛飾郡立実科高等女學校
東京府立小松川高等女學校
東京府立第七高等女學校
東京都立第七高等女學校
東京都立第七女子新制高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者  東京都
設立年月日 1916年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 13167K
所在地 132-0035
東京都江戸川区平井一丁目27番10号

北緯35度42分9.1秒 東経139度51分6.5秒
外部リンク 公式サイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校

概要

1916年に開校。1950 - 60年代の学校群制度時は両国墨田川と共に第六学区に属した。2007年進学指導推進校指定を受ける。一般入試では共通問題を全科目で使用。2009年度入学生より8学級320名となった。 また、2018年4月から、直近3ヶ年の国公立大の現役合格数の上昇により、進学指導特別推進校に指定された。

制服

  • 男子:一般的な金ボタン5個の黒学ラン(標準型学生服)
  • 女子:紺色セーラー服と黒のリボンタイ

沿革

  • 1916年4月1日 - 南葛飾郡立実科高等女学校として創立。亀戸町第一亀戸小学校旧建物の1棟を仮校舎にあてる。
  • 1919年4月1日 - 南葛飾郡役所内図書館を仮校舎にあて、同年小松川町に本校舎を新築。
  • 1923年4月1日 - 東京府に移管し東京府立小松川高等女学校と改称。修業年限4年、7学級となる。
  • 1927年7月15日 - 東京府立第七高等女学校と改称。
  • 1943年7月1日 - 都制施行により東京都立第七高等女学校と改称。
  • 1947年4月1日 - 都立第七高女第二部ならびに併設中学校設置。
  • 1949年4月15日 - 全日制男女共学開始。
  • 1950年1月26日 - 東京都立小松川高等学校と改称。
  • 1952年3月 - 学区合同選抜制度導入。
  • 1954年7月20日 - 長野県北佐久郡蓼科山麓に蓼科寮を建設。
  • 1967年3月 - 学校群制度施行。両国墨田川と61群を組む。
  • 1982年2月 - 学校群制度に代わり、学校グループ制を採用しグループ合同選抜制度実施。62グループに属す。
  • 1993年4月9日 - コース制の一期生が入学。
  • 2003年4月1日 - 類型制(普通科)に一本化する。
  • 2005年4月1日 - 隔週土曜授業開始。午後から図書室を自習室として開放。
  • 2006年 - 創立90周年記念式典挙行。
  • 2007年6月 - 進学指導推進校に指定される。
  • 2009年3月 - 定時制閉課。
  • 2018年4月-進学指導特別推進校に指定される。

交通

学校行事

  • 体育祭 毎年6月に行われる
  • 1年生移動教室 毎年4月に行われる
  • 勉強合宿 (夏・冬期 2年生の希望制)
  • 文化祭 毎年9月に行われる
  • 合唱祭 毎年12月に江戸川区総合文化センターで行われる
  • 2年生修学旅行 毎年2月に行われる
  • 1、2年生球技大会 毎年3月に行われる

部活動

運動部

文化部

蓼科寮

著名な卒業生

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.