東京理科大学大学院理学研究科・理学部第一部・理学部第二部

東京理科大学大学院理学研究科(とうきょうりかだいがくだいがくいんりがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Science)は、東京理科大学に設置される大学院研究科の一つである。また、東京理科大学理学部第一部(とうきょうりかだいがくりがくぶだいいちぶ、英称:Faculty of Science DivisionⅠ)、東京理科大学理学部第二部(とうきょうりかだいがくりがくぶだいにぶ、英称:Faculty of Science DivisionⅡ)はそれぞれ、同大学に設置される学部の一つである。

東京理科大学 > 東京理科大学大学院理学研究科・理学部第一部・理学部第二部

概要

東京理科大学は1881年明治14年)に東京物理学講習所(後の東京物理学校)を主な前身に設立され、その流れを汲むのが本研究科・学部である。また、理学部第一部は昼間制であるが理学部第二部は夜間制で、これは国内で唯一の夜間理学部である。

第一部・第二部とも理数系の教員養成に強みを持っている。

沿革

年表

(主要部の出典は大学公式ホームページ[1]。)

  • 1881年明治14年)6月 - 「東京物理学講習所」設立広告を『郵便報知新聞』へ掲載
  • 1883年(明治16年)9月 - 「東京物理学校」と改称し、創立者の一人寺尾寿が初代校長に就任。
  • 1917年(大正6年)3月 - 昼間部を置き、第一部(昼間部)と第二部(夜間部)の二部制となる。
  • 1949年(昭和24年)4月 - 学制改革により東京理科大学が開学し、理学部第一部(数学科・物理学科・化学科)と理学部第二部(数学科・物理学科・化学科)を設置。
  • 1958年(昭和33年)4月 - 神楽坂校舎に大学院理学研究科(数学専攻・物理学専攻・化学専攻)修士課程を設置。
  • 1959年(昭和34年)4月 - 理学部第一部応用化学科増設。
  • 1960年(昭和35年)4月 - 理学部第一部応用物理学科増設。
  • 1961年(昭和36年)4月 - 理学部第一部応用数学科増設、大学院理学研究科(数学専攻・物理学専攻・化学専攻)博士後期課程を設置。
  • 2002年(平成14年)4月 - 理学部第一部応用数学科を数理情報科学科に改称。
  • 2009年(平成21年)4月 - 大学院理学研究科数理情報科学専攻・応用物理学専攻博士課程増設。
  • 2011年(平成23年)4月 - 大学院理学研究科化学専攻修士課程廃止。
  • 2012年(平成24年)3月 - 大学院理学研究科化学専攻博士後期課程及び同研究科理数教育専攻修士課程廃止。
  • 2017年(平成29年)4月 - 大学院理学研究科化学専攻・科学教育専攻、理学部第一部数理情報科学科を応用数学科に改称。

教育と研究

理学部第一部

  • 数学科(S科
    • 代数学系、幾何学系、解析学系、確率論・統計学系、数学教育系
  • 物理学科(B科
    • 地球・宇宙系、原子核・素粒子系、物理教育・生物系、物質系
  • 化学科(K科
    • 有機化学系、無機化学系、物理化学系、化学教育系
  • 応用数学科(OS科
    • 統計科学系、計算数学系、情報数理系
  • 応用物理学科(OB科
    • 量子物理系、数理・統計物理系、先端デバイス物理系
  • 応用化学科(OK科
    • 有機化学系、無機化学系、物理化学系

理学部第二部

  • 数学科(2S科)
  • 物理学科(2B科)
  • 化学科(2K科)

理学研究科

  • 数学専攻
  • 物理学専攻
  • 化学専攻
  • 応用数学専攻
  • 応用物理学専攻
  • 科学教育専攻

研究


著名な出身者

政官界

産業

数学・情報学・統計学

物理学

化学

生物学・医学・歯学

天文学・気象学

人文社会学

教育

作家・文学

芸術・音楽

芸能・マスコミ

その他

関連項目

脚注

  1. 沿革|東京理科大学”. 2020年5月15日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.