東京拘置所

東京拘置所(とうきょうこうちしょ)は、法務省東京矯正管区に属する拘置所。通称「東拘(とうこう)」、所在地である「小菅」と呼ばれることも多い。

東京(2018年撮影)
所在地 日本 東京都葛飾区小菅1-35-1
座標 北緯35度45分31秒 東経139度49分03秒
現況 運用中
許容人数 3010名
開設 1879年 (1879)
管理運営 法務省 東京矯正管区

全国に8箇所(東京・立川名古屋京都大阪神戸広島福岡)ある拘置所の一つである。

管下施設として松戸拘置支所を所管する(2013年5月16日より。それまでは千葉刑務所所管であった。)。

所在地

航空写真に見る東京拘置所の様子。1989年度撮影。建物は現在とは異なる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  • 〒124-0001 東京都葛飾区小菅一丁目35番1号
  • 当所に割り当てられた固有の郵便番号は124-8565である。
  • 変遷に関しては下記「所在地の変遷」項を参照

被収容者

収容定員

刑事被告人を収容する施設では、日本最大の規模を持つ。

沿革

前史

江戸時代、この地には関東代官伊奈氏の邸宅があった。また、将軍家鷹狩り時の休憩所である小菅御殿が併設されていた。

明治維新直後に小菅県の県庁が置かれたが、廃藩置県で小菅県が廃止されると煉瓦工場が建設された。

小菅刑務所

かつてこの地には小菅監獄(1922年、小菅刑務所と改称)があった。第二次世界大戦後の1945年10月、巣鴨(当時。現在の豊島区東池袋の「サンシャインシティ」と「東池袋中央公園」)にあった東京拘置所の施設が、GHQに接収された。このため一時期、小菅刑務所に東京拘置所が同居する状態となっていた(東京拘置所の職員が小菅刑務所の職員を兼務)。1958年5月にすべての戦犯釈放され、東京拘置所は巣鴨に復元された。

首都圏整備計画の一環として、東京拘置所を巣鴨の地から移転させることが必要になったため、1971年(昭和46年)に小菅刑務所は栃木県那須郡黒羽町(現在の大田原市)の黒羽刑務所に移転し、東京拘置所は再び小菅に移された。

  • 1879年(明治12年):小菅に内務省直轄の東京集治監を設置。(銀座煉瓦街煉瓦を焼いた煉瓦製造所を買い上げ、収容者が煉瓦製造に従事した)
  • 1900年(明治33年):内務省から司法省の所管に移る。
  • 1903年(明治36年)3月:小菅監獄と改称。(監獄官制)
  • 1922年(大正11年):小菅刑務所と改称。
  • 1923年(大正12年)9月:関東大震災で被害を受ける。
  • 1929年(昭和4年):新庁舎が落成。(蒲原重雄設計。当時の管理棟が現存)
  • 1945年(昭和20年):巣鴨の東京拘置所が接収を受けたため、東京拘置所が小菅に置かれる。
  • 1958年(昭和33年):東京拘置所が巣鴨に復元される。
  • 1971年(昭和46年):小菅刑務所が栃木県那須郡黒羽町(現在の大田原市)に移転し、黒羽刑務所として供用開始。

東京拘置所

主に未決囚を収容する市谷刑務所が1937年に巣鴨(当時。現在の豊島区東池袋)に移転し、「東京拘置所」と改称した。1944年、ゾルゲ事件の被告リヒャルト・ゾルゲ尾崎秀実が処刑された。

巣鴨の施設はGHQの接収により巣鴨プリズンとなり、戦争犯罪人(容疑者)を収容した(極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯東條英機らの死刑執行も巣鴨プリズン内で行われた)。

  • 1937年:市谷刑務所が巣鴨刑務所跡地に移転し、「東京拘置所」と改称。
  • 1945年連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)に接収され、東京拘置所は小菅刑務所(東京都葛飾区)の位置に置かれた。
  • 1958年:東京拘置所が巣鴨に復元された(1952年の平和条約発効により、スガモプリズンは日本に移管されて「巣鴨刑務所」となり、引き続き戦犯を収容していたが、1958年5月に最後の戦犯18名が釈放され、巣鴨刑務所は閉鎖された[2])。
  • 1971年3月20日:東京拘置所を葛飾区小菅に移転。
巣鴨の旧東京拘置所は解体され、跡地はサンシャインシティと東池袋中央公園となる。

組織

所長の下に4部を持つ4部制施設である。

  • 総務部(庶務課、会計課、用度課)
  • 処遇部(処遇部門、指導部門)
  • 分類部
  • 医務部

総務部に調査官1名を置く。

構造

  • 新舎房は地上12階、地下2階、高さ50mで中央部の中央管理棟と南北に両V字形に伸びる北収容棟、南収容棟がつながる。延床面積80,239m2。南北収容棟の屋上は雑居房収容者用、独居房収容者用の各運動場になっている。
  • 独居房・雑居房には窓が設置されているが、強化ガラスのため、ハンマーで思いっきり叩いてもガラスが割れない特殊仕様であるうえ、特殊な曇りガラスでから下の近隣住民の様子を見ることはできず、しか見えない構造となっている。
  • 新舎房での被収容者施設階への入退場は看守、施設職員のセキュリティICカード認証システムと指紋生体認証システムが採用されており、二つが一致しないと開錠されない。
  • 中央管理棟屋上にはヘリポートが設置されている。
  • 被収容者を検察庁または裁判所へ押送(おうそう)するための車両駐車場は地下1階にある。
  • 旧舎房は南舎地上3階建て、北舎地上3階建て、新北舎地上4階建て
  • 死刑を執行する絞首刑施設(刑場・場所非公開)を地下に備えており、エレベーターで向かう。
  • 医務部は「東京拘置所医務部病院」として医療法上の病院の指定を受けている。

確定死刑囚

最高裁上告中及び東京高裁控訴中の死刑判決事件被告人

※は第一審・裁判員裁判被告人

所在地の変遷

現在東京拘置所の置かれている当所は、下記の変遷を経て現在の東京拘置所となったものである。

  • 江戸時代初期は関東郡代伊奈氏の郡代屋敷であり、江戸時代中期の徳川吉宗時代には一時将軍鷹狩りの休憩地「小菅御殿」であった。
  • 明治維新後の1869年(明治2年)に武蔵国内の旧幕府領・旗本領の管轄のために明治政府によって設置された小菅県の県庁となる。
  • 1871年(明治4年)第1次府県統合により東京府(第1次)および品川県と合併して東京府(第2次)となり、県庁は廃止される。
  • 1872年(明治5年)県庁跡の一部で民間人により国内初煉瓦工場(小菅煉瓦製造所)が開かれる。
  • 1878年(明治11年)煉瓦工場で囚人の苦役として煉瓦製造を行わせることができるとして県庁跡に小菅監獄を設置。翌1879年(明治12年)より囚治監で煉瓦製造を始める。

特記事項

  • 新舎房2階が女区
  • 旧舎房南1舎1階、南2舎3階は当所執行受刑者の舎房。南2舎2階、新北舎1階雑居は、移送待ち受刑者の舎房。南舎・北舎とも古い施設ではあるが、北舎は南舎に比べ若干新しい。
  • 死刑場設備の改築で、東京拘置所に収監された死刑囚の死刑執行は一時期、宮城刑務所宮城県仙台市若林区)で行われた。そのため通称「仙台送り」が死刑の代名詞となっていた時代もある。
  • 有栖川宮詐欺事件』を起こした男女2人(夫婦)が同拘置所に収監されていたが、2004年、夫らから同拘置所内の妻に送られてきた手紙を同拘置所が紛失。さらに、紛失した手紙が、新潮社の週刊誌『週刊新潮』に掲載された。このためこの夫婦は、2007年4月に「精神的苦痛を受けた」として、法務省を相手取り、京都地裁国家賠償訴訟を起こした。この裁判は、同地裁で2009年7月9日に、政府手紙の流出を認め、妻に対し解決金150万円を支払い謝罪することで和解が成立した[4]
  • 2010年平成22年)8月27日千葉景子法務大臣の意向により、報道機関に死刑執行の刑場が初公開された[5]
  • 一般雑居房で「ビスケット」の購入願箋を提出すると、愛知県にある松永製菓の「しるこサンド」が届けられる。
  • 敷地内の官舎を取り壊し、四階建ての特別養護老人ホームを建設中。2019年4月完成予定[6]
  • 小菅御殿の庭に置かれていた石灯籠(区の登録有形文化財)と手水鉢、庭石が拘置所官舎敷地内に移設されている。
  • 一般的な保釈は、面会所のある裏門から目立たぬように行われるが、1976年に田中角栄が保釈された際には、拘置所の周りを報道陣のほか一般人の見物人も多数取り囲んだことから正面玄関を使用せざるをえない状態となった[7]。また、2019年にカルロス・ゴーンが保釈された際には、混乱を避けるために作業員姿に変装させて出所させている[8]

新型コロナウイルス感染

  • 2020年4月11日、法務省は東京拘置所に収容中の60歳代の男性被告が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。矯正施設の被収容者で感染が確認されるのは初めて[9]

脚注

注釈

    出典

    1. 黒川和久 (2016年1月4日). “各駅停話:553 東武スカイツリーライン:21 小菅 拘置所前、笑顔の喫茶店”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 夕刊 9面
    2. 織田文二『巣鴨プリズン記録写真集』(1983年)P82-83。
    3. 2013年(平成25年)5月16日法務省令第6号「刑務所少年刑務所及び拘置所組織規則の一部を改正する省令」
    4. 「有栖川宮」詐欺:拘置所から手紙流出、週刊誌掲載 国謝罪、150万円で和解 毎日新聞 2009年7月10日 Archived 2012年7月14日, at Archive.is
    5. 死刑の刑場、報道機関に初めて公開 Archived 2010年8月30日, at the Wayback Machine.
    6. 2017年9月20日付、建通新聞より
    7. 田中保釈 見物人つめかける 異例の「正門を使用」『朝日新聞』1976年(昭和51年)8月17日夕刊、3版、7面
    8. 工事作業員の上着と帽子、マスクで“変装”、拘置所の外へ ゴーン前会長”. 毎日新聞 (2019年3月6日). 2021年2月15日閲覧。
    9. 東京拘置所に収容の男性被告が感染 入所前から発熱、単独室に隔離収容”. 読売新聞 (2020年4月11日). 2020年4月11日閲覧。


    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.