東京式アクセント

東京式アクセント(とうきょうしきアクセント)または乙種アクセント(おつしゅアクセント)、第二種アクセント(だいにしゅアクセント)とは、日本語アクセントの一種であり、北海道東北北西部、関東西部・甲信越東海岐阜県の一部と三重県を除く)、奈良県南部、近畿北西部・中国地方四国南西部、九州北東部で用いられるアクセントを言う。高低アクセントで、音の下がり目の位置を弁別する体系である。標準語共通語のアクセントを含む。

体系と型

アクセントには大きく分けて強弱アクセントと高低アクセントがあるが、東京式アクセントは高低アクセントである。高低と言っても、ドレミのような絶対的な音の高さではなく、前の音節よりも高いか低いかという相対的な高さである。東京式アクセントの体系は、語において音の高さ(ピッチ)の下がり目が有るか無いか、有るならばどこに(何拍目に)有るのかが区別され、語ごとにこれが決まっているものである。共通語・東京方言では、1拍目の後に下がり目がある場合を除き、単独の発音では「たごが」「さかなが」のように、1拍目と2拍目の間にピッチの上昇がある(高く発音する部分を強調表現で示す)。しかし連文節では「このたまごが」「このさかなが」のようになり、必ず語頭で上昇するわけではない。上昇はアクセントの特徴ではなく、一まとまりに発音した句の最初に現れる特徴で、句音調と呼ぶ[1][2]。一方、「このたまごが」の「ま」と「ご」の間の下がり目は変わらない。この下がり目が単語に固有のアクセントであり、記号を用いる。「たまご」のアクセントは○○のように表記し、ピッチの下がり目が2拍目の直後にあることを表す。このような音の下がり目のあるアクセントを起伏式(起伏型、有核型とも)と言う。音が下がる直前の拍()をアクセント核と言う。また、「さかな」のように音の下がり目が無いものを平板式(平板型、無核型とも)と言い、アクセント核が無いので○○○のように表す。

ところで、語のアクセントは、助詞(「が」「は」など)が付いた形で考える必要がある。つまり、共通語のアクセントでは、「鼻」と「花」はどちらも単独の場合は「は」と発音されて区別がない[注釈 1] が、助詞を付けて考えると「(鼻)はなが」、「(花)はが」と発音され区別がある。この例では、「鼻」はアクセント核のない平板型であるのに対し、「花」は2拍目にアクセント核がある型である。起伏式のうち、「花」のような単語の最後の拍にアクセント核があるものを尾高型と言い、その後に付く助詞が低く発音される。一方、平板型では後に続く助詞のピッチは下がらない。また、アクセント核が1拍目にあるものは頭高型と呼ばれる。東京式アクセントでは、一つの語に(音韻論的に意味のある)下がり目は一か所しかなく、アクセント核は単語の最初の拍から最後の拍までのどこかに置かれる(どこにも置くことができる)か、あるいはどこにも置かれないので、n拍語にはn+1種類のアクセント型(例えば2拍なら○○、○、○の3種類)がある。1拍名詞は単独ではアクセントの区別がつかない(東北北部を除く)が、助詞を付けた場合、○型は「と」(戸が)のように助詞が高いか名詞と同じ高さで、型では「が」(目が)のように助詞が低くなる。

一方、近畿地方・四国地方を中心に分布する京阪式アクセントの体系は、ピッチの下がり目だけでなく、語頭が高いか低いかも区別するものである。つまり、語頭が高いもの(高起式)は文中でも語頭が高く、語頭が低いもの(低起式)は文中でも低く始まる、というように語頭の高低は固定されている。例えば京阪式では「そえる」(高起平板)と「いご」(低起・2拍目に核)は文中では「そえるご」のように発音され、東京式では単独の場合に「そえる」、「いちご」となるものが文中では「そえるいちご」(共通語の場合)のようになるのとは対照的である。このように、東京式アクセントと京阪式アクセントでは、どの語がどのアクセント型に当てはまるかだけでなく、アクセントの弁別システムが異なる。

各タイプと分布地域

「東京式アクセント」とは、必ずしも「東京と同じアクセント」という意味ではなく、地域による多少の違いがあり、内輪東京式中輪東京式外輪東京式(それぞれ「内輪式」「中輪式」「外輪式」とも言う)の3タイプに分けることができる。東京式アクセントは、京阪式アクセントの分布する近畿・四国を東西から挟むように分布しているが、このうち内輪東京式が近畿・四国に近い地域に分布し、その外側に中輪東京式が、さらに外側に外輪東京式が分布している。大まかに言って、内輪式は愛知県西部・岐阜県・奈良県南部・近畿北西部・岡山県に分布し、中輪式は関東西部・甲信や中国地方大半、外輪式は新潟県や静岡県西部・愛知県東部、九州北東部に分布する。また、北海道・東北北部から新潟県北部にかけてや島根県東部には、北奥羽式と呼ばれる外輪東京式の変種アクセントが分布しており、このほか福岡県筑前などに様々な変種アクセントがある。

日本語のアクセント分布

以下は詳しい分布地域[3]

方言のアクセントを比較する上では、平板型や頭高型というような個々の「アクセントの型」に、どの語が当てはまるか、特にどの(語類)に属する語が当てはまるかが問題にされる。類とは、平安時代後期の京都のアクセントにより単語を分類したものである。1拍名詞には3つの類があり、2拍名詞は5類、3拍名詞には7類ある。通説では、この平安時代後期の京阪式アクセントが各地で変化を起こして、東京式アクセントが成立したとされる[8]。各地方でアクセントに変化が起こるとき、同じ語類に属する語は同じ方向に変化したと考えられている。そのため、各語のアクセントは、方言によってばらばらに異なるわけではなく、A方言でa型に発音される第X類の語が、B方言ではほとんどがb型に発音されるというような対応関係がみられる。ただし、各地域で独自にアクセントが変化したために、例外となった語もある。たとえば、「誰」や「どこ」は2拍名詞第一類に属すため平板型となるはずが、東京では頭高型になっている。また、後の時代になってからできた語や、合成語、外来語などは類に入れられず、地方間の対応も不規則である。

アクセントの内容

概要

名詞のアクセント類別
 語例内輪式中輪式外輪式
1拍第一類子・戸・血
第二類名・葉・日
第三類木・手・目
2拍第一類鳥・鼻・水 ○○
第二類石・音・紙 ○○
第三類犬・月・花
第四類糸・笠・何
第五類秋・雨・春
3拍第一類形・魚・初め ○○○
第二類小豆・二つ ○○○○○
第四類頭・男・鏡 ○○
第五類朝日・命・涙
第六類兎・狐・雀 ○○○○○
第七類苺・兜・便り ○○

1拍名詞では、一類は○型(平板型)、三類は型(起伏型)である。二類は、中輪式・外輪式では平板型だが、内輪式では起伏型の地域が広い。2拍名詞では、二類のアクセントに明確な地域差がある。内輪・中輪東京式では、2拍名詞の一類は○○型、二類と三類は○型、四類と五類は○型である。一方外輪式では、一類と二類が○○型、三類が○型、四類と五類が○型であり、二類が平板型である点で内輪・中輪式と相違している。

3拍名詞では、1・2拍名詞に比べると対応関係に乱れがある。右の表は大まかな傾向を示したものであり、3拍名詞にはかなりの例外がある[9]。なお、五類は○○型の地域が広いが、東京・静岡などでは○○型になっている。第三類は所属語彙が少なく諸地域間で規則的に対応していないため省略した。3拍名詞では、内輪式と中輪式の違いはなく、それに対して外輪式では第二類や第六類のアクセントが異なっている。

動詞形容詞には、終止形において起伏式の語と平板式の語があり、第一類に属する語が平板式、第二類に属する語が起伏式である。起伏式の場合、多くの地域で終止形は○、○○、○○○型となる(「帰る」のように○○型の語もあるが少ない)。動詞や形容詞が活用したり助動詞などが付いたりしたアクセントは、終止形のアクセントとはまた別である。3拍一段動詞の二類は「かる」に対して「けた」であり、3拍形容詞の二類も「しい」に対して「ろく・ろう」となる地域が多い(東京・甲府・豊橋・名古屋・岡山・鳥取・広島・大分など[10])。

動詞・形容詞のアクセント
 語例
2拍動詞第一類 ○○言う・居る・買う・着る・する・寝る・乗る
第二類 書く・来る・住む・取る・出る・見る・読む
3拍動詞第一類 ○○○上げる・入れる・変わる・使う・運ぶ・負ける・止める
第二類 受ける・動く・起きる・思う・掛ける・残る・走る・見える
2拍形容詞  無い・濃い・良い
3拍形容詞第一類 ○○○赤い・甘い・厚い・重い・暗い
第二類 熱い・痛い・黒い・白い・強い・早い・欲しい・悪い
4拍形容詞第一類 ○○○○悲しい・やさしい・宜しい
第二類 ○○苦しい・親しい・正しい・楽しい

地域差

1拍名詞二類の語彙は、中輪式・外輪式では○型(アクセント核なし)であるが、内輪東京式の地域の多く(名古屋・岐阜・岡山など)では型である。一方内輪式でも、兵庫県但馬や四国南西部は、1拍名詞二類は○型である[11][12]。また、動詞に「て」「た」の付く形では、内輪式と中輪式の間で違いがある。動詞の「-て・た」形は、2拍五段の一類では、中輪式で「咲いた」「言った」「飛んだ」など平板だが、内輪式ではこれらで起伏型になる地域がある。2拍一段の二類は、中輪式では「た」「た」だが内輪式では平板型である。3拍一段動詞一類は、内輪式では「上た」または「げた」である。これらの違いは、東京式アクセントが成立したときの音節構造(内輪式では長音・撥音・促音を一拍として数えたが中輪式ではそうではなかった)や、中輪式では類推により活用形アクセントの変化が起きたことが、原因とみられる。

また、内輪式の地域の大半で、動詞・形容詞の一類を平板式に、二類を起伏式にするという区別があいまいになる傾向がある。形容詞では、愛知県名古屋市とその周辺・岐阜県兵庫県但馬岡山県南部・広島県福山市で、型の区別を失いすべて「あい」のような起伏式に統合されている。また、名古屋市や岐阜市などでは3・4拍一段動詞についても区別を失って「上る」のような起伏式に統合されている[13]

外輪東京式では、2拍名詞の二類が平板型、3拍名詞の二類が平板型、六類が頭高型である点で、内輪・中輪式と異なる。3拍名詞の三類(「力」など)は所属語彙が少なく対応が不規則だが、内輪・中輪式の祖形が○○型と推定されるのに対し、外輪式では○○○型(平板型)である。このことは通時的に大きな意味があり、外輪式がほかの東京式よりも早い時代に京阪式から分岐したことを意味する。

アクセントの型が、母音が広いもの(a,e,o)か狭いもの(i,u)かによる制限を受ける地域がある。外輪東京式がこの制限により変化したものが北海道方言北奥羽方言三陸海岸北部を除く)と出雲方言に分布し、中輪東京式がこの制限で変化したものが千葉県の中部にあり、福岡県筑前でもこの制限を受ける。例えば、新潟県下越(阿賀野川以北)[14]、山形県庄内・最上地方[5]、秋田県[15]、岩手県の一部、青森県津軽地方では、2拍名詞の第四類・第五類のうち、2拍目の母音が狭いもの(春など)は○型のままだが、2拍目の母音が広いもの(糸など)は○型になり第三類と同じになる[16]秋田弁のアクセントも参照)。

島根県大社のアクセント
2拍名詞2拍目広母音2拍目狭母音
一類・二類 、○○が、○○
三・四類 、○、○○
五類 、○○、○が

出雲方言も北奥羽のものに近いが、2拍目が狭母音の場合は「と」「とり」のように助詞付きのときに狭母音の低下現象が起こる。○型の2拍名詞三類でも、「あ」「あし」のように助詞付きでは高い部分が助詞へ移る。四・五類で2拍目が狭母音の場合は「きが」型の場合と「まつ」型の場合に分かれるが、出雲市大社町など一部地域の主に明治から昭和初期生まれでは四類と五類の区別がみられ、四類は三類と同様の「まつ」型、五類は「きが」型の傾向がある[17][18]。一般的に四類と五類の区別は京阪式アクセントでみられるもので、東京式アクセント地域では珍しい。

「型の種類の少ない東京式」として挙げられている地域では、他の東京式の地域よりもアクセントの型の数が少なく、いずれも2拍名詞の型が2種類しかない。このうち、岩手県南部・宮城県北部のアクセントは、1拍名詞は第一類・第二類が○型(無核型)、第三類が型で中輪・外輪式と同じだが、2拍名詞は第一類・第二類が○○型、第三類・第四類・第五類が○型であり、○型がない[19]。また、3拍名詞は○○○型、○○型、○○型の3種類で○○型がない。福島県南会津郡と静岡県新居のアクセントもこれとほぼ同じものである[19]。一方、静岡県川根本町水川・上長尾では○、○○といった尾高型がなく、2拍名詞は第一類・第二類が○○型、第三類・第四類・第五類が○型である[19][20]。福岡県筑前のアクセントでは、2拍名詞は○型と○型の2種類で平板型がなく[注釈 2]、壱岐大部分のアクセントも筑前のものに近い。対馬大部分では、一・二・四・五類および三類のうち二拍目に狭母音を持つものが○型で、第三類のうち二拍目に広母音を持つものだけ○型である[21]。また福岡県筑前は、動詞・形容詞も平板型がなく起伏式に統合されている[22]

このほか、静岡県中部・西部では、3拍一段動詞二類が「きる」のように○○型である。これは、静岡で3拍名詞五類が○○→○○の変化を起こしたのが契機となって、もともと○○型だった連用形(「起きた」)に類推した結果である[23]。さらに浜松市付近では、3拍形容詞二類も「ろい」のように○○型になっている。

上がり目の位置

共通語を含む東京式アクセントの地域の大半では、「かぜが」のように頭高型を除いて語の2拍目は1拍目より高くなる。一方、北奥羽方言の地域や鳥取県東部・中部では、「いもうが」のようにアクセント核のみ一拍が高く、それ以外は低く発音される[24][25]。これを卓立調または一拍卓立調といい、広島県西部にもこの傾向がある[26]。また北奥羽方言では、平板型の語は音の上昇がなく、全て低く平らに言う傾向が強く、尾高型の語とは助詞を付けずに区別することができる[27]。また名古屋市や岐阜市などでは、3拍以上の語で「ともだち」のように上がり目が後にずれた発音がある[24]兵庫県但馬南部[11]広島県福山市尾道市[28] などでは、平板型で「さくらが」、尾高型で「あたまが」のように、高い拍から始まる無上昇の音調がある。

また、ほとんどの地域で、ピッチが下がった後に一語内で再び上がることはない。しかし、鳥取県鳥取市西端・湯梨浜町付近[29]高知県中村市[30] など全国各地に、3拍以上の文節で「」「が」「もだち」「みが」のように、文節の1拍目が高くなりいったん下降したあと再び上昇するような音調を持つ地域がある。これを重起伏調または連動卓立調、初拍卓立調という[24]

主要都市の二拍名詞のアクセント[10][31][32]
 語例東京など多数 [注釈 3]倉吉長野/豊橋/大分盛岡札幌/新潟秋田松江福岡
第一類庭が・鳥が わがにわわがにわがわがにわが / わがわが とりが、 りが
第二類川が・石が かわわがかわがわがかわが / わがわが いしが、 しが
第三類山が・犬が が、 いぬ
第四類
第五類
笠が・猿が さがさがさがさがが、 るがが、 るがが、 るがさが

昇り核アクセント

東北北部のアクセントは、型の区別が上がり目(昇り核)の位置で決まるアクセントである。昇り核によるアクセント体系は、青森県の青森市弘前市、岩手県雫石町から報告されており[33][34][35]北奥羽方言全体を昇り核アクセントとする場合[36] もある。従来から東京式アクセントに含まれているが、下がり目を弁別しているのではなく、上がり目を弁別している点で他の東京式アクセントとは異なる。

歴史

京都アクセントと東京アクセントの関係[37]
 京都現代東京
 平安後期室町後期現代
2拍第一類 とりがとりがとりがりが
第二類 とがとがとが
第三類 いぬぬがぬが
第四類 とがとがいととが
第五類 ぇがぇが[注釈 4]めが

日本語のアクセントの歴史については、長く都であった京都のアクセントの記録が多く残り、そのうち最も古い記録の一つに、平安時代後期に書かれた「類聚名義抄」がある。これに記された京都のアクセントは2拍名詞において5種類の型を区別しており、各語類のアクセントは、一類が「高高」、二類が「高低」、三類が「低低」、四類が「低高」、五類が「低降」であったとみられる[38][39]。その後、室町時代の京都のアクセントでは、二類と三類の区別がなくなり統合するなど、鎌倉時代までのアクセントから変化しており、その後も変化を続けて現在に至っている。

東京式アクセントを記録した過去の資料は極端に少ないが、伊勢貞丈(1715-84)の『安斎随筆』には、関東での「月」「花」の発音は二拍目が上がるという記述がある[40]。これが尾高型を指すのか平板型を指すのかは不明だが、尾高型だとすれば現代の東京と同じということになる。また、さらに古く室町時代には、金春禅鳳が『毛端私珍抄』で、「犬」の2拍目を高く言うのが坂東筑紫なまりだと述べている[41][42]

東京式アクセントと京阪式アクセントの間には、各語類ごとにほぼ規則的な対応関係がある。例えば、「月」「花」などの二拍名詞第三類は、東京式アクセントでは○型、京阪式アクセントでは高起式の○型である。また、「雨」「春」などの二拍名詞第五類は、東京式アクセントでは○型、京阪式アクセントでは低起式の○型である。

このようなことから、類聚名義抄に記されたようなアクセントが日本各地のアクセントの祖体系で、これが様々に変化して東京式や現代の京阪式、二型式などの違いを生んだとする説が有力である[8]。京阪式から東京式への変化は起こりやすい変化で、東日本や中国地方といった離れた地域で独自に同じ方向へ変化したとされる(金田一春彦[43] など)。また、漢語にも東京式と京阪式の間で和語と同じような対応関係があることから、両者の分岐時期は平安時代以降とみられる[37][44]

一方で、山口幸洋は中央の京阪式アクセントと地方の無アクセントの接触によって、東京式アクセントが生まれたとする説を提唱した[45]。また山口は、関東西部から中部地方東部にかけての中輪東京式の分布を、徳川武士団の西三河から江戸への移住によるものとしている。

参考文献

  • 上野善道(1989)「日本語のアクセント」杉藤美代子編『講座日本語と日本語教育2 日本語の音声・音韻』明治書院
  • 金田一春彦(1977)「アクセントの分布と変遷」大野晋・柴田武編『岩波講座日本語11方言』岩波書店
  • 金田一春彦(2005)『金田一春彦著作集第七巻』玉川大学出版部
    • p. 70-p. 81
    • p. 310
    • 「東西両アクセントの違いができるまで」p. 374-p. 414
  • 杉藤美代子監修、佐藤亮一ほか編(1997)『日本語音声1諸方言のアクセントとイントネーション』三省堂
    • 山口幸洋「日本語諸方言のアクセント」p. 63-p. 95
  • 山口幸洋(2003)『日本語東京アクセントの成立』港の人
    • 「日本語東京アクセントの成立」p. 9-p. 61
    • 「東京式諸方言の文節アクセント体系」p. 109-p. 135
    • 「四国西南部東京式アクセントの性格」p. 282-p. 294
    • 「準二型アクセントについて」p. 295-p. 309
    • 日本語方言一型アクセントの研究」博士論文:14401乙第07818号 1999年, 大阪大学

脚注

注釈

  1. この点は異論もある。「鼻」より「花」の方が2拍目が相対的に高くなるとも言われる。
  2. 大半の地域で、第一類・第二類・第三類が統合して○型になっており、第四類・第五類が○型である。福岡市の博多地区や糟屋郡では、第一類・第二類のうち第二音節が狭母音を持つものは○型で第四類・第五類に合流し、第一類・第二類のうち第二音節が広母音のものと第三類が○型。飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編(1983)『講座方言学9九州地方の方言』国書刊行会、p.71-p.72。
  3. 東京・前橋・川越・平塚・甲府・静岡・岡山・山口。広島は、これらと同様の場合と、一類が「にわが」(上昇なし)の場合とある。名古屋も東京などと同様の場合と、一類が「にわ」の場合とある。
  4. 高年層は「あぇが」を保つ。

出典

  1. 上野(1989)
  2. 猪塚元、猪塚恵美子(2003)『日本語音声学のしくみ』研究社、p.175-p.179
  3. 金田一(1977)
  4. 山口幸洋『日本語東京アクセントの成立』p.244
  5. 平山輝男ほか編(1997)『山形県のことば』明治書院、p.12-p.14
  6. 大島一郎(1957)「新潟県境に接する福島県西部方言アクセントの研究」『音声の研究』8号(井上史雄ほか編(1994)『東北方言考 2 (岩手県・宮城県・福島県)』ゆまに書房〈日本列島方言叢書 3〉収録 )
  7. 山口幸洋『日本語東京アクセントの成立』p.306-p.307
  8. 佐藤武義(1995)『概説日本語の歴史』朝倉書店、p.249-p.250
  9. 金田一(2005)、70-81頁。
  10. 亀井孝・大藤時彦・山田俊雄編『日本語の歴史 5 近代語の流れ』平凡社、2007年、140-141頁。
  11. 井上史雄ほか編(1996)『日本列島方言叢書17 近畿方言考5 兵庫県』p.11-p.13
  12. 山口(2003)、p.170
  13. 山口幸洋「東京式諸方言の文節アクセント体系」
  14. 平山輝男ほか編(2005)『新潟県のことば』明治書院、p.17-p.20
  15. 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編(1982)『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』 国書刊行会、p.164-p.167
  16. 金田一春彦『金田一春彦著作集第七巻』p.487
  17. 奥村三雄「国語アクセント史の一問題:出雲方言のアクセントを中心に」藤原与一先生古稀御健寿祝賀論集刊行委員会編『方言学論叢Ⅱ 方言研究の射程』三省堂、1981年。
  18. 平子達也、「日本語アクセント史の再検討:文献資料と方言調査にもとづいて」学位論文:甲第18719号 2015年, doi:10.14989/doctor.k18719, 京都大学。
  19. 山口幸洋「準二型アクセントについて」
  20. 中條修(1983)「静岡県の方言」飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 6 中部地方の方言』、国書刊行会、p.159。
  21. 金田一(2005)、p.360-p.361。
  22. 平山輝男ほか編(1997)『福岡県のことば』明治書院、p.19-p.21
  23. 『岩波講座日本語11方言』、168頁。
  24. 佐藤亮一ほか編(1997)、70頁。
  25. 森下喜一「鳥取県」佐藤亮一編(2009)『都道府県別全国方言辞典』三省堂。
  26. 平山輝男ほか編(1998)『日本のことばシリーズ 34 広島県のことば』明治書院、p.25-p.30。
  27. 佐藤亮一ほか編(1997)、77頁。
  28. 金田一春彦(1977)「アクセントの分布と変遷」大野晋・柴田武編『岩波講座日本語11 方言』岩波書店 p153
  29. 平山輝男『日本のことばシリーズ 31 鳥取県のことば』明治書院、1998年、p.16-p.17。
  30. 山口幸洋『日本語東京アクセントの成立』p.284
  31. 柳田征司(2010)『日本語の歴史1方言の東西対立』武蔵野書院、p.164-p.165。
  32. 平山輝男「全日本の発音とアクセント」NHK放送文化研究所編『NHK日本語発音アクセント辞典』日本放送出版協会、1998年4月。
  33. 上野善道(1977)「日本語のアクセント」大野晋・柴田武編『岩波講座日本語5 音韻』岩波書店。
  34. 北原保雄監修、江端義夫編集『朝倉日本語講座10 方言』朝倉書店、2002年、64頁。
  35. 杉藤編『講座日本語と日本語教育2 日本語の音声・音韻』202頁、注1。
  36. 沖森ほか(2017)『日本語の音』朝倉書店 p68
  37. 柳田征司(2010)『日本語の歴史1方言の東西対立』武蔵野書院、p.136-p.140
  38. 金田一春彦『金田一春彦著作集第七巻』p.376, p.377, p.412
  39. 秋永一枝(2009)『日本語音韻史・アクセント史論』笠間書院、p.92、表3
  40. 山口幸洋『日本語東京アクセントの成立』p.14
  41. 金田一春彦『金田一春彦著作集第七巻』p.234
  42. 山口幸洋『日本語東京アクセントの成立』p.15
  43. 金田一春彦「東西両アクセントの違いができるまで」
  44. 奥村三雄「第二章 古代の音韻」中田祝夫編(1972)『講座国語史2音韻史・文字史』大修館書店
  45. 山口幸洋『日本語東京アクセントの成立』巷の人,2003

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.