東京大学運動会ア式蹴球部

東京大学運動会ア式蹴球部(とうきょうだいがくうんどうかいあしきしゅうきゅうぶ、英語: Tokyo University Association Football Club)は、東京都文京区にある東京大学サッカー部。 東大サッカー部と通称される。 「ア式蹴球」とはアソシエーション式フットボールの略で、サッカーのことである。

東京大学運動会 > 東京大学運動会ア式蹴球部
東京大学運動会ア式蹴球部
原語表記 東京大学運動会ア式蹴球部
クラブカラー      淡青
創設年 1918年
所属リーグ 東京都大学サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 東京都文京区
ホームスタジアム 東京大学本郷キャンパス内御殿下グラウンド
代表者 影本浩(部長)
監督 林陵平
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
■テンプレート(■ノート)■サッカークラブPJ

歴史

日本で最初にサッカーを受容したのは東京高等師範学校(現:筑波大学)である。その後、他の東京や関西の師範学校でも、東京高師に習ってサッカーの受容が行われた。これら師範学校の卒業生は、卒業後教員として各地に散らばりそこでサッカーの普及を行った。特に広島県の中等学校はサッカーの受容に積極的であり、早くも1900年代の初めには県内各地の中等学校でサッカーが活発に行われていた。

こうした環境の中で育ったのが広島一中一高→東京帝大と進んだ野津謙である。1918年に野津は一高から東京帝大に進学するが、彼はそこでサッカー部を創設した。これが東京帝国大学ア式蹴球部である(以下帝大とする)。広島一中で野津の一学年上が平田一三[1]、平田も進学した関西学院大学で(サッカー部)を[1][2][3]、野津の一学年下の深山静夫も進学した慶應義塾大学サッカー部をそれぞれ創部している[3][4]。当初の帝大ア式蹴球部は、野津のためのサッカー部という色彩が強かった。野津は1921年に極東選手権競技大会サッカー日本代表に選抜される。この後、野津は関東の大学チームで互いに切磋琢磨しレベルアップを図るべきであると考えるに至り、1922年に早稲田大東京高師東京商科大と共に日本最初のサッカーリーグとなる「専門学校蹴球リーグ戦」を開始させた。

「専門学校蹴球リーグ戦」は翌年には中止されるが、野津はその再開に奔走した。その努力の甲斐があって1925年からリーグの運営を体系立てた上で、「ア式蹴球東京コレッヂリーグ」(現:関東大学サッカーリーグ戦)として再開されることとなった。第1回大会では早稲田の後塵を拝して2位となったが、その後1926年から1931年まで帝大がア式蹴球東京コレッヂリーグで6連覇を果たした。

1925年にア式蹴球全國優勝競技會(兼第2回明治神宮競技大会第5回天皇杯全日本サッカー選手権大会)で大学チームとして初めて全国大会の決勝戦まで進出した(決勝で鯉城蹴球団に敗北)。

1931年、「東京帝大LB」として出場したア式蹴球競技會(兼第6回明治神宮大会。第11回天皇杯全日本サッカー選手権大会)の決勝で興文中学を破り、初優勝した。

1936年ベルリンオリンピックに選手として種田孝一竹内悌三高橋豊二、コーチとして竹腰重丸がそれぞれ選出された。

1949年の学制改正に伴い、大学の名称が変更され東京大学ア式蹴球部となった。また、同年より京都大学蹴球部との定期戦が開始された[5]

1953年第3回国際大学スポーツ週間ユニバーシアードの前身)に選手として岡野俊一郎、監督として竹腰が選出された。

1956年、関東大学リーグの入れ替え戦で法政大学に1-2で敗れて、関東大学リーグ2部に降格した。

1977年、入替戦で立正大学に1-2で敗れ、東京都大学リーグ1部に降格した。

日本サッカー協会には、野津と岡野2人の協会会長を輩出しているほか、一時篠島秀雄が副会長を務めていた。また、竹腰と岡野は日本代表の監督を務めた。日本サッカー協会会長を務めた人物の中で東大出身の会長が最も多い。

2011年、久木田紳吾ファジアーノ岡山FCに入団し、同部からは初のJリーガーとなった。

2017年より元日本代表の岩政大樹がコーチに就任(東京ユナイテッドFC選手兼コーチとの同時就任)。

戦績

年度所属順位監督
1949関東1部4位有馬洪
19505位
19516位
19527位
19536位
19547位
19557位横山陽三
19568位田村三郎
1957関東2部2位横山陽三
19582位大埜正雄
1959優勝須賀敏孝
19604位
19612位
1962優勝
19633位
19645位
19653位
19666位
19675位浅見俊雄
19683位
1969優勝
19704位
19714位
19727位
19734位
19746位
19756位
19765位武田厚
19777位
年度所属順位監督
1978東京都1部6位古村一郎
19796位
19804位内田純司
19815位吉沢伸明
19826位南谷尚志
19838位兵頭圭介
1984東京都2部4位
1985優勝平林健一
1986東京都1部4位
19872位
19887位
19896位
19904位
19914位吉田隆
19924位
19938位
1994東京都2部4位
1995優勝
19966位
19976位
1998東京都3部B優勝服部一郎
1999東京都2部3位
2000優勝
2001東京都1部8位
2002東京都2部6位
年度所属順位勝点試合得点失点得失監督
2003東京都3部B2位服部一郎
20042位167511166+10
2005東京都2部4位127331126+6
20063位福田雅
20075位1394411513+2薮内俊和
20084位1996121811+7
20092位2096212710+17胡内健一
2010東京都1部4位1695132218+4
2011優勝1795221513+2
20127位1293331210+2
20138位151843111822-4利重孝夫
20149位151843111121-10
2015東京都2部3位31189452418+6
2016東京都1部10位818 2 2 14 12 40 -28
2017東京都2部6位2218 6 8 4 21 21 0 福田雅
2018優勝4218 13 2 3 53 20 +33
2019東京都1部9位1518 4 311 15 31 -16
2020 東京都2部 2位 27 13 9 0 4 23 12 +11 山口遼
2021 林陵平

主な成績

主な出身選手

関連するクラブ

脚注

  1. 『日本サッカーのあゆみ』日本蹴球協会(編)、講談社、1974年、50頁。
  2. 有島弘記 (2018年11月23日). “殿堂入り4人 関学大サッカー部100年の誇り”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). オリジナルの2019年2月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190204090135/https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201811/0011845269.shtml 2019年2月6日閲覧。『広島一中国泰寺高百年史』広島県立広島国泰寺高等学校百年史編集委員会、1977年、158、159、221-223、290、291頁。
  3. 『栄光の足跡 広島サッカー85年史』広島県サッカー協会、2010年、22-25頁。
  4. 『風呼んで翔ける荒鷲よ 慶応義塾体育会ソッカー部50年』慶応義塾体育会(編)、三田ソッカー倶楽部、1978年、19、21-25、161、283頁。歴史館 - 慶應義塾体育会ソッカー部歴史館2≪主将、浜田諭吉氏 - 慶應義塾体育会ソッカー部賀川サッカーライブラリー
  5. 各クラブの歴史と概況”. 京都大学体育会. 2014年6月2日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.