東京大学未来ビジョン研究センター

東京大学未来ビジョン研究センター(とうきょうだいがくみらいビジョンけんきゅうセンター、IFI, Institute for Future Initiatives)は、東京大学の学際融合研究施設[1]シンクタンク[2]で、2019年4月1日に東京大学政策ビジョン研究センターとサステイナビリティ学連携研究機構が統合し発足した。

沿革

  • 2008年7月3日 - 「東京大学 アクションプラン2005-2008」に基づき、東京大学での先端の研究成果を活用し、新たな政策の可能性を模索し提言を行うために「東京大学政策ビジョン研究センター」として設立。
  • 2013年 - 全学センターとなる。
  • 2019年4月1日 - 東京大学政策ビジョン研究センターとサステイナビリティ学連携研究機構が統合。

組織

研究部門

  • 持続可能な開発目標 (SDGs)
    • SDGs協創研究ユニット
    • 国際エネルギー分析と政策研究ユニット
    • 持続可能性のためのガバナンス
    • 気候変動とエネルギー転換
    • 都市のサステイナビリティ
    • 開発途上国における食糧安全保障
  • サステイナビリティ
    • 社会・生態システムの統合化による自然資本・生態系サービスの予測評価 (PANCES)
    • フューチャー・アース
    • 新規技術・システムの評価
    • 地域システム設計
    • 千年持続学
    • 東南アジアにおける気候変動適応
    • 持続可能な開発のための水
    • 国際サステイナビリティ学会 (ISSS)
  • イノベーション
    • 知的財産権とイノベーション研究ユニット
    • 次世代スカイシステム研究ユニット
    • ナノテクノロジーイノベーション研究ユニット
    • データヘルス研究ユニット
    • ライフスタイルデザイン研究ユニット
  • 技術・リスクガバナンス
    • 次世代スカイシステム研究ユニット
    • 技術ガバナンス研究ユニット
    • グローバル経済リスクの分析と政策研究ユニット
  • 安全保障
    • 安全保障研究ユニット (SSU)
  • 大学と社会システム
    • 産学及び社会連携システム研究ユニット
    • 次世代の大学教育・研究システム研究ユニット

共同・寄付研究部門

  • より良い未来社会を推進する大学間パートナーシップ
  • 文化を基軸とした融合型新産業創出研究ユニット
  • フューチャー・アース
  • エネルギー持続性フォーラム
  • AGS (Alliance for Global Sustainability)

メンバー

  • センター長:藤原帰一
  • 副センター長:福士謙介城山英明
  • 専任教員:橋本和仁飯島 勝矢石井 菜穂子梶川裕矢仲浩史高村ゆかり渡部俊也アレクサンドロス・ガスパラトス菊池康紀佐々木一杉山昌広華井和代浦剣山野泰子
  • 特任教授:有信睦弘古月文志福田裕穂古井祐司片岡一則木村廣道松木則夫大竹暁住明正鈴木真二竹本和彦武内和彦
  • 特任准教授:井出博生
  • 特任講師:江間有沙孫輔卿菅原育子
  • 特任助教:居乂義ナジア・フサインロン・イン

不祥事

  • 2013年7月25日 秋山昌範東京大学政策ビジョン研究センター教授が東京大学などへの詐欺容疑で逮捕された[3]

脚注

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.