村上淳一

村上 淳一(むらかみ じゅんいち、1933年3月31日 -2017年10月24日[1])は、日本の法学者東京大学名誉教授。専門は比較法ドイツ法。 日本におけるドイツ法研究の第一人者。日本学士院会員。東京高等裁判所長官や最高裁判所長官を歴任した村上朝一の長男。京都府生まれ。

村上 淳一
人物情報
生誕 (1933-03-31) 1933年3月31日
日本
京都府
死没 (2017-10-24) 2017年10月24日(84歳没)
出身校 東京大学法学部
学問
活動地域 日本
研究分野 比較法
ドイツ法
研究機関 東京大学法学部
桐蔭横浜大学法学部
称号 東京大学名誉教授
日本学士院会員
学会 日独法学会
日本ドイツ学会
ドイツ比較法学会
主な受賞歴 ドイツ連邦共和国連邦功労勲章大功労十字章 (2006年)

略歴

学歴

職歴

  • 1956年 東京大学法学部助手
  • 1959年 東京大学法学部助教授
  • 1969年 東京大学法学部教授
  • 1993年 桐蔭横浜大学法学部法律学科教授、東京大学名誉教授
  • 2006年9月  桐蔭横浜大学終身教授
  • ドイツ連邦共和国連邦功労勲章大功労十字章 (2006年)

に所属。

著書

単著

  • 『ドイツの近代法学』(東京大学出版会、1964年) 
  • 『近代法の形成』(岩波書店、1979年、新版1990年)
  • ゲルマン法史における自由と誠実』(東京大学出版会、1980年、新版・UPコレクション、2014年)
  • 『「権利のための闘争」を読む』(岩波書店、1983年、新版・岩波人文書セレクション、2015年)
  • 『ドイツ市民法史』(東京大学出版会、1985年、新版・UPコレクション、2014年)
  • 『ドイツ現代法の基層』(東京大学出版会、1990年)
  • 『仮想の近代-西洋的理性とポストモダン-』(東京大学出版会、1992年)
  • 『現代法の透視図』(東京大学出版会、1996年)
  • 『<法>の歴史』(東京大学出版会、1997年、新版・UPコレクション、2013年)
  • 『システムと自己観察-フィクションとしての<法>-』(東京大学出版会、2000年)

編著・共編

訳書

  • イェーリング『権利のための闘争』(岩波文庫、1982年)
  • クヌート・ヴォルフガング・ネル『ヨーロッパ法史入門』(東京大学出版会、1999年)
  • ヴィレム・フルッサー『サブジェクトからプロジェクトへ』(東京大学出版会、1996年)
  • ヴィレム・フルッサー『テクノコードの誕生』(東京大学出版会、1997年)
  • ノルベルト・ボルツ『意味に餓える社会』(東京大学出版会、1998年)
  • ノルベルト・ボルツ『世界コミュニケーション』(東京大学出版会、2002年)
  • ニクラス・ルーマン『社会の教育システム』(東京大学出版会、2004年)
  • ニクラス・ルーマン『ポストヒューマンの人間論 -後期ルーマン論集-』(東京大学出版会、2007年)
  • グンター・トイブナー編『結果志向の法思考 利益衡量と法律家的論証』(小川浩三共訳、東京大学出版会、2011年)

論文

学外における役職

  • 日独法律家協会会長

脚注

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.