杏林大学

杏林大学(きょうりんだいがく、英語: Kyorin University)は、東京都三鷹市新川6-20-2に本部を置く日本私立大学である。1970年に設置された。大学の略称杏林大(きょうりんだい)、杏林(きょうりん)。

杏林大学
杏林大学
大学設置 1970年
創立 1966年
学校種別 私立
設置者 学校法人杏林学園
本部所在地 東京都三鷹市新川6-20-2
北緯35度40分40.8秒 東経139度34分0秒
キャンパス 三鷹(東京都三鷹市新川)
井の頭(東京都三鷹市下連雀)
八王子(東京都八王子市宮下町)
学部 医学部
保健学部
総合政策学部
外国語学部
研究科 医学研究科
保健学研究科
国際協力研究科
ウェブサイト https://www.kyorin-u.ac.jp/

学校法人杏林学園が運営する。東京都三鷹市に講義・研究使用目的のキャンパス2つと、八王子市グラウンド専門使用目的のキャンパス1つを有している。医学部を中心に、理系文系の4学部15学科を設置する総合大学であり、理系・文系の3研究科を有する大学院も設置する。1970年代に医学部を開設した新設医科大学でもある。

本部のある三鷹キャンパスに隣接して杏林大学医学部付属病院があり、三鷹市および隣接する調布市など、東京多摩東部の中核的医療機関のひとつとして地域医療を担っている。

概要

杏林大学医学部付属病院
本部のある三鷹キャンパスに隣接する

東京都三鷹市に講義・研究使用目的のキャンパス2つと、八王子市グラウンド専門使用目的のキャンパス1つを有している。医学部を中心に、理系文系の4学部15学科を設置する総合大学であり、理系・文系の3研究科を有する大学院も設置する。また1970年代に医学部を開設した新設医科大学でもある。

1954年(昭和29年)に開設された三鷹新川病院(現:杏林大学医学部付属病院)を母体とし、1970年(昭和45年)に台湾人松田進勇(日本名)と松田家によって大学が創設・経営される。

創立50周年を迎えた2016年、三鷹市下連雀に井の頭キャンパスを新設し、八王子キャンパスの機能を移転して、建学の地である三鷹に学部・研究科を集約した。これにより医学・保健医療系と人文社会科学系の学部連携の強化を図るとしている。

移転後の八王子キャンパス跡地については、当面の間は運動施設やゼミ合宿等の教育・研究施設として活用し、最終的には売却予定[1][2]。大学側は「八王子市の理解も得ながら早期売却を図る予定」としているが、売却の時期など具体的な結論には至っていない[3]

大学名の由来

「古代中国医師董奉(とうほう)(zh) が、貧しい患者からは治療代を受け取らない代わりにの実を植えさせ、いつの日か実が樹となり林となった」という故事伝説(原典は神仙伝にある董奉)から、「杏林」は良医を表す語とされている。また東洋医学においては杏の種を喘息の治療薬「杏仁」として用いてきた。なお、杏林製薬(キョーリン製薬)とは命名の由来こそ同じであるが、無関係である。

建学の精神・教育理念

建学の精神は「眞・善・美の探究」である。建学の精神を通じて、優れた人格を持ち、人のために尽くすことの出来る国際的な人材の育成を目指している。

  • 「眞」真実・真理に対して謙虚であるとともに、自ら進んで学び、研究すること。
  • 「善」倫理観を持ったよき人間性・人格を形成。他人に対してやさしく、思いやる心を持った人格を自ら築き上げて、人のために尽くすこと。
  • 「美」真理に対し謙虚に学ぶ姿勢を持ち、他人を尊重し、自らの身を持するのに厳しく、美しいものを美しいと感じる感性を磨くよう努めれば、自然に美しい立派な風格のある人間に成長していくこと。

井の頭キャンパスのコンセプト

人間性を育むキャンパス・Campus for human growth

  • よく学びよき人格を備えた人材を育成するキャンパス
    • 1. 風格ある人を育てる美しく調和のとれたキャンパス
    • 2. 教育効果の高い多彩な学習教育環境の充実
    • 3. 地(知)の拠点に相応しい新キャンパスで地域とまちづくりに貢献
    • 4. 快適なキャンパス環境を持続成長させる多彩なサステイナブルデザイン

沿革

  • 1954年 - 学校法人杏林学園の母体である三鷹新川病院を開設、医学部付属病院の前身となる。
  • 1966年 - 学校法人杏林学園寄付行為設置認可、杏林学園短期大学を開設。
  • 1970年 - 杏林大学医学部(医学科)を開設、医学部付属病院を開院。
  • 1972年 - 東京杏林学院設置認可、杏林大学付属高等看護学校を開設。
  • 1973年 - 杏林学園短期大学を杏林短期大学衛生技術学科へ改称し、修業年数を3年に変更。
  • 1976年 - 大学院医学研究科博士課程(生理系専攻、病理系専攻、内科系専攻、外科系専攻、社会医学系専攻)を開設。
  • 1977年 - 杏林大学付属高等看護学校を杏林大学付属看護専門学校にへ改称。
  • 1978年 - 東京杏林学院廃止認可。
  • 1979年 - 保健学部(臨床検査技術学科、保健学科)を新設。杏林大学付属看護専門学校を杏林大学医学部付属看護専門学校へ改称。
  • 1984年 - 社会科学部(社会科学科)、大学院保健学研究科修士課程(保健学専攻)を開設。
  • 1986年 - 大学院保健学研究科博士後期課程(保健学専攻)を開設。
  • 1988年 - 外国語学部(英米語学科、中国語学科、日本語学科)、杏林大学別科日本語研修課程を開設。
  • 1993年 - 大学院国際協力研究科修士課程(国際開発専攻、国際文化交流専攻)を開設。
  • 1994年 - 保健学部に看護学科を開設。
  • 1995年 - 大学院国際協力研究科博士後期課程(開発問題専攻)を開設。
  • 1997年 - 杏林大学付属国際問題研究所、杏林大学国際交流研究所を開設。
  • 2001年 - 外国語学部に外国語学科を開設。
  • 2002年 - 社会科学部社会科学科を総合政策学部総合政策学科へ改称。杏林大学国際交流センターを設置、杏林大学別科日本語研修課程を杏林大学国際交流センター付属別科日本語研修課程へ組織変更。
  • 2004年 - 大学院国際協力研究科博士前期課程国際医療協力専攻を開設。
  • 2006年 - 保健学部に臨床工学科を開設。総合政策学部に企業経営学科を開設。外国語学部に英語学科、東アジア言語学科、応用コミュニケーション学科を新設。
  • 2007年 - 保健学部保健学科を健康福祉学科へ改称、併せて保健学部に救急救命学科を開設。
  • 2008年 - 外国語学部東アジア言語学科を中国語・日本語学科へ改称、大学院保健学研究科看護学専攻博士前期課程を開設。
  • 2009年 - 保健学部看護学科を三鷹キャンパスに移転。
  • 2009年 - 大学院国際協力研究科に国際言語コミュニケーション専攻を開設。保健学部に理学療法学科を開設。
  • 2010年 - 外国語学部に観光交流文化学科を開設。大学院保健学研究科看護学専攻博士後期課程を開設。
  • 2011年 - 保健学部に作業療法学科を開設。外国語学部に中国語学科を開設。
  • 2012年 - 保健学部看護学科に看護学専攻と看護養護教育学専攻を開設。
  • 2013年 - 保健学部に診療放射線技術学科を開設。
  • 2016年 - 杏林学園創立50周年。三鷹市下連雀地区に井の頭キャンパスが開校。八王子キャンパス全学部と大学院が移転(移転後の八王子キャンパスは当面の間、運動施設やゼミ合宿等の教育・研究施設として活用し、最終的には売却予定)[1][2]
  • 2018年 - 保健学部に臨床心理学科を開設。
  • 2020年 - 医学部付属看護専門学校を閉校する。

基礎データ

所在地

  • 三鷹キャンパス(医学部・保健学部看護学科看護学専攻・医学部付属病院・学園本部)〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
  • 井の頭キャンパス(保健学部・総合政策学部・外国語学部・大学院)〒181-8612 東京都三鷹市下連雀5-4-1
  • 八王子キャンパス(グラウンドのみ使用)〒192-8508 東京都八王子市宮下町476

シンボル

校章
緑色三角形のマークである。これは建学の精神「真・善・美の探究」の三つの要素が相互に関連していることを表している。双方から同じ力に支えられ、安定した不変の角が「眞」を表し、豊かな曲線に囲まれた角は「善」、美しい曲線を描いて天空に伸びる角は「美」を、そして「杏林」が意味している「社会への貢献」を進めていく新しい風を表している。
緑色は大学のシンボルカラーにもなっており、大学や杏林大学医学部付属病院のロゴなどにも使用されている。
校歌
「杏林大学 校歌 COLLEGE SONG」 - 作詞:池田文雄、作曲:古関裕而

人物

  • 大学関係者 - 杏林大学の人物一覧を参照。
  • 学生総数 - 約5000名
  • 教職員総数 - 約3000名
  • 大学関係者組織 - 杏会

施設

キャンパス

各キャンパスへのアクセスについては、#交通アクセスを参照。

三鷹キャンパス

井の頭キャンパス

  • 学部:保健学部(看護学科以外)、総合政策学部外国語学部
  • 研究科:保健学研究科、国際協力研究科
  • 附属施設:保健学図書館、人文社会科学図書館、入学センター、キャリアサポートセンター、学生支援センター、国際交流センター、総合情報センター、保健センター

八王子キャンパス

  • 附属施設:グラウンド(各運動部が使用)
  • 過去に使用していた学部・施設(井の頭キャンパスへ移転)
    • 学部:保健学部(看護学科以外)、総合政策学部、外国語学部
    • 研究科:保健学研究科、国際協力研究科
    • 附属施設:保健学図書館、人文・社会科学図書館、入学センター、キャリアサポートセンター、学生支援センター、国際交流センター、総合情報センター、八王子保健センター

交通アクセス

三鷹キャンパスへは、三鷹駅吉祥寺駅調布駅仙川駅の各最寄りバス停から、井の頭キャンパスへは三鷹駅・吉祥寺駅からバスが出ている。

八王子キャンパスは、京王八王子駅八王子駅からバス便があり、学部・大学院が移転する以前はキャンパス内にバス路線が乗り入れていたが、現在ではキャンパス外の道路上にある最寄り停留所を利用するのみとなっている。

三鷹キャンパス

  • 杏林大学病院前停留所(吉祥寺通り
  • 杏林大学病院停留所(病院構内)
  • 杏林大学病院入口停留所
    • 小田急バス - 鷹55、吉04系統
    • みたかシティバス - 三鷹台ルート、新川・中原ルート

井の頭キャンパス

  • 杏林大学井の頭キャンパス停留所(大学構内)
    • 小田急バス - 鷹63、吉13系統

八王子キャンパス

  • 宮下停留所
    • 西東京バス - ひ01、ひ03、ひ07、ひ08系統[4]
    • 移転前は杏林大学停留所があり、キャンパス内に乗り入れていた[4]
    • 2016年3月26日にダイヤ改正が行われ、キャンパス内停留所と杏林大学系統の路線が廃止された[4]

組織

学部

大学院

別科

  • 日本語研修課程
    • 留学生日本語の力を身につけることを目的とする1年間の課程。多くの国の学年は9月に始まり、翌年の6月に終わる。このため別科では留学生の時間的なロスを配慮し、4月と9月の年2回入学できるようになっている。国際交流センター付属。

附属機関

教育・研究

教育

  • 初年次からの就業意識醸成・キャリアスキルアッププログラム
    • 平成21年度文部科学省「大学教育・学生支援推進事業」にて採択。学生の就職活動を包括的に支援するプログラムである。

文部科学省採択事業

  • 大学教育・学生支援推進事業(文部科学省、平成21年度採択)
  • スーパーグローバル大学等事業 タイプB(特色型)(文部科学省、平成24年度採択)
  • がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン(文部科学省、平成24年度採択)
  • 地(知)の拠点整備事業(文部科学省、平成25年度採択)
  • 女性研究者研究活動支援事業(文部科学省、平成26年度採択)
  • 日英中トライリンガル育成のための高大接続(文部科学省、平成26年度採択)

研究

学生生活

学園祭

学園祭は「杏園祭」(きょうえんさい)という名前で行なわれる。三鷹キャンパスと井の頭キャンパスの各組織が、井の頭キャンパスに集まり合同で開催される。

現在は三鷹キャンパスは会場として使用されないが、かつては「杏祭」(あんずさい)として三鷹キャンパス独自の学園祭を行っていた。また、八王子キャンパスも以前は「杏園祭」の会場として使用されていた。

学園祭は2日間開催されるが、医学部の参加は1日のみである。

スポーツ

  • 硬式野球部:東京新大学野球連盟所属
  • サッカー部:東京都大学サッカー連盟所属
  • アメリカンフットボール部:関東学生アメリカンフットボール連盟所属
  • ハンドボール部:関東学生ハンドボール連盟所属
  • バドミントン部:関東学生バドミントン連盟所属
  • ラグビー部:関東医歯薬大学ラグビーフットボール連盟所属
  • バレーボール部:関東大学バレーボール連盟(女子の部)所属
  • ダンス部:Slave to the Rhythm

サークル活動

対外関係

他大学との協定

海外協定校

海外の様々な大学と、学生間および教職員の活発な交流を促進するため協定を結んでいる。2016年3月現在、協定校数は現在、14か国・地域、52大学・研究所に及ぶ。

脚注

  1. 財務省関東財務局
  2. 財務省関東財務局
  3. イノシシも出現…キャンパス「都心回帰」で八王子に異変 〈AERA〉 (日本語). AERA dot. (アエラドット). 朝日新聞出版 (2017年11月23日). 2020年4月26日閲覧。
  4. 運行系統を大幅に変更します。3月26日(土)ダイヤ改正”. 西東京バス (2016年2月). 2020年4月26日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.