李美子

李 美子(イ・ミジャ、이미자、1941年10月30日 - )は、大韓民国の女性歌手[1]。「トロットの女王」や「エレジーの女王」、「韓国の美空ひばり」の異名を持ち、韓国大衆歌謡を代表する人物である[2][3]。娘は歌手のチェウニ。本貫は全州李氏カトリック教会信者[4]

李 美子
イ・ミジャ
基本情報
生誕 (1941-10-30) 1941年10月30日(79歳)
出身地 大韓民国
ソウル特別市京城漢南洞
ジャンル 大衆歌謡、トロット
職業 歌手

略歴

貧しい家庭に生まれ、祖母に育てられる[4]

1957年、KBSののど自慢番組「歌の花束」に出場して1位を獲得する[4]

公民学校卒業後、デパート勤務を経て[1]、1959年に「十九の純情(열아홉 순정)」で地球レコードから歌手デビューする[2]

1964年、「椿娘」の大ヒットで一躍スターダムに躍り出た。同曲は韓国歌謡史上初の100万枚セールスを記録した(同年の国内レコード売上全体の7割を占めた)。1966年7月からビクターレコード専属[5]として日本で活動を行った際に名前の読みを日本語読みの「り よしこ」としたことや、日本語で歌ったことが問題となる。1967年、同曲は曲調が日本風(倭色)だという理由で、放送倫理委員会により放送禁止曲に指定された[6]。1987年9月、同様に放送禁止となった曲とともに解禁された[7]

1995年、花冠文化勲章。1999年、宝冠文化勲章[1]

脚注

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.