李徳懋

李徳懋(り とくぼう、イ・ドンム、ハングル: 이덕무1741年 - 1793年)は、李氏朝鮮時代の学者百科全書『青荘館全書』の著者。

李徳懋
生誕1741年
死没1793年
職業学者
李徳懋
各種表記
ハングル 이덕무
漢字 李徳懋
発音: イ・ドンム
日本語読み: りとくぼう

歴代国王の御筆を保存する目的で創設された李氏朝鮮の国王直属の奎章閣の検書官である。奎章閣の人事は、弘文館芸文館の長官の推薦が必要であり、才能がありながらも庶子であり社会進出を閉ざされたものを当て、李徳懋は、庶子でありながら正祖から奎章閣検書官に抜擢される[1]

脚注

参考文献

  • 岸本美緒宮嶋博史『明清と李朝の時代 「世界の歴史12」』中央公論社、1998年。ISBN 978-4124034127。p352-p353
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.