李弘 (唐)

李 弘(り こう、永徽3年(652年)? - 上元2年4月26日675年5月25日[1])は、中国皇太子。父は3代皇帝高宗、母は武照(武則天)。はじめ代王。義宗廟号と孝敬皇帝の諡号を贈られた。同母弟に李賢(章懐太子)、4代皇帝中宗、5代皇帝睿宗らがいる。

李弘
続柄 高宗第五皇子
武則天第一皇子

称号 皇太子(追贈:義宗孝敬皇帝)
身位 王→皇太子
敬称 殿下
出生 永徽3年(652年)?
死去 上元2年4月26日675年5月25日
埋葬 恭陵
配偶者 裴氏(裴居道の娘)
子女 養子:玄宗
父親 高宗
母親 武則天

生涯

高宗と武照との長男として生まれる。李弘の生年に関しては諸説あるが、同母実弟の李賢が654年に既に生まれていたことを考えると、高宗が即位して間もない頃に誕生したと考えられる。

すでに、異母兄で劉夫人が生んだ皇太子李忠がいたが、武一族の台頭によって廃され、さらには皇后となった母・武后の強硬な画策によって弘が立太子することとなる。高宗も、子のなかでは最も目をかけていたおり、文武に優れ穏和な性格であったとされ、人望も厚く期待された。

ほどなく高宗の譲位によって即位することが決定していたが、周囲の期待が重荷となったのか、にわかに精神を病んだことなどがきっかけで素行が乱れ、母と不和となるなどし、675年に急死する。異説では、代わって賢を皇太子に立てるため武后によって殺された、ともされる(『新唐書』『資治通鑑』では殺害されたと記載されており、後者では鴆毒が使われたとしている)。

死を悼んだ高宗より、義宗の廟号と孝敬皇帝の諡号を贈られる。子がないため、弟の睿宗の三男の李隆基(後の玄宗)を養子としていた。

脚注

  1. 旧唐書』巻第5 高宗 下
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.