李健熙

李 健煕(イ・ゴンヒ、韓国語이건희1942年1月9日 - 2020年10月25日 )は、大韓民国実業家サムスン電子の元会長。 

李健熙
이건희
李健熙(2013年)
生誕 (1942-01-09) 1942年1月9日
日本統治下朝鮮 慶尚南道宜寧郡
死没 (2020-10-25) 2020年10月25日(78歳没)
 韓国 ソウル特別市江南区逸院洞サムスンソウル病院
国籍 大韓民国
出身校早稲田大学第一商学部(現・商学部)
ジョージ・ワシントン大学経営大学院MBA課程修了
職業サムスン電子会長
李健煕
各種表記
ハングル 이건희
漢字 李健煕
発音: イ・ゴニ
イ・ゴンヒ
日本語読み: り・けんき
ローマ字 Lee Kun-Hee

サムスングループを創業した李秉喆の三男。慶尚南道宜寧郡出身。血液型はAB型。 本貫は、慶州李氏。[1]

経歴

日本生活

 サムスングループの創業者である父・故 李秉喆は、日本統治時代の1929年から31年まで日本内地留学し、早稲田大学政治経済学部で学んだ。そのため、父親の李秉喆が健煕に「日本で先進の学問を学んでこい」と指示したことで、1953年の小5の時から東京の学校に通い始めた。その後韓国に帰国した健煕に父親の勧めで早稲田大学商学部に留学したものの、勉学に興味はなく、落第ギリギリの成績だったが、1965年に卒業するなど企業経営は日本で学び育った[2][3]

経営権獲得以降

1966年、次兄の李昌熙が韓国肥料株式会社のサッカリン密輸事件に関与したことで、父親の李秉喆はグループ会長の職を辞任に追い込まれた。一時は長兄の李猛熙がグループ会長を務めたが、経営に復帰した李秉喆は、李猛熙が当時の朴正煕大統領に自分を密告したと看做し、李健煕を後継者に指名した[4]

1987年、李秉喆の死去に伴い、サムスン電子及びグループの2代目会長に就任した[5]

1993年、ドイツフランクフルトにおいて「妻と子以外はすべて変えよう」をスローガンに新経営方針を提唱した。

1997年、全斗煥盧泰愚両元大統領への贈賄事件で検察に召喚されるも執行猶予で赦免された[6]

2004年、フランス政府よりレジオンドヌール勲章コマンドゥールを授与される。

2006年3月時点で、『フォーブス誌』によると、李健煕一家の財産は約66億ドルで、世界で82位。韓国人で唯一100位以内に入る。

2007年、「中国は追い上げ、日本は先に行く状態で、韓国はサンドイッチだ」と有名な日中サンドイッチ論を唱えて話題となった[7][8]。しかし、李健熙は「第2のサムスンをつくる」としてサムスン製品の過半数を中国で生産して産業育成に協力した当人である[9][10]

2008年1月、自宅とサムスン本社が借名口座による政界や法曹界への不正資金提供疑惑で韓国当局から強制捜査を受ける。同年4月22日、借名口座による1000億ウォン台の脱税疑惑に関するサムスングループに対する韓国特別検察官の捜査が終結したのを機に経営刷新案を発表、自らも辞任した。これによりサムスングループの3代目の会長にはイ・スビンが選ばれた。この件で贈与税を回避する形でサムスングループの株式を無償受領したという疑いを受けた長男の李在鎔も最高顧客責任者(CCO、Chief Customer Officer)の役職から退いた。同年7月16日のソウル地裁の判決で、李健熙は譲渡所得税456億円の脱税容疑で懲役3年執行猶予5年、罰金1100億ウォンを宣告された(11年ぶり2度目)。

2009年、ソウル高等裁判所の判決により脱税、株式市場での違法行為、背任行為に対して有罪判決を宣告される(1年ぶり3度目)。

2009年12月29日、李明博大統領は平昌オリンピック招致のために健煕を恩赦することを発表した。2010年3月24日、サムスン電子会長として経営復帰した。李がトップを離れた時期に、サムスンがシャープを相手にシャープから手に入れた技術の特許訴訟を起こしていたが、復帰した後、シャープの佐々木と話をして和解した[11]。 2014年5月10日の夜、急性心筋梗塞意識不明となり病院に搬送され、その後心肺蘇生と緊急手術が行われた。以降、李健煕の意識は回復することなく、寝たきりの状態となった[12]

2016年7月、韓国の独立系ニュースサイト「ニュースタパ(打破)」が、李が2011年から2013年にかけて自宅で行っていた計5回の違法売春の様子を収めた隠し撮りビデオを公開した。ビデオは相手の女性が撮影したもので、売春は必ず複数の女性を交えて行われ、1回500万ウォンの報酬が与えられ、体重が基準をオーバーすると報酬が50万ウォン減額されていたことなども判明した。この動画はYoutubeでも公開されて1000万件以上の閲覧がされるなど韓国社会で大スキャンダルとなった[13][14]

2018年2月、李が招致に努めた平昌オリンピックが開催されるも、李が捜査中の身であることや崔順実ゲート事件での長男の李在鎔の逮捕の影響も受けて文在寅大統領主催のレセプションにはサムスングループの首脳は招待されなかった[15]

その後も、ソウルのサムスンソウル病院の特別室への入院は続いた。意識不明の状態は続いたものの接触や音には反応を示したため、病室で映画や音楽を流す刺激療法を行ったり、病院スタッフが車椅子に乗せて散歩が行われているとの報道がなされていた[16]。2020年10月25日、サムスン電子は李健熙が死去したことを発表した。78歳没[17]

その他

1965年に卒業したが、早稲田大学出身で時価総額トップの企業経営者であり、学部は異なるが早稲田大学の3号館にある政治経済学術院の研究図書室は李の名前が冠され、「李健熙記念図書室」となっている。長男で後継者の 李在鎔は韓国トップのソウル大学出身だが、慶大大学院で経営学を学び、米ハーバード大学にも通った経歴の持ち主である[3]

李健熙の遺産は、サムスングループの株式だけでも約18兆ウォンに相当するものとなった。韓国の相続税制度で定める株式の税率は、筆頭株主の保有分を相続・贈与する場合に割増とする条項があり、最高税率適用分と合わせて60%に達することとなる。さすがに11兆ウォンの相続税支払いには無理があるとして、青瓦台(韓国大統領府)国民請願掲示板には制度の見直しを求める意見も見られた[18]

略歴

家族

著作

  • 『少し考えて世界を見よう』(《생각 좀 하며 세상을 보자》東亜日報社、1997年)

脚注

  1. "이병철에겐 논어, 이건희에겐 삼성 헌법 ! ",MTN, 2004-10-11
  2. 「日本に学んだ」李健煕サムスン会長が語った「韓国の政治は4流、官僚と行政組織は3流、企業は2流」(デイリー新潮) (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年10月28日閲覧。
  3. 日本経済新聞社・日経BP社. 「早稲田出身の時価総額トップ企業」の経営者は誰?|出世ナビ|NIKKEI STYLE (日本語). NIKKEI STYLE. 2020年10月28日閲覧。
  4. 長男イ・メンヒが弟イ・ゴンヒに押された理由は…”. ハンギョレ (2012年2月15日). 2018年1月16日閲覧。
  5. http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/769702/1
  6. 創業79年のサムスン、初めてトップ逮捕 中央日報 2017年2月17日
  7. “李健熙三星会長が「サンドイッチ論」取り上げたわけは”. 中央日報. (2007年1月27日). http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=84078 2017年11月29日閲覧。
  8. “「天才育てることのできない教育制度が問題」三星李健熙会長”. 中央日報. (2007年6月2日). http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=88036 2017年11月29日閲覧。
  9. 「斜陽の王国 サムスン」週刊東洋経済eビジネス新書No.135
  10. 「斜陽の王国 サムスン」週刊東洋経済eビジネス新書No.135
  11. http://toyokeizai.net/articles/-/54554?page=4
  12. 李会長が病床で誕生日
  13. サムスン電子の李健熙会長「買春ビデオ」が公開される(動画) ハフィントンポスト 2016年7月22日
  14. 뉴스타파(2016.7.21) - 삼성 이건희 성매매 의혹.. 그룹 차원 개입? - Official Video(ENG SUB)
  15. 【社説】平昌五輪という絶好の機会を生かせない韓国企業 (日本語). 朝鮮日報 (2018年2月13日). 2018年2月13日閲覧。
  16. サムスン電子の李健熙会長が闘病5年 安定状態を維持”. 朝鮮日報 (2019年5月8日). 2019年5月8日閲覧。
  17. サムスン電子の李健熙会長死去、78歳”. AFP (2020年10月25日). 2020年10月24日閲覧。
  18. 「厄介な問題」韓国の相続税議論…サムスン11兆ウォンで過去最高”. 中央日報 (2020年11月2日). 2020年11月1日閲覧。
  19. 2010年度9月卒業式 李健熙(イゴンヒ)サムスン会長に名誉博士を贈呈早稲田大学公式ホームページ(2010年9月20日)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.