朴正愛

朴 正愛(パク・チョンエ、韓国語: 박정애1907年 - 没年不明)は、朝鮮独立運動家朝鮮民主主義人民共和国女性政治家北朝鮮労働党中央委員会常務委員、朝鮮民主女性同盟中央委員会委員長、朝鮮労働党中央委員会副委員長、最高人民会議常任委員会副委員長などを歴任。北朝鮮の政権発足に重要な役割を果たした[1]1950年国際スターリン平和賞を受賞した。朝鮮共産党北部朝鮮分局責任秘書を務めた金鎔範は夫[1]

朴正愛
박정애
生年月日 1907年
出生地 大韓帝国 咸鏡北道
没年月日 没年不明
出身校 東方勤労者共産大学
所属政党 北朝鮮労働党
朝鮮労働党
称号 国際スターリン平和賞
第1級国旗勲章
配偶者 金鎔範

在任期間 1962年 - 不明
最高指導者 金日成1948年 - 1994年

その他の職歴
北朝鮮労働党中央委員会常務委員
1946年8月 - 不明)
朝鮮民主女性同盟委員長
1945年11月 - 1965年9月
朝鮮労働党中央委員会副委員長
1959年 - 不明)
朴正愛
各種表記
ハングル 박정애
漢字 朴正愛
発音 パク・チョンエ
英語表記: Pak Chong-ae

経歴

1907年咸鏡北道で生れた[1]ソ連東方勤労者共産大学に留学し、1931年に同じく留学生だった金鎔範と出会った[1]。同年に帰国し地下工作を行うが1935年に独立運動家の朱寧河金鎔範と共に逮捕され、1945年まで服役した[1]。釈放されると1945年11月に結成された朝鮮民主女性同盟の初代委員長に就いた[1]1946年には北朝鮮人民委員会中央委員[2]北朝鮮労働党中央委員会常務委員・婦女部長に就任した[2]1947年最高人民会議第1期代議員に選出され[2]最高人民会議常任委員会委員に選出された[2]1949年パリで開催された世界平和評議会に政府代表団長として参加した[2]1950年ソ連によって創設された国際スターリン平和賞を受賞した[2]1952年北京で開催されたアジア太平洋地域平和会議に政府代表団長として参加した[2]1953年朝鮮労働党中央委員会政治委員に[2]1959年には中央委員会副委員長に選出され、序列5位となった[1]1961年に農業相に就任し、1962年最高人民会議常任委員会副委員長に就任した[2]。同年に海外同胞援護委員会委員長にも選出された[2]1969年金日成によって満州派の一部が粛清された際に、朴も粛清されたと推測される[1]

脚注

  1. 박정애(朴正愛)韓国民族文化大百科事典
  2. 박정애(朴正愛)북한지역정보넷
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.