朴斉家

朴斉家(ぼく せいか・パク・ジェガ、ハングル: 박제가1750年 - 1815年)は、李氏朝鮮時代の実学者詩人画家本貫密陽朴氏は次修。は楚亭または貞蕤[1]李徳懋白東脩と共に、武芸図譜通志の編纂に参加した[2]

ぼくせいか
朴斉家
生誕1750年
死没1816年
職業学者
詩人
画家
配偶者密陽朴氏
朴斉家
各種表記
ハングル 박제가
漢字 朴齊家
発音: パク・ジェガ
日本語読み: ぼく せいか
ローマ字 Pak Je-ga

概要

1778年朝鮮燕行使に随行して中国へ行き、その際に農業牧畜城郭宮殿の製法に至るまで詳細に観取して、中国から学ぶことによる福利厚生を説いた『北学議』を著す[1]

中華に置き、女真朝鮮を「夷」と把握した[3]

朝鮮語廃止論者

朝鮮語を捨て去り中国語を用いることを主張した。

漢語は文字の根本である。けだし中国ではことばが先にあって字が出来たので字を知らなくても意味が分かる。外国人が漢字を崇めて中国の本ばかりを喜んで読んでいてもどうしても隙間が生じてしまう。言葉が膜のようになって逃れられないのだ。わが国は中華に近いのだし、音声もほぼ同じなのだから、国中の人がこぞって本来のことばを捨ててしまうことだって決して無理な相談ではないはずだ。そうなって始めて野蛮人と言われなくなるだろう。

-北学議[4][5]

脚注

  1. 世界大百科事典』【朴斉家】
  2. 「《武藝圖譜通志》成。 武藝諸譜所載, 棍棒、籐牌、狼筅、長槍、鎲鈀、雙手刀, 六技出於戚繼光《紀効新書》, 而宣廟朝命訓局郞韓嶠, 遍質東征將士, 撰譜刊行者也。 英宗己巳, 莊獻世子代理庶政, 歲己卯, 命增入竹長鎗、旗鎗、銳刀、倭劍、交戰月挾刀、雙劍、提督劍、本國劍、拳法、鞭棍十二技, 纂修圖解, 作爲新譜。 上卽阼初, 命增騎槍、馬上月刀、馬上雙劍、馬上鞭棍四技, 又以擊毬、馬上才附之, 凡二十四技, 命檢書官李德懋、朴齊家, 開局於壯勇營, 看詳編摩, 爲之疏解, 凡厥得失, 亦著論斷。 仍命壯勇營哨官白東脩, 察試技藝, 董飭開雕。」『正祖 30巻14年4月29日 5回目 《무예도보통지》가 완성되다』(朝鮮王朝実録 影印本46冊132面)
  3. 文純実十八世紀朝鮮における対外意識の変化について』駿台史學、2013年3月。p101
  4. 李翼成訳注『朴斉家 北学議』乙酉出版社
  5. 伊藤英人「朝鮮半島における言語接触」東京外国語大学語学研究所論集、第18号、p84
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.