朱家尖島

朱家尖島(しゅかせんとう、簡体字: 朱家尖岛)は浙江省舟山群島の島の1つで、陸地面積61.82k㎡、人口26,406人。島の全域が舟山市普陀区朱家尖街道に属する。普陀山名勝の構成部分で、民用航空の舟山普陀山空港がある。元の大徳5年(1301年)、朱家尖島は、普陀山廟の一部となり、普陀山の僧侶の休養地となる。現在、島では西瓜を産しており、「仏陀瓜」と称されている。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.