朱印 (神社仏閣)

朱印(しゅいん)は、主に日本神社寺院において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれる[1]

複数の朱印の印影を集めることを集印(しゅういん)といい、朱印を押印し集印するための専用の帳面を朱印帳(しゅいんちょう)、御朱印帳(ごしゅいんちょう)[1]納経帳(のうきょうちょう)、集印帳(しゅういんちょう)と呼ぶ。大正時代ごろに生まれた屏風折(折り本)にして両側に固い表紙をつけた形式のものと、古くからある和綴じ(和装本)のものが多く、社寺、神仏具店や文房具店、書店などで販売されている。

概要

日本においては主に大正時代以降、駅スタンプスタンプラリーなど、主に観光目的の「記念スタンプ」が行われているが、朱印はそれらとは違う宗教行為である。

そのため「記念スタンプ」とは違い、社寺の職員や神職僧侶氏子などの手によって押印し、参拝者側が自由に押印できないのが一般的である。ただし、無人あるいは無人となることが多い寺院[* 1]や神社[* 2]の場合は参拝者が押せるように用意されている場合もある。

歴史

確認できるうちでは、遅くとも室町時代末期から江戸時代初期頃には存在しており、当時は神仏習合であるため社寺のどちらで生まれたかは定かではない。起源には諸説あるが、元々は寺院に写経を納めた際の受付印であったとする説が有力である。朱印の右上に現在は「奉拝」と書くことが多いが、昔は「奉納大乗経典」となどと書かれていた。

現在でも納経(写経の奉納または読経)をしないと朱印がもらえない寺院が存在する[* 3]が、遅くとも江戸時代中期には、多くの社寺では少額の金銭(御布施初穂料)を納めることで朱印がもらえるようになっていた。

なお、朱印状朱印とは歴史的に関係はなく、これは御朱印においてどちらかというと社務所・寺務所や宮司・住職の印に該当するものである。

事例

基本的には中央に社寺・神仏などの印が押され、それだけでも「朱印」であるが、単に印を押すだけでなく、その下に墨書(黒の墨による毛筆書き)で社寺名・神仏名など、参拝日や「奉拝」などの文字が書かれることも多く、一般的にはその墨書も含めて「朱印」と呼ばれる。他にも社務所・寺務所や宮司・住職の印、そのほか霊場の札番号や祭事など追加の印が押されることもある。

単なる印だけの場合や、印に「奉拝」などの文字だけや、日付だけを墨書する場合もある[* 4]

なお、社寺名・神仏名の入った墨書風の印章(スタンプ)を押すいわゆる「版木押し」であったり[* 5]、事前にあらかじめ「書き置き」した別紙[* 6]、または墨書や版木押しを複写した(印刷した)別紙を渡される[* 7]、もしくは貼り付けられる[* 8]社寺もあるが、これらは江戸時代初期にはすでに存在している。他にも霊場の場合は、印刷された台紙に印のみを押す場合、紙ごと差し込む場合などもあり、こちらも古くから存在するものである。いずれにせよ、朱印としての価値は変わらないとされる。

全ての社寺で行われているわけでは無い。無人の社寺では基本的に行っていない場合が多く、有人の社寺でも最初から受け付けていなかったり、以前は行っていたもののやめてしまったりしている場合もある。やめてしまう理由としては、対応者の多忙や死去[* 9]、朱印の破損や盗難[* 10]、後述するブームに伴うトラブル回避などが上げられる[* 11]

金額は、2020年現在、多くの社寺で300円としているが、500円[* 12]、2000円[* 13]、あるいはそれ以上やそれ以下の金額が提示されることもある。また、「お気持ちをお納め下さい」として金額を明示しない場合もある。この場合、「志納」という。また、服装に輪袈裟白衣姿などでないと応じない寺院、事前に電話やインターネット等での連絡が必要な社寺もある[* 14]

朱印は印・墨書に社寺名や神仏名、寺院の朱印の場合は仏そのものを表しているとされる梵字種子)が入っていることも多いことから、社寺で授与されるお札などと同等とされ、粗末に扱うべきではないとされる。実際、朱印帳を普段は神棚仏壇に上げているという人も少なくない。

同様の理由で正式な朱印帳を持参しない場合、スタンプ帳やメモ用紙、ガイドブックの余白などには朱印を拒絶している社寺もある[* 15]。このような場合は社寺が用意している一枚物の紙に押印して貰える(いわゆる「書き置き」)場合もある。朱印をする社寺は朱印帳を授与していることも多い。オリジナルの朱印帳を用意している社寺もあり、これを収集する人もいる。

西国三十三所霊場詣四国八十八箇所霊場詣、他にも社寺何ヶ所か合わせての七福神めぐりに代表される霊場巡り等の場合には、専用の朱印帳や用紙、色紙掛軸などが用意されていることもある。四国八十八箇所詣などの霊場巡りでは、巡礼中に着ている白衣(びゃくえ)に御朱印をもらう場合もある。また、霊場には再度参拝した時に、以前いただいた朱印に対して少しずらして再度印を押す重ね印を行う場合もある。

朱印はひとつとは限らず複数扱う社寺もある、神社によっては摂末社兼務神社の朱印、寺院によってはご詠歌仏堂仏像ごとにもらえることもある。また、年中行事秘仏御開帳、特別公開期間などに合わせて特別な朱印にすることもあり、複数の霊場を兼ねる社寺では霊場ごとに別の朱印が用意されていることもある。

2010年代中頃からは御朱印収集が脚光を浴び、観光協会や旅行会社・鉄道会社などが御朱印を素材としたイベントやツアー・関連グッズを販売する事例[2]があるほか、期間限定のものや珍しい御朱印・御朱印帳がインターネットオークションで高値で転売されるなどの問題[3][4][5]も起きている。そのため、「書き置き」の別紙による授与の中止[* 16]や納経料・初穂料の値上げを行う寺社も出てきている。また、ブームによって対応が困難になったり、ブームを嫌い、御朱印自体をやめる、あるいは中断している寺社もある[* 11][6]

近年は金泥・銀泥を使ったり[* 17]、カラフルな和紙を使ったりするなど、従来とは異なる朱印も増えている。

宗教・宗派と朱印

神仏分離の影響で、御朱印帳に神社と寺院の朱印が混在している場合、押印を断る社寺[* 18]も存在する。

法華宗日蓮宗不受不施義の考えが色濃い寺院では一般的に御首題が押印される。御首題帳へ他宗派や神社の朱印が混在している場合は断られる場合が多い。他宗派の朱印が書かれた朱印帳にはお題目の「南無妙法蓮華経」を略されて、「妙法」などとしか書かなかったり、拒否する寺院もある。もちろん、神仏などの御朱印を行っているところもある[* 19]

教派神道の神社でも御朱印を行っていることは多い。現代では教派神道ではないとされる新宗教でも行われていた場合もある[* 20]

﨑津教会の御朱印

キリスト教においては基本的に御朱印は存在しない。2018年に全国で初めて、熊本県天草市崎津教会で世界遺産(長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産)登録を記念し神道・仏教・キリスト教の三宗教合同の御朱印が行われた[7]

寺社以外の宗教施設では、孔子廟[* 21]や慰霊施設[* 22]でも御朱印が存在する場合がある。

厳密には御朱印ではないが、天皇陵(御陵)において御陵印(ごりょういん)が存在する。これは各天皇陵に置かれているのではなく、全国5ヶ所に点在する宮内庁陵墓監区事務所に、それぞれ複数の印が一括で保管されている。従って、御陵印を求める場合は陵墓監区事務所を直接訪問する必要があり、また自らが押印するという点も御朱印とは異なる。

日本以外では、寺院においては記念スタンプがある国もあるが、朱印は存在しない。観光会社の企画として韓国の寺院で朱印が行われたことはある。そもそも海外に神社は少ないが、神社においては朱印が行われている場合もある[* 23]

浄土真宗・真宗と朱印

浄土真宗には親鸞の旧跡などを参拝する「巡拝帳」と呼ばれるものがあり、納経印とは違い朱印に功徳はなく、「参拝記念」の証という意味付けになっている。

しかし、昭和60年代以降、浄土真宗本願寺派真宗大谷派の多くの寺院では参拝者に朱印を押印しなくなった。これについては真宗大谷派では「1回行って朱印を手に入れたら2度と行かないとも取れる朱印は不要」という意味のことがHPにかかれている[8]。浄土真宗本願寺派の現在のHPには「本願寺では御朱印は行っておりません。参拝記念スタンプを龍虎殿にご用意しております。」と簡単に触れられているが、以前のHPには「朱印は元々納経という自力の行を行った証のものであるので、他力本願を旨とする本願寺では行わない」という意味の記載があった。

一方、興正派佛光寺派高田派東本願寺派、単立寺院をはじめ、他派の寺院では朱印を継続している場合もある[* 24][9]

朱印と類似するもの

朱印に似たものとして、[* 25]史跡[* 26]での集印をする人もいるが、歴史的には記念スタンプの一種(戦前は御朱印のような墨書きのある記念スタンプも複数あった)であり、俗に「城朱印」「御城印」などとも言ったりするが、宗教的な意味合いを持つ御朱印とは根本的に異なるものである。「御朱印」という言葉自体が、これらの記念スタンプと区別するために定着したとも言われている。

また近年は、観光地の企画やアニメ・ゲームなどの企画で、単なる記念スタンプやステッカーなどを「御朱印」と呼ぶこともあるが、宗教行為である本来の定義からすれば不適切なものである。もちろん、アニメ・ゲームのコラボレーションで正しく「御朱印」を行っている社寺も存在する。

御書印プロジェクト

2020年には小学館と小学館パブリッシング・サービスが事務局を務める 「書店と人を結ぶ」御書印(ごしょいん)プロジェクトが始動した[10]。 「御朱印」の書店版としてスタートし、「御書印帖」にお店をイメージした大きなオリジナル印を含む3つの印が捺され、訪問日や各書店からのメッセージ、書店が選んだ本の一節を書き添えられる[11]。2020年10月時点で参加店舗は200店を超えた[10]

脚注

注釈

  1. 西念寺佃天台地蔵尊など。
  2. 甲斐奈神社国造神社柳森神社など。
  3. 拝島大師など。
  4. 例として、伊勢神宮三嶋大社は「奉拝」と日付が書かれ社名はなし、酒列磯前神社や昔の土支田八幡宮は社名と「奉拝」のみが書かれ日付はなし。
  5. 玉敷神社上新明天祖神社など。
  6. 乗蓮寺日光東照宮奥宮、酒列磯前神社など。
  7. 池上本門寺など。
  8. 秩父今宮神社など。
  9. 例として、天沼熊野神社は多忙のため取りやめている。
  10. 例として、足柄神社は朱印の盗難にあったまま休止している。
  11. ブームに伴い土支田八幡宮などは御朱印を廃止、西久保八幡神社などは御朱印を休止している。
  12. 東京都内の神社、坂東三十三観音霊場の寺院など。近年300円から500円に変更する社寺が増えている。
  13. 富士山本宮浅間大社奥宮・久須志神社の直径22cmのもの。
  14. 大神神社などは連絡必須、小野神社などは連絡推奨という。
  15. 例として、高岩寺は朱印帳が必須で書き置きは行っていない。
  16. 浅草神社は書き置きタイプの特別御朱印の場合も朱印帳が必須で、神職によって帳面に張り付けている。
  17. 六道珍皇寺金神社 (岐阜市)など。
  18. 泉岳寺調神社など。
  19. 徳大寺など。
  20. 例えば天理教教会本部では2015年までは御朱印の対応を行っていた。
  21. 湯島聖堂など。
  22. 東京都慰霊堂など。
  23. ハワイ出雲大社アメリカ椿大神社高士神社など。
  24. 浄土真宗東本願寺派東本願寺生應山安楽寺など。
  25. 松本城鶴ヶ城など。
  26. 横山大観記念館、長篠城址史跡保存館など。

出典

  1. 松村明編集『大辞林』三省堂(2008年)
  2. 浅草・上野から世界遺産日光の社寺を巡る御朱印ラリー
  3. 佐藤剛志「御朱印ブームのワケは 人気過熱で代行業やネット転売も」『朝日新聞』、朝日新聞社、2016年7月3日
  4. 昼間たかし「「御朱印帳」を売るヤツまで出現! 相次ぐ聖地の神社の頒布品“転売”は問答無用でダメ!!」『おたぽる』、サイゾー、2016年4月7日
  5. 長野剛「罰当たり?! 御朱印ネット転売、神社とお寺の悩みは?」『withnews』、朝日新聞社、2017年2月9日
  6. 浅草神社は2019年5月、三社祭の特別御朱印頒布を取り止め、通常版の物のみとすることを発表した。収集者による社務員・巫女への暴言が相次いだためとしている。「浅草神社が「三社祭」の特別御朱印を頒布中止に。「暴言・恫喝また暴力に近い行為」などのマナー違反を指摘」(ハフィントンポスト2019年5月13日)
  7. “世界遺産記念、崎津3宗教「ご朱印」発布”. 読売新聞. (2018年8月3日). https://www.yomiuri.co.jp/kyushu/culture/heritage/20180803-OYS1T50029.html 2018年9月4日閲覧。
  8. 朱印をしない理由 - 教化リーフレット | 東本願寺
  9. 生應山安楽寺 公式
  10. 「御書印プロジェクト」参加書店が全国42都道府県200店突破! そして…『和樂』プロデュースの「御書印帖特装版」が10月5日発売!!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2020年11月8日閲覧。
  11. Inc, Shogakukan. 御朱印ならぬ「御書印」がブームの兆し⁉︎書店でもらえるオリジナル印が本好きの間で人気に|@DIME アットダイム (日本語). @DIME アットダイム. 2020年11月8日閲覧。

関連項目

海外の例
  • 巡礼手帳(Pilgrims credential、クレデンシャル) - 巡礼していることを証明するスタンプ帳。巡礼宿(アルベルゲ)や美術館の割引を利用する際に提示
  • コンポステーラ(巡礼証明書) - 巡礼手帳のスタンプを一杯にした後、最終目的地で巡礼を達成したことを証明する証書を発行してもらえる。
  • 巡礼バッジ - 巡礼した場所で購入できるお守りであり、巡礼した事を示す収集アイテム。その巡礼地を象徴する造形をしている。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.