本田実信

本田 実信(ほんだ みのぶ、1923年3月29日 - 1999年1月6日)は日本歴史学者京都大学教授、名古屋商科大学教授を歴任。京都大学名誉教授文学博士ケンブリッジ大学、1957年)。

来歴・人物

愛知県岡崎市出身。1949年東京帝国大学文学部東洋史学科を経て、東京大学大学院修了。1957年文学博士Ph.D.ケンブリッジ大学[1]北海道大学文学部教授、1975年京都大学文学部西南アジア史学科教授、1985年京都大学文学部長。1986年京都大学定年退官。1987年名古屋商科大学商学部教授就任。

モンゴル帝国史、イラン中世史を主に研究。ペルシア語文献とイスラム写本研究で業績があり、数々の著書・論文を発表した。

1998年、大同生命地域研究賞を受賞。

著書

単著
  • 『世界の歴史―ビジュアル版6 イスラム世界の発展』(講談社)1985
  • 『モンゴル時代史研究』(東京大学出版会)1991
共著

論文

脚注

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.