本山町

もとやまちょう
本山町
町内より白髪山を望む
本山町旗
日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 高知県
長岡郡
市町村コード 39341-0
法人番号 5000020393410
面積 134.22km2
総人口 3,348[編集]
推計人口、2021年2月1日)
人口密度 24.9人/km2
隣接自治体 南国市香美市長岡郡大豊町土佐郡土佐町
愛媛県四国中央市
町の木 ヒノキ
町の花 サクラ
町の鳥 コマドリ
本山町役場
町長 細川博司
所在地 781-3692
高知県長岡郡本山町本山504番地
北緯33度45分25.3秒東経133度35分29.1秒
外部リンク 公式ウェブサイト

― 市 / ― 町 / ― 村

  ウィキプロジェクト
本山町中心部。中央の茶色の建物は本山警察庁舎
早明浦発電所
山崎ダム

本山町(もとやまちょう)は、高知県北部中央にあり、長岡郡に属するである。

概要

板垣退助先祖ゆかりの地。また、早明浦ダムの近辺にあり、四国水源地にあたるため、近年は天空の郷とも呼ばれている。

地理

四国山地の中央、吉野川上流域に位置している。

山地

主な山
  • 工石山
  • 白髪山
  • 大森山
  • 佐々連尾山
  • 玉取山

河川

主な川
主な滝
  • 赤滝
  • 樽の滝

湖沼

主な湖

人口

本山町と全国の年齢別人口分布(2005年) 本山町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 本山町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

本山町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

隣接自治体

高知県
愛媛県

歴史

沿革

明治
  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、本山村・大石村・吉延村・高角村・古田村・井ノ窪村・下津野村・木能津村・上関村・下関村・北山村・介藤村の区域をもって西本山村が発足。
  • 1890年(明治23年)6月1日 - 西本山村が改称して本山村となる。
  • 1910年(明治43年)6月1日 - 本山村が町制施行して本山町(第1次)となる。
昭和
  • 1955年昭和30年)4月20日 - 吉野村と合併し、改めて本山町(第2次)が発足。
  • 1961年(昭和36年)4月1日 - 大字上津川・下川・古味・井尻・大淵が土佐郡土佐村に編入。
  • 時期未定 - 役場を高知県長岡郡本山町本山504番地から同636番地に新築移転。

政治

行政

中央東土木事務所本山事務所

町長

現職町長

県機関

  • 高知県中央東土木事務所本山事務所

国家機関

嶺北森林管理署
吉野川砂防出張所

国土交通省

農林水産省

林野庁

施設

高知東警察署本山警察庁舎
嶺北消防本部
嶺北中央病院

警察

消防

医療

主な病院
  • 嶺北中央病院

郵便局

主な郵便局
  • 本山郵便局

交流施設

センター
  • 白髪山ふれあいの村休養センター
  • 汗見川ふれあいの郷清流館
  • 大原富枝文学館
  • 本山町プラチナセンター

対外関係

海外

提携都市

国内

提携都市
その他
  • 日本で最も美しい村連合
    美しい村づくり、ロゴマークの活用、サポーター会員制度、イベントの開催、広報活動を行っている地方自治体や地域の連合体に参加している。

経済

土佐あかうしの放牧 (高知県長岡郡本山町助藤)

主な産業は第一次産業林業農業(天空米)畜産業など)である。

農業

畜産業

教育

嶺北高等学校

高等学校

県立

中学校

町立
  • 本山町立嶺北中学校2011年(平成23年)本山町土佐町中学校組合立嶺北中学校から改称[1]

小学校

町立
  • 本山町立本山小学校
  • 本山町立吉野小学校

交通

空港

  • 町内に空港はない。

鉄道

路線バス

国道

県道

観光

旧本山大橋
赤滝

名所・旧跡

主な城郭・館
主な寺院
主な神社
  • 仁井田神社 - 町内に何箇所か鎮座する神社。
  • 十二所神社
その他の史跡
  • 八木伊典墓所(本山氏の始祖の墓)
  • 永原一照(山内刑部大輔)夫妻墓所(本山町指定重要文化財, 板垣退助の先祖)
  • 上の坊(野中兼山山崎闇斎を招いて土佐南学を購究した場所)
  • 用水路(野中兼山が掘削を命じ現在も使われている水路)

観光スポット

公園
  • 帰全山公園
  • 若宮・上街公園
建築
  • 旧本山大橋
レジャー
  • 赤滝
  • 樽の滝

文化・名物

祭事・催事

  • 花まつり - 3月下旬〜5月上旬。本山町市街地・帰全山公園。
  • 汗見川清流マラソン大会 - 7月下旬。吉野・汗見川流域。1987年から開催中。参加定員は約800名であるが、毎年定員をオーバーする盛況さを誇る。4kmの部とハーフマラソンの部が実施される。清流と四国山地を駆ける高低差170mのコースで競われる。
  • 吉野川いかだまつり - 8月上旬。吉野川流域。
  • 町民祭 - 8月中旬。本山小学校グラウンド。
  • 職域運動会 - 10月初旬。本山小学校グラウンド。
  • 産業文化祭(もとやま秋まつり) - 11月中旬。本山小学校グラウンド、プラチナセンター。

名産・特産

出身関連著名人

脚注

注釈

    出典

    参考文献

    • 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113。
    • 『本山町史(上・下巻)』

    関連項目

    外部リンク

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.