本居大平

本居 大平(もとおり おおひら、宝暦6年2月17日1756年3月17日) - 天保4年9月11日1833年10月23日))は、江戸時代後期の国学者。号は藤垣内。

本居大平(『國文学名家肖像集』)

伊勢国松坂(現在の三重県松阪市)の町人・稲懸棟隆の長男。13歳で本居宣長の門に入り、寛政11年(1799年)、宣長の養子となる。

宣長の祖述につとめ、宣長の実子・本居春庭失明後は家督を継いだ。紀州徳川家に仕え、侍講などをつとめた。婿養子に本居内遠

作品

著作

  • 『古学要』
  • 『玉鉾百首解』
  • 『神楽歌新釈』
  • 『八十浦之玉』

歌集

  • 『稲葉集』

門弟

  • 山内繁樹
  • 荒井静野(1793-1868) - 館林出身の国学者、歌人。大平から和歌の通信教授を受けた[1][2]

脚注

  1. 荒井 静野∥アライ シズノ 町年寄・検断役・国学者国学関連人物データベース、國學院大學
  2. 荒井静野(読み)あらい しずのコトバンク
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.