本多政昌

本多 政昌 (ほんだ まさあきら、元禄2年4月17日1689年6月4日) - 延享5年3月18日1748年4月15日)) は、加賀藩の執政、加賀八家本多家第5代当主。

本多政昌

父は加賀藩家老本多政敏。正室は本多図書政冬の娘。子は長善連室。養子は本多政行。官位は従五位下安房守。通称は嘉藤次。

生涯

元禄2年(1689年)加賀藩家老本多政敏の四男として生まれる。享保8年(1723年)兄政敏の死去により家督と5万石の知行を相続する。人持組頭、年寄を務めた。

享保8年(1723年)12月従五位下安房守に叙任。享保11年(1726年)公儀御用(宗門方御触)。享保15年(1730年金沢城代となる。

寛保2年(1742年青地礼幹より、藩主前田吉徳側近大槻朝元(伝蔵)の非行を弾劾する書状を届けられる。礼幹は、本多政重の長男政次の曾孫で、当時前田直躬と共に大槻排斥を強く訴えていた一人である。年寄である政昌の力により大槻排除を期待してのことであったが、大槻が失脚するのは礼幹の没後、藩主吉徳の死去を待たねばならなかった。

延享元年(1744年)藩主吉徳より、不和であった分家本多頼母政恒との和解を命じられる。延享3年(1746年)加賀騒動の当事者大槻伝蔵を屋敷に召還し蟄居を申し渡す。朝元は政昌の組であった。

延享5年(1748年)3月18日没。享年60。家督は一門本多政冬の子政行が相続した。

演じた俳優

  • 東野英治郎:「仲代達矢アワー 加賀騒動」(CX、1964年)

参考文献

  • 東京大学史料編纂所「加賀藩史料」

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.