木祖村

村名は、木曽郡を縦断する木曽川の源流の地であることから、木曽の祖という意味を込めて名付けられた。木曽郡中北部の町村(木曽福島町上松町日義村開田村王滝村三岳村)と合併協議していたが、2004年に合併の是非を問う住民投票を実施。結果は反対多数だったため当面は合併をせず自立を目指すことになった。

きそむら
木祖村
木祖村旗 木祖村章
日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
木曽郡
市町村コード 20425-1
法人番号 7000020204251
面積 140.50km2
総人口 2,626[編集]
推計人口、2021年2月1日)
人口密度 18.7人/km2
隣接自治体 松本市塩尻市木曽郡木曽町東筑摩郡朝日村
村の木 トチノキ
村の花 リンドウ
木祖村役場
村長 唐沢一寛 
所在地 399-6201
長野県木曽郡木祖村薮原1191番地1
北緯35度56分10.7秒東経137度46分59.3秒
外部リンク 公式ウェブサイト

― 市 / ― 町 / ― 村

  ウィキプロジェクト
味噌川ダム
やぶはら高原スキー場

木祖村(きそむら)は、長野県にあるである。

歴史

人口

木祖村と全国の年齢別人口分布(2005年) 木祖村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 木祖村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

木祖村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

行政

村長

広域連合

所轄警察署

所轄消防署

  • 木曽広域消防本部(木曽広域連合が運営。木曽消防署が木曽町に、北分署が木祖村に所在)

木祖村 名古屋出張所

 〒466‐0044 名古屋市昭和区桜山町6丁目104-37

教育

  • 村立木祖中学校
  • 村立木祖小学校

姉妹都市・提携都市

日本国内

提携都市

交通

藪原駅

鉄道

中心となる駅:藪原駅

東海旅客鉄道(JR東海)

バス

  • 木祖村営バス

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

あやめ公園池
木曽森林鉄道モーターカー(木祖村木工文化センター前)
木祖村木工文化センターに展示してあるSL

村の源頭部に広がる水木沢天然林は、殆どが樹齢200年以上という広大な原生林。良木の産地である木曽谷は、江戸時代初期に城郭建築や河川整備の為に乱伐され、多くの木を失うことになった。その反省から森林資源を保護するため、尾張藩が「留山制度」という伐採を禁止する制度を定めた。禁止されたのは、ヒノキ、サワラ、ネズコ、アスナロ、コウヤマキで、それらは「木曽五林」と呼ばれる。制度の徹底ぶりは「木一本首一つ」と言われるほど厳しいものだったという。

名産物

木祖村出身の有名人

木祖村のキャラクター

  • 源流の源気くん(公式キャラクター)
  • いっせー(木祖村観光大使)

木祖村に関連する作品

  • 「森のしずくRoot of Hearts」 - 雅音人による木祖村のイメージソング[1]
  • 「源流よ永遠に」 - 雅音人による木祖村の公式村歌[2]。令和元年11月制定。

脚注

  1. 雅音人のチャリティーコンサートが開催されました”. 木祖村 (2011年8月5日). 2017年12月30日閲覧。
  2. artwing. 木祖の村歌「源流よ永遠に」完成 村制130年で17日披露 (日本語). 2019.11.22市民タイムスWEB掲載. 2019年11月22日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.