木村陽二郎

木村陽二郎(きむら ようじろう、1912年7月31日2006年4月3日)は、日本の植物学者・科学史家。東京大学名誉教授。植物分類に業績があった。

来歴

山口県山口市出身。旧制長崎中学旧制山口高校を経て、1936年東京帝国大学理学部卒。中井猛之進に師事、東大副手、39年助手、44年「オトギリソウ科」で理学博士。戦後49年東大教養学部助教授、60年教授。73年定年退官、名誉教授、中央大学教授。83年退職。

人物

1994年にツュンベリー『江戸参府随行記』巻末解説[1]にて

ツュンベリーのこの書を読むと、自分の小学生時代(1920年代)の日本を思い出す。ツュンベリーの時代と私の小学生のころの日本との差は、小学生のころと現在(1994年)の日本との差よりずっと少ないような気がして、やはり昔がなつかしくなるのである。

と江戸時代と自身の経験した大正昭和初期と平成の日本を比較した見解を述べている。

著書

共著

  • 科学史 有信堂 1971 (College books)
  • 原典による自然科学の歩み 玉虫文一渡辺正雄共著 講談社 1974 (原典による学術史)

翻訳

参考

  • 日本人名大辞典
  • 大橋広好「木村陽二郎先生(1912.7.31-2006.4.3)業績と思い出」『分類 : bunrui : 日本植物分類学会誌』第7巻第2号、日本植物分類学会、2007年8月20日、 85-88頁、 NAID 110006379765

脚注

  1. カール・ツュンベリー『江戸参府随行記』(高橋文訳、平凡社東洋文庫 1994年)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.