木村格之輔

木村 格之輔(きむら かくのすけ、嘉永4年9月23日[1]1851年10月17日) - 大正5年(1916年7月18日[2])は、日本の衆議院議員立憲改進党憲政党憲政本党立憲国民党)、弁護士

木村格之輔

経歴

常陸国河内郡手代木村(現在の茨城県つくば市)に中島幸右衛門の二男として生まれ、木村久治の養子となった[1]漢学法律学を学び、1881年明治14年)、代言人試験に合格し、新治郡土浦町(現在の土浦市)に事務所を開いた[3]。また破産管財人も務めた[4]

1892年(明治25年)からは県議を務め、1894年(明治27年)、新治郡から第4回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第10回衆議院議員総選挙まで7期連続当選を果たした。

脚注

  1. 『人事興信録』
  2. 『国民年鑑』
  3. 『茨城人名辞書』きの部p.3
  4. 『新撰衆議院議員列伝』p.306

参考文献

  • 『新撰衆議院議員列伝』日本現今人名辞典発行所、1903年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1911年。
  • いはらき新聞社編『茨城人名辞書』いはらき新聞社、1915年。
  • 『国民年鑑』国民新聞社、1917年。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.