朝融王妃知子女王

朝融王妃知子女王(あさあきらおうひともこじょおう、1907年明治40年)5月18日 - 1947年昭和22年)6月28日)は、日本皇族伏見宮博恭王の第三王女。久邇宮朝融王の妃。香淳皇后の義姉。

朝融王妃 知子女王
久邇宮

身位 女王王妃
敬称 殿下
出生 (1907-05-18) 1907年5月18日
日本東京府東京市麹町区
(現:東京都千代田区紀尾井町)伏見若宮邸
死去 (1947-06-28) 1947年6月28日(40歳没)
日本東京都
埋葬 1947年7月5日
配偶者 久邇宮朝融王
子女 正子女王
朝子女王
邦昭王
通子女王
英子女王
朝建王
典子女王
久邇朝宏
父親 伏見宮博恭王
母親 伏見宮妃経子

生涯

1907年明治40年)5月18日午前10時45分に誕生。15分先に生まれた敦子女王(清棲幸保伯爵夫人)とは一卵性の双生児姉妹である。なお、後から生まれたほうを兄または姉とする風習もあるが、出生順通り、先に生まれた敦子女王が姉である[1]。双生児であることは誕生当初から公表され[2]、2人は引き離されることなく、ともに養育された。1925年大正14年)に結婚して朝融王妃となる。1947年(昭和22年)、皇籍離脱の約4か月前に40歳で薨去

栄典

血縁

脚注

  1. 1925年1月7日 朝日新聞「知子女王御帰京 お慶びの日も近づいて」
    "姉宮敦子女王"との記述あり
  2. 1907年5月25日 朝日新聞「伏見若宮王女子御命名」
  3. 『官報』第3723号、「叙任及辞令」、大正14年01月22日
  4. 『官報』第2430号、「叙任及辞令」、昭和10年02月09日
  5. 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.