朝比奈豊

朝比奈 豊(あさひな ゆたか、1947年(昭和22年)9月14日[1] - )は、日本ジャーナリスト。元毎日新聞グループホールディングス代表取締役社長(現相談役)、元毎日新聞社代表取締役会長(現相談役)。一般社団法人アジア調査会副会長[2]TBSホールディングス社外取締役。TBSテレビ取締役。

概要

静岡県御前崎市出身。

静岡県立掛川西高等学校を経て、東京大学農学部を卒業後、1971年に毎日新聞社に入社。社会部畑を歩む。浦和支局長、東京本社社会部長、編集局次長を経て、2002年に東京本社編集局長に就任した。2004年には取締役に、2006年6月には常務取締役と主筆に就任した。

主筆だった2008年毎日デイリーニューズWaiWai問題が発生した。同年6月25日、代表取締役社長に就任し、6月27日、役員報酬の10%(1カ月)返上を発表した。

2010年2月8日小泉純一郎元首相の秘書官だった飯島勲名誉毀損容疑で朝比奈氏を含む3人の書類を送付[3]。しかし、東京地検は2011年3月9日、3人を不起訴処分とした。2010年6月、特別編集委員でTBSコメンテーター岸井成格に主筆を譲った。

2011年、毎日新聞グループホールディングスを発足させ、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社東日印刷高速オフセットの4社のグループ経営を確立した。2019年5月には毎日映画社も毎日グループホールディングス傘下に統合し、グループ経営は現在の「5本柱」体制となった。

略歴

  • 1971年 - 毎日新聞社入社。
  • 2002年 - 毎日新聞東京本社編集局長。
  • 2004年 - 毎日新聞社取締役。
  • 2006年6月 - 毎日新聞社常務取締役・主筆。
  • 2008年6月25日 - 毎日新聞社代表取締役社長。
  • 2008年6月27日 - 役員報酬10%(1カ月)返上処分。
  • 2011年 - 毎日新聞グループホールディングス代表取締役社長。
  • 2016年 - 毎日新聞代表取締役会長。
  • 2020年- 毎日新聞グループホールディングス相談役、毎日新聞社相談役

脚注

  1. 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.281
  2. アジア調査会役員名簿(平成28年5月)
  3. 毎日新聞社長ら書類送付 飯島元秘書官めぐる誤報2010年2月8日 共同通信 47NEWS

関連項目

先代:
北村正任
毎日新聞社社長
2008 - 2016
次代:
丸山昌宏
先代:
毎日新聞GHD社長
2011 -
次代:
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.