服部波山

服部 波山(はっとり はざん、文政10年(1827年)‐明治27年(1894年9月10日[1])とは江戸時代から明治時代にかけての文人画家

略歴

上野広小路の鰻屋の次男として生まれる。名は兼蔵のちに謙蔵。寒松堂、波山山人、波山樵者と号す。江戸の根岸に住む。幼時より読書が好きであったため、自宅裏の相田某という学者に入門、22,23歳のころには師も舌を巻くほど、詩文に長じ、書もよくした。あるとき、渡辺崋山の絵をみて山水画を描きたくなり、画家をめざす。明治に入って下谷にいた饗庭篁村に人物画を師事した後、渡辺崋山、山本梅逸の画風または唐画を習い、山水画を得意として、滝和亭奥原晴湖らとともに南画のひとりとして知られた。信濃国紀伊国などを旅行しながら自然を描いた。また、明治中期になってもチョン髷をきらずにいて、大沼枕山中根半嶺山本龍洞らと交遊したほか、高橋応真らに漢籍を教えた。享年68。

作品

  • 『歳寒三友図』 紙本墨画 明治22年(1889年) 静岡県立美術館所蔵
  • 『明治書画帖』 大英博物館所蔵
  • 『名家書画春秋帖』 大英博物館所蔵

出典

  1. 『明治のおもかげ』114頁。

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.