有機テルル化合物

有機テルル化合物(ゆうきテルルかごうぶつ、: Organotellurium compounds)は、テルル原子とアリル基アルキル基ビニル基アルキニル基などが直結した化合物の総称である。

性質

一般的には有毒であり、揮発性のものは強い悪臭を持つ。同じ第16族元素である酸素硫黄セレン有機化合物、特に有機セレン化合物に似た性質のものが多い。

2価、4価、6価のものが知られている。

製法

下記のような製法がある。

用途

有機超伝導体ドナー化合物であるテトラテルラフルバレン誘導体など、いくつかの化合物は有機合成反応剤として有用である。 リビングラジカル重合においても有効である[1] 内臓の造影剤としても研究されている。

脚注

参考文献

  • 高本進、稲本直樹、中原勝儼、山崎昶『化合物辞典』朝倉書店、1997年11月20日、初版。ISBN 4-254-14043-6。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.