有栖川宮織仁親王

有栖川宮織仁親王(ありすがわのみやおりひとしんのう)は、江戸時代皇族職仁親王第7王子。有栖川宮第6代当主。徳川慶喜江戸幕府第15代征夷大将軍)の外祖父。

有栖川宮織仁親王
有栖川宮織仁親王
続柄 有栖川宮職仁親王第7王子

身位 親王
敬称 殿下
出生 (1754-08-19) 1754年8月19日
宝暦4年7月2日
死去 (1820-04-02) 1820年4月2日(65歳没)
文政3年2月20日
配偶者 鷹司富子(鷹司輔平の娘)
  高木敦子
  安藤清子
子女 高貴宮
織子女王
幸子女王
有栖川宮韶仁親王
大儀文成
承真法親王
舜仁法親王
繁宮
幾宮
尊照栄暉
煕子女王
喬子女王
弥宮
寿宮
済仁法親王
苞子女王
綽宮
万信宮
尊超入道親王
吉子女王
父親 有栖川宮職仁親王
母親 後藤温子

子女

  • 第1王子:高貴宮(1776-1777)
  • 第1王女:孚希宮・織子女王(1780-1796) - 広島藩主・浅野斉賢正室
  • 第2王女:栄宮・幸子女王(1782-1852)
  • 第2王子:阿計宮・有栖川宮韶仁親王(1785-1845)
  • 第3王女:淑宮・大儀文成(1787-1846)
  • 第3王子:永宮・承真法親王(1787-1841)
  • 第4王子:亀代宮・舜仁法親王(1789-1831)
  • 第4王女:繁宮(1789-1790)
  • 第5王女:幾宮(1790-1791)
  • 第6王女:千鶴宮・尊照栄暉(1792-1845)
  • 第7王女:美保宮・煕子女王(1792-1817)
  • 第8王女:楽宮・喬子女王(1795-1840) - 第12代将軍・徳川家慶正室
  • 第9王女:弥宮(1795-1796)
  • 第10王女:寿宮(1796-1807)
  • 第5王子:誠宮・済仁法親王(1797-1847)
  • 第11王女:嘉寧宮・苞子女王(1798-1819)
  • 第6王子:綽宮(1798)
  • 第7王子:万信宮(1800)
  • 第8王子:種宮・尊超入道親王(1801-1852)
  • 第12王女:登美宮・吉子女王(1804-1893) - 水戸藩主・徳川斉昭正室、第15代将軍・徳川慶喜生母。

外部リンク


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.