有村雄助

 
凡例
有村 雄助
時代 江戸時代末期(幕末
生誕 天保6年(1835年
死没 万延元年3月24日1860年4月14日
別名 :兼武
官位従四位
幕府 江戸幕府
薩摩藩
父母 父:有村兼善、母:連寿尼森元高見の娘)
兄弟 俊斎雄助次左衛門

有村 雄助(ありむら ゆうすけ)は、幕末薩摩藩士、尊攘志士兼武

兄に後の貴族院議員・海江田信義(有村俊斎)、弟に有村次左衛門がいる。

生涯

薩摩藩士・有村兼善の三男。母は連寿尼森元高見の娘)。安政5年(1858年)、次兄の次左衛門とともに脱藩して江戸で尊攘活動を行い、水戸藩高橋多一郎らの志士と交流を深める。安政6年(1859年)、安政の大獄が起きるとそれに憤慨し、その実行者である大老井伊直弼の暗殺と京都大坂での挙兵を計画する。

翌安政7年3月3日(1860年3月24日)の朝、桜田門外の変で井伊が次左衛門や水戸浪士らに暗殺されると、それに呼応して水戸藩士金子孫二郎佐藤鉄三郎とともに京都に向かう。しかし、幕府によって藩士が捕らえられることを恐れた薩摩藩では、道中の伊勢四日市で有村らを捕縛し、伏見の薩摩藩邸に送った。当時の伏見奉行は薩摩藩が任ぜられていたが、金子、佐藤を庇いきれず幕府の手に渡されて江戸に護送され、雄助は薩摩に護送された。万延元年3月24日(1860年4月14日)、幕府の探索が鹿児島に迫ると、藩命によって自刃させられた。介錯は刎頚の友の奈良原喜八郎(のちの繁)であった。享年26。

明治35年(1902年)贈従四位[1]

脚注

  1. 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.16
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.