智頭急行

智頭急行株式会社(ちずきゅうこう、: Chizu Express Co.,Ltd.、略称: CKK[注 1])は、兵庫県岡山県鳥取県の3県において旧日本鉄道建設公団建設線の智頭線を運営している鉄道会社である。鳥取県など沿線自治体の出資による第三セクター方式で設立された、第三セクター鉄道の一つである[4]

智頭急行株式会社
Chizu Express Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 CKK
本社所在地 日本
689-1402
鳥取県八頭郡智頭町智頭2052番地1[1]
北緯35度15分54.48秒 東経134度13分34.27秒
設立 1986年昭和61年)5月31日
(智頭鉄道株式会社)
業種 陸運業
法人番号 4270001000456
事業内容 旅客鉄道事業 他
代表者 代表取締役社長 城平 守朗[1]
資本金 4億5000万円
(2019年3月31日現在)[2]
発行済株式総数 9000株
(2019年3月31日現在)[2]
売上高 26億9331万782円
(2019年3月期)[2]
営業利益 1億3190万4815円
(2019年3月期)[2]
純利益 1億1178万7922円
(2019年3月期)[2]
純資産 55億9073万3393円
(2019年3月31日現在)[2]
総資産 59億3268万4297円
(2019年3月31日現在)[2]
従業員数 72人(2017年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 鳥取県 33.9%
兵庫県 13.3%
鳥取市 11.2%
岡山県 8.1%
佐用町 5.1%
(2019年3月31日現在[3]
外部リンク http://www.chizukyu.co.jp/
特記事項:2009年4月1日に本社を移転。

概要

本社所在地は鳥取県八頭郡智頭町大字智頭2052番地1(智頭駅前、JA鳥取いなば智頭支店ビル)、運輸部は鳥取県八頭郡智頭町大字智頭1862番地2(智頭駅構内)。なお、社名・駅名のかな表記は「ちず」、町名・地名のかな表記は「ちづ」と異なっている。

数多くの第三セクター鉄道[注 2]が赤字である中、2015年以降第三セクター鉄道の収益性トップの座にある[注 3]。これは智頭線を経由して京阪神と鳥取県を結ぶ特急列車スーパーはくと」の収益が非常に大きい。特急列車はこのほか岡山と鳥取県を結ぶ特急「スーパーいなば」も走行している。そのため普通列車の利用度は低く、年間の旅客収入約13.1億円のうち定期外収入が12.9億円と(数字はいずれも2010年度の統計)[5]そのほとんどを占め、地方の鉄道路線で往々にして見られる通学客への依存度は極度に低い。なお、鳥取自動車道の開通で高速バスの所要時間短縮が見込まれるものの、現時点では智頭急行の経営に大きな影響は与えていない。

1994年末の開業から間もない1995年1月17日兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)が発生、これによって智頭線を走る特急「スーパーはくと」が全面運休に追い込まれ、初年度の売上高は予想の1割程度にしか達せず倒産の危機にも見舞われた。しかしどうにか持ちこたえて特急の運行開始後は危機を脱し、1998年度以降は連続して黒字を計上している。2006年6月、株主総会後に第三セクター鉄道で全国初の株主配当(額面の2%)を実施、2007年も同様に配当することとなった。

歴史

智頭急行が運営する智頭線は、もともと陰陽連絡路線の1つである日本国有鉄道(国鉄)智頭線として、日本鉄道建設公団(鉄道公団)により建設が進められていた。しかし国鉄の経営悪化を受けて、1980年(昭和55年)に日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)が成立し、鉄道公団が建設中のAB線(地方開発線、地方幹線)のうち、開業後の予想輸送密度が4,000人/日未満のものについては建設が凍結されることになった。この時点で智頭線は、用地の95%、路盤の30%、軌道の10%まで工事が完成していたが、予想輸送密度が3,900人/日とわずかに基準に届かなかったために建設が凍結された[6]

1983年(昭和58年)に鳥取県知事に就任した西尾邑次は、建設凍結中の智頭線について第三セクターによる運営引き受けの検討を行い、専門機関に委託して経営の調査を行ったところ、地域輸送のみならば赤字であるが、国鉄との特急列車の直通を行えば黒字になるという調査結果を得た。国鉄智頭線建設促進期成同盟会を通じた活動がなされ、1985年(昭和60年)11月28日に兵庫県知事と、29日に岡山県知事と会談を行い、工事再開への共同歩調を取ることで合意された[7]

翌1月10日に期成同盟会の名前から「国鉄」が取れて智頭線建設促進期成同盟会となり、第三セクター会社設立準備組織となった。3月31日に鳥取・岡山・兵庫の3県で出資割合の覚書が締結され、4月11日に設立発起人会開催、5月30日創立総会が行われて、5月31日に「智頭鉄道株式会社」として設立登記が行われた[8]

路線

路線の大半が高架なので智頭線内には踏切がほとんど存在しない。平福駅恋山形駅構内にある乗客専用の構内踏切を除いて、すべてJR線との共用踏切である。

保有車両

形式称号の「HOT」は、智頭急行沿線の県名の「H=兵庫」、「O=岡山」、「T=鳥取」を意味するローマ字表記の頭文字と、英語の"Hot"(「熱い」の意味)をかけたものである。また、形式番号は機関出力に由来する。全車が自社大原車両基地の所属である。

保有している「スーパーはくと」用特急車両(HOT7000系気動車)全34両を2007年度から2009年度にかけて車内内装を中心としたリニューアルを行った[4]

特急用気動車

普通列車用気動車

  • HOT3500形気動車 - 自社線内のほか、JR因美線の智頭 - 鳥取間にも乗り入れる。

運輸部

智頭急行の乗務員(運転士車掌)が所属する組織である。智頭駅に併設されており、運輸指令所も兼ねる。また電気・保線を管理する施設係も常勤する。大原車両基地も運輸部に属する。

運賃・料金

普通旅客運賃
小児半額・10円未満切り上げ。2019年10月1日改定[9][10]
キロ程運賃(円)
初乗り3km180
4 - 6240
7 - 9310
10 - 12370
13 - 15430
16 - 18500
19 - 21570
22 - 24630
25 - 27690
28 - 30750
31 - 33810
34 - 36880
37 - 39950
40 - 421,010
43 - 451,070
46 - 481,130
49 - 511,190
52 - 541,250
55 - 571,320
JR各社と通過連絡運輸協定を結んでおり、上郡・佐用・智頭を挟んでJR線の乗車キロ数を通算した乗車券の購入が可能である。
智頭急行線各駅に自動改札機や簡易改札機は設置されておらず、ICカード乗車券を利用して乗車することはできないが、2018年(平成30年)12月3日からは、大原駅の窓口で乗車券(企画乗車券を含む)・特急券グリーン券を購入する場合に限り、ICOCAKitacaSuicaPASMOTOICAmanacaSUGOCAnimocaはやかけん楽天EdynanacoWAONiDQUICPayクレジットカードデビットカードが利用できる。但しICOCA電子マネーとしての導入であるため、相互利用している交通系ICカード電子マネーのうち、PiTaPaは利用できない[11]2020年令和2年)4月1日からは、上郡駅智頭駅の窓口でも同様の取り扱いを行っている[12]
特急料金
小児半額・10円未満切り上げ。2019年10月1日改定。特急列車の普通車を利用の場合は、乗車券・特急券が必要。全線均一。
  • 指定席 … 530円
  • 自由席 … 430円
このほか、定期券用自由席回数特急券(5枚つづり)を1,000円で発売している[13]
グリーン料金
全線均一大人530円。小児同額。2019年10月1日改定。特急列車のグリーン車を利用の場合は、乗車券・指定席特急券・グリーン券が必要。

企画乗車券

智頭線開業20周年記念1日フリーきっぷ→智頭線1日フリーきっぷ
JRの青春18きっぷは利用できないが、2014年夏季からは、青春18きっぷの期間中および10月 - 2月の土休日は智頭線内で「智頭線開業20周年記念1日フリーきっぷ」という企画乗車券を大人1200円、小児600円で発売している。上郡駅 - 智頭駅間の片道運賃1300円より安く、智頭線内を52km以上乗るだけで元が取れる。上郡、佐用、大原、智頭駅の窓口営業時間内に購入するか、または普通列車車内の運転士から購入するか、郵送で取り寄せとなる。また、特急列車の自由席に乗車する場合は別途自由席特急券を購入すれば乗車可能[14]
2015年5月1日発売分からは「智頭線1日フリーきっぷ」として発売している。利用可能期間は土曜・日曜・祝日および7月1日 - 9月30日・12月1日 - 1月10日・3月1日 - 4月10日[15]
智頭線満喫普通列車1日乗り放題きっぷ(発売終了)
2014年春季までは、青春18きっぷの期間中は智頭線内で「智頭線満喫普通列車1日乗り放題きっぷ」という企画乗車券を大人1000円、小児500円で発売していた。智頭線内を43km以上乗るだけで元が取れたが、特急列車では使えず、別途特急券および乗車券も購入しなければならなかった。車内では買えないため、あらかじめ上郡、佐用、大原、智頭駅の窓口営業時間内に購入するか、郵送で取り寄せとなる。なお、2011年冬季の発売期間は青春18きっぷの利用期間が1月10日までに短縮されたが当切符は例年通り1月20日までの発売・利用期間となった。2014年夏季からは上記の「智頭線開業20周年記念1日フリーきっぷ」に変更された。

その他

脚注

注釈

  1. 社名のローマ字表記から。
  2. ここでの「第三セクター鉄道」とは第三セクター鉄道等協議会に加盟する鉄道事業者を指し、北大阪急行電鉄ゆりかもめなどそれ以外の第三セクター方式の鉄道は含まない。
  3. 智頭急行は収益率で長らく北越急行に次ぐ2位であった。2015年3月の北陸新幹線延伸開業に伴う北越急行経由の特急「はくたか」の廃止が影響し、北越急行が2015年決算で開業以来初の赤字転落となったことで智頭急行が1位となった。

出典

  1. 第31期 智頭急行株式会社の業務及び財務に関する資料について (PDF)”. 智頭急行株式会社. 2017年8月24日閲覧。
  2. 第33期決算公告
  3. 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』令和元年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会
  4. 小野まなみ(2014年12月4日). “智頭急行:“快走”20年 記念セレモニー「今後も県発展の礎に」”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  5. 国土交通省中国運輸局「管内鉄軌道事業者の運輸成績
  6. 『三セク新線高速化の軌跡』p.20
  7. 『三セク新線高速化の軌跡』pp.21 - 23
  8. 『三セク新線高速化の軌跡』p.24
  9. 消費税率引き上げに伴う運賃改定について (PDF)”. 智頭急行. 2019年10月3日閲覧。
  10. 消費税率引上げに伴う運賃・料金改定のご案内 (PDF)”. 智頭急行. 2019年10月3日閲覧。
  11. 大原駅クレジット等取扱い開始について (PDF)”. 智頭急行 (2018年11月19日). 2019年1月20日閲覧。
  12. 上郡駅及び智頭駅 クレジット等取扱い開始について (PDF)”. 智頭急行 (2020年3月18日). 2020年4月27日閲覧。
  13. 定期券用自由席回数特急券”. 智頭急行. 2019年10月3日閲覧。
  14. 「智頭線開業20周年記念1日フリーきっぷ」の発売について”. 智頭急行株式会社 (2014年6月27日). 2014年11月24日閲覧。
  15. 智頭線1日フリーきっぷ”. 智頭急行. 2020年7月21日閲覧。
  16. 鉄道むすめ〜鉄道制服コレクション〜キャラクター紹介 トミーテック公式サイトより

参考文献

  • 『三セク新線高速化の軌跡』日本鉄道建設公団高速化研究会、交通新聞社、1998年10月20日、初版(日本語)。ISBN 4-87513-077-5。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.