晴海 (東京都中央区)

晴海(はるみ)は、東京都中央区にある地名。現行行政地名は晴海一丁目から晴海五丁目。郵便番号は104-0053[2]明治中期から昭和初期にかけて行われた東京湾澪浚(みおさらい)工事で出た海底の土砂を投下してできた埋立地で、正式な地名が決まる前は月島4号地と呼ばれた。

日本 > 東京都 > 中央区 > 晴海
晴海
晴海客船ターミナル
晴海
晴海の位置
北緯35度39分34.83秒 東経139度47分5.64秒
日本
都道府県 東京都
特別区 中央区
地域 月島地域
人口
2019年(令和元年)9月1日現在)[1]
  合計 16,120人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
104-0053[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川
晴海大橋
晴海トリトンスクエア
レインボーブリッジからの晴海地区遠景

概要

1940年の、1940年東京オリンピックと同時開催される予定であった、紀元2600年記念日本万国博覧会の開催地に決まり整備されたが、やむなく日中戦争のため中止された。

大戦後、東京都港湾局専用線が敷設され、晴海埠頭に貨物列車の入線が可能になった。東京国際見本市会場が建設され、東京モーターショーコミックマーケットエレクトロニクスショー(当時)など、多くの見本市イベントが開催されるようになった。日本住宅公団が建設した晴海団地をはじめとする集合住宅も多数建てられ定住人口も増えた。

1996年(平成8年)東京国際見本市会場が老朽化のため閉鎖された。2000年代に入ると晴海1丁目地区が再開発され、晴海アイランドトリトンスクエアという大型商業施設や、高層オフィスビル、高層住宅が建設された。さらに2000年(平成12年)の都営地下鉄大江戸線勝どき駅月島駅の開業により、それまで鉄道駅から遠く離れていた晴海の交通環境は大きく改善された。ただトリトンスクエアの完成により就業者が急激に増加したため、歩道の容量不足が深刻になった。

晴海埠頭は南極観測船が出入港する岸壁としても知られる。晴海客船ターミナル付近には外国客船が接岸するなど、東京の国際的な海上旅客交通の玄関口となっている。晴海埠頭は、埋め立て完成後も長く南西岸(形状的には湾口に向いた短辺)は砂浜のまま放置され、南東岸(豊洲向き)春海橋までと北西岸の黎明橋までが岸壁として供用されていた。砂浜状の晴海埠頭は、1960年昭和35年)の映画『秋立ちぬ』に見ることができる。なお、2020年令和2年)の東京国際クルーズターミナル開業の後、これらの施設は廃止する計画が建てられている。

2006年平成18年)には晴海大橋が完成し、再開発の進む江東区豊洲南西部や同・有明などの湾岸地区と直接結ばれた。2018年(平成30年)には首都高速10号晴海線晴海出入口や、環二通り豊洲大橋・黎明大橋が開通し、湾岸線築地汐留方面とのアクセスもしやすくなっている。

東京都が招致運動を続けてきた2016年東京オリンピック構想では、晴海5丁目にメインスタジアムとなる東京オリンピックスタジアムの建設が予定されていたが、スタジアムと鉄道駅の遠さが難点として指摘され、2010年(平成22年)、中央区独自の銀座 - 晴海間の路面電車 (LRT) 敷設方針が示された。しかし、結果は招致失敗に終わり、スタジアムの建設計画は白紙化された。

2021年に延期となった2020年東京オリンピックパラリンピックでは、晴海5丁目に同大会の選手村を設けている。大会後の同地区は「HARUMI FLAG」のプロジェクト名にて、施設改修や高層マンション新築の上での住宅地開発が予定されている。これに先駆け、2020年令和2年)10月1日より虎ノ門ヒルズ新橋駅からの東京BRTのプレ一次運行が開始され、晴海2丁目に晴海BRTターミナルが開設された。

歴史

エピソード

埋立竣工後、当初晴海では1940年昭和15年)に紀元2600年記念日本万国博覧会の開催が計画された。しかし太平洋戦争間近の時期でもあり、軍事的な理由により突然開催が中止となった。戦後、一部の土地は米軍の接収を経て、日本住宅公団(現:都市再生機構)などに集合住宅の建設用地として提供され、また小野田セメント(現:太平洋セメント)や日本通運など、主に港湾・物流などに関連する企業へ事業用地として売却された。

展示会場である東京国際見本市会場は1959年の開場から、40年近く使用された。当初は「貿易センター」と呼ばれており、東京モーターショーなど見本市の開催数も限定的であった。貿易センターでは1970年代初頭まで、夏には屋外プール、冬にはドーム館において屋内スケートリンクの営業を行っていた。1970年代になるまでは会場周辺には空き地がかなり残っていたが、多くの見本市が開催されるようになるに従って会場の拡張が繰り返され、周辺の整備が進んだ。

1970年代にはホテル浦島(2003年閉鎖・現在の晴海センタービルの場所)やデン晴海(現:晴海グランドホテル)、1980年代にはホテルマリナーズコート東京などのホテルが建設された。

晴海は銀座から2km強という距離にありながら公共交通手段に乏しく、地下鉄有楽町線1988年昭和63年)に新木場駅まで延長され月島駅が開業するまでは、この地への主な公共交通手段は都営バスのみであった。晴海には国鉄越中島支線につながる東京都港湾局専用線が、越中島駅(現:越中島貨物駅)から単線非電化で晴海埠頭まで敷設されていたが、貨物列車のみの運行であった(1989年までに全線廃止)。

晴海へのアクセスは道路交通のみであったために、東京モーターショービジネスシヨウなど大規模なイベントが開かれた際には、築地市場周辺が交通のボトルネックになっていたこともあり、晴海通りは大渋滞となり、多くの人々が銀座方面まで徒歩で向かうなど、その交通の便の悪さは度々指摘されていた。その後、大規模な見本市の開催時には竹芝桟橋と晴海埠頭間に水上バスが運行され、来場客の輸送が行われた。

1980年代後半からはバブル景気の追い風もあり、東京湾岸地域でのウォーターフロント計画が進み、イベント用の大規模施設として千葉市幕張メッセ東京ビッグサイト有明に開設された。それに伴い晴海は施設の老朽化や交通の便の悪さから見本市会場としての役割を終えるとともに、老朽化が進んでいた晴海1丁目地区の晴海団地およびその周辺が再開発されることとなり、晴海はビジネス街と高層マンション群の町へと変貌を遂げることとなった。

その他にも晴海には、東京鰹節類卸商業協同組合が運営する東京鰹節センターにて鰹節の取引きが行われており、かつては住宅展示場や家具組合の大型ショールームであるジャパン・ファニチャーセンターなどもあった。見本市会場跡地にはカー用品の大型店舗であるオートウェーブがあったが、設備の老朽化を理由に後年閉鎖された。晴海には当初月島にあった学校や公共施設が移設されたため、また、晴海は当初月島4号地と呼ばれたことから、晴海にありながら月島という名前を冠する学校や公共施設がある。また、現在ある東京都立晴海総合高等学校首都大学東京晴海キャンパスは、都立京橋高等学校、都立京橋商業高等学校、および都立商科短期大学の跡地に建設された。

有楽町線が新木場駅まで延伸した1988年(昭和63年)からは東京湾大華火祭が始まり、2015年平成27年)まで毎年夏に開催された。

晴海の開発は時代の先端を歩んで来た歴史がある。戦前には1,600坪の大きさを誇った日本万国博覧会の事務局建物が建築され、戦後に開発された晴海団地には、日本の高層住宅の将来像への試金石と言われた前川國男の設計による晴海高層アパートが建築された。その後平成に入り、最初の50階建て超高層マンションが建設された。

世帯数と人口

2019年(令和元年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目世帯数人口
晴海一丁目 1,889世帯 4,074人
晴海二丁目 2,520世帯 6,016人
晴海三丁目 2,089世帯 4,179人
晴海四丁目 80世帯 112人
晴海五丁目 799世帯 1,739人
7,377世帯 16,120人

小・中学校の学区

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

丁目番地小学校中学校
晴海一丁目全域中央区立月島第三小学校中央区立晴海中学校
晴海二丁目全域
晴海三丁目全域
晴海四丁目全域
晴海五丁目全域

施設

高層マンション「晴海ビュータワー」(1丁目、平成10年竣工)
高層マンション「ベイシティ晴海スカイリンクタワー」(3丁目、平成21年竣工)
DEUX TOURS
教育
機関
所轄の警察署
  • 月島警察署 - 月島・佃・豊海・晴海の各地区を管轄する。勝どき6-7より晴海3-16-14に移転。2014年7月7日(月)8:30より窓口業務を開始した。
企業
卸売市場
公園

関連項目

脚注

  1. 町丁目別世帯数男女別人口”. 中央区 (2019年9月3日). 2019年9月23日閲覧。
  2. 郵便番号”. 日本郵便. 2019年9月30日閲覧。
  3. 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月31日閲覧。
  4. 区立学校一覧”. 中央区 (2017年8月17日). 2019年9月23日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.