昭容

宋の孝武帝の時代に昭容などの号が制定された。名の出典は前漢舞楽『昭容』であるという。南朝において、皇后、三夫人に次ぐ「九嬪」の一つとなっていた。北斉においては「八十一御女」の一つであった。

昭容(しょうよう)は、中国の南朝以降の後宮における皇帝の側室の称号。

から五代十国においては九嬪の一つであった。宋朝においては十八嬪の一つとなっていて、正二品に相当する。の前期においては嬪に相当する。代に廃止されている。

李氏朝鮮では『経国大典』によると、昭容は正三品の後宮であった。

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.