春風亭柳枝

春風亭 柳枝(しゅんぷうてい りゅうし)は、落語家の名跡。江戸及び東京の落語・柳派の由緒ある名。1959年以降60年余にわたって空き名跡となっていたが、春風亭正太郎が2021年3月に真打昇進に伴い9代目を襲名する予定。

その他

4代目が睦会を結成し、7代目まで睦会の名跡であった。4代目はもう一つ「春風亭小柳枝」という名跡も作り、柳枝の一つ手前の出世名としてきた。ところが小柳枝の名跡をめぐり日本芸術協会(現落語芸術協会)と睦会が対立した。結果日本芸術協会が勝利し、小柳枝の名跡を確保した。反面、柳枝の名跡は獲得できず、最後は落語協会に流出させ、1943年落語協会で8代目が襲名された。

8代目の弟子であった三遊亭圓彌は8代目遺族との調整がつかず、9代目襲名を断念。その後柳枝襲名は白紙になっていたが、春風亭正朝門下の春風亭正太郎(圓彌の8代目柳枝門下時代の兄弟子・7代目春風亭栄枝の、移籍先での兄弟子にあたる5代目春風亭柳朝の孫弟子)が9代目を襲名すると発表された。

なお、上方にはかつら柳枝りゅうし三笑亭さんしょうてい柳枝りゅうし、弟子で漫才師に三遊亭さんゆうてい柳枝りゅうしがいるが、春風亭柳枝の名跡とは関係がない

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.