春日真木子

春日 真木子(かすが まきこ、1926年2月26日 - )は、歌人。歌誌『水甕』代表。尾上柴舟系の歌誌の親睦団体「柴舟会」会長。父は岩谷莫哀門下の歌人・松田常憲。娘の春日いづみも歌人。宗教はキリスト教[1]

経歴

鹿児島県鹿児島市薬師町生まれ。本姓・松田。1歳から12歳まで愛知県名古屋市で育つ。三輪田高等女学校(のちの三輪田学園中学校・高等学校)から千代田女子専門学校(のちの武蔵野大学)に入学するも、1年修了後に太平洋戦争による空襲激化のために中退。三井鉱山の人事部に勤務する。1945年6月、疎開のため退社。

1946年10月に20歳で結婚。1949年に長女いづみが生まれるも、1954年に夫と死別。父の指導で短歌を始め、1955年に歌誌『水甕』に参加。熊谷武至に師事。

1958年王子製紙技術者・春日俊男と再婚し、夫に従い札幌市苫小牧市に在住。北海道には13年間暮らすも、気候に馴染めないままだった。1972年に夫の本社帰社により東京へ戻る。1975年より『水甕』編集委員。1986年より発行人、2003年より代表。1990年よりライオンズクラブ発行の「ライオン誌」歌壇選者。2000年から2005年まで、歌壇賞選考委員。2015年歌会始召人。

賞歴

著書

  • 『北国断片』短歌研究社 水甕叢書 1972
同文庫版 現代短歌社〈第1歌集文庫〉、2012
  • 『火中蓮 歌集』短歌新聞社 水甕叢書 1979
同文庫版 短歌新聞社〈短歌新聞社文庫〉、2003
  • 『空の花花 春日真木子歌集』短歌新聞社 現代短歌全集 1987
  • 『春日真木子集 現代短歌入門自解100歌選』牧羊社 1988
  • 『はじめに光ありき 歌集』不識書院 水甕叢書 1991
  • 『私の短歌作法 テクニックと鑑賞』オリジン社 1993
  • 『春日真木子 現代短歌集成』沖積舎 1995
  • 『野菜涅槃図 春日真木子歌集』砂子屋書房 水甕叢書 1995
  • 『春日真木子歌集』砂子屋書房 現代短歌文庫 1997
  • 『黒衣の虹 春日真木子歌集』短歌新聞社 現代女流短歌全集 1999
  • 『生れ生れ 春日真木子歌集』砂子屋書房 水甕叢書 2004
  • 『火の辺虹の辺 春日真木子歌集』短歌新聞社 新現代歌人叢書 2005
  • 『燃える水 春日真木子歌集』短歌研究社 水甕叢書 2006
  • 『春日真木子101首鑑賞』三枝むつみ、宮野哲子、春日いづみ編 水甕鮎支社 2007
  • 『風の柱 春日真木子歌集』角川書店 2009 角川短歌叢書
  • 『百日目 歌集』 本阿弥書店 水甕叢書 2011
  • 『水の夢 歌集』 KADOKAWA 水甕叢書 2015

編纂

  • 松田その『花幽 歌文集』短歌研究社 水甕叢書 1983

脚注

参考

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.