星川淳

星川 淳(ほしかわ じゅん、1952年3月31日 - )は、日本の作家翻訳家である。グリーンピース・ジャパン事務局長も務めた。東京都出身。

ほしかわ じゅん
星川 淳
生誕 (1952-03-31) 1952年3月31日(68歳)
東京
出身校九州芸術工科大学、米国ワールドカレッジ・ウェスト中退
職業作家、翻訳家、環境活動家

妹の星川まりも同じく作家、翻訳家。俳優の石田純一の元妻で同じく俳優のいしだ壱成の母親である。

経歴・人物

九州芸術工科大学中退後、インドアメリカ合衆国に居住。1982年に、妻子とともに鹿児島県屋久島へ移住した。2001年に発生したアメリカ同時多発テロ事件後には、音楽家の坂本龍一らと『非戦』(幻冬舎)を発表した。

作家としては持続可能な暮らし・政策に関する論考やエッセイ、先史モンゴロイドの民族移動をテーマにした小説、翻訳家としてはジェームズ・ラブロックガイア理論トランスパーソナル心理学ディープエコロジー、環太平洋地域の先住民文化伝承に関わるものなど、「精神世界」関連書の翻訳を手がけている。

バグワン・シュリ・ラジニーシ(オショウ 和尚 OSHO)の翻訳書(めるくまーる社)を多数手がけた。その際の訳者名は、ラジニーシから受けたスワミ・プレム・プラブッダというサニヤス・ネーム(法名)を使っている。2020年処女作である「存在の詩」Osho(バグワン・シュリ・ラジニーシ)著 星川淳訳)が新装復刊[1]された。

2005年より2010年11月までグリーンピース・ジャパンの事務局長を務める。原発とプルトニウム再処理問題、遺伝子組み換え問題、原生林保護問題、調査捕鯨問題などに取り組んだ。

日本による対韓輸出優遇撤廃に反対する、<声明>「韓国は「敵」なのか」呼びかけ人の1人[2]

著書

単著

訳書

共著

  • 『非戦』(坂本龍一監修、2001年、幻冬舎
  • 『イマジン9 - 想像してごらん、戦争のない世界を。』(川崎哲共著、成瀬政博画、2007年、合同出版)
  • 『憲法を手に格差と戦争をくいとめよう - 福島みずほ対談集』 (2007年、明石書店)
  • 『刑罰に脅かされる表現の自由 - NGO・ジャーナリストの知る権利をどこまで守れるか?』(海渡雄一監修、グリーンピース・ジャパン編、2009年、現代人文社)

脚注

  1. 『存在の詩 TANTRA THE SUPREME UNDERSTANDING』新装復刊 Osho(バグワン・シュリ・ラジニーシ 2020年 めるくまーる社
  2. 韓国は「敵」なのか呼びかけ人
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.