明倫館

明倫館(めいりんかん)は、長州藩藩校水戸藩弘道館岡山藩閑谷黌と並び、日本三大学府の一つと称された。

概要

1718年(享保3年)、萩藩5代藩主・毛利吉元萩城三の丸追廻し筋に創建(敷地940坪)。1849年(嘉永2年)には、13代藩主・毛利敬親藩政改革に伴い萩城下江向へ移転(敷地15,184坪。建物総坪数11,328坪、練兵場3,020坪)。

明倫館の蔵書は、荻生徂徠および徂徠門下の著作や反朱子学を標榜する著作が多く、朱子学を標榜しつつも、実際は徂徠学に近い側面を有していた[1]。また、蔵書の貸し出しは書生以外にも認められており、徂徠の『政談』の言説の影響が見られる[1]

1863年(文久3年)、藩庁の山口移転により、上田鳳陽[2]が1815年(文化12年)に山口市中河原に開設していた私塾山口講堂(後に山口講習堂)を山口明倫館と改称、藩校に改め、萩・山口の両明倫館が並立することとなる。

責任者として明倫館総奉行の職が設置され、加判役支配下であった。

萩明倫館

萩明倫館・有備館
水練池
世界遺産ビジターセンター
(2号館内)

萩明倫館は、敷地内に明倫小学校が建設され、1929年(昭和4年)12月17日、国の史跡に指定されている。敷地内には、有備館、水練池、聖賢堂などの遺構が残っている。

明倫小学校の木造校舎は2014年(平成26年)3月まで使用され(隣接地に新築移転)、2017年(平成29年)3月に敷地一帯が明治維新150年記念事業として整備され、本館は萩市の観光拠点施設「萩・明倫学舎」、2号館は世界遺産明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業萩エリアの「世界遺産ビジターセンター」となっている(ビジターセンターは有料で要300円)[3]

小山ゆうのデビュー作『おれは直角』は、萩明倫館が舞台である。

著名な出身者

山口明倫館

山口明倫館は、山口講習堂時代の1861年(文久元年)に、山口市内中心部の亀山東麓にある、堀に囲まれた広大な敷地(亀山校地)に移転した。山口明倫館には文学寮(小学舎と編集局)と兵学寮(歩兵・騎馬・砲兵の三兵塾)が置かれていた。

亀山校地

亀山校地・キャンパスは、その後身諸校(旧旧山口高等学校→旧制山口高等商業学校→旧制山口経済専門学校山口大学経済学部)に受け継がれ、110年間に亘り使用された。1973年(昭和48年)、経済学部が山口大学本部のある吉田(平川)キャンパスへ移転・統合された後は、パークロード建設のため藩校以来の堀も埋められたが、その後一部は復元され、跡地には山口県立美術館、鳳陽館(鳳陽会<山口大学経済学部・旧高商・旧経専同窓会>館)、「鳳陽寮歌石碑」が建てられている。

大村益次郎が、幕長戦争を前に、明倫館兵学寮教授として、山田顕義等普門寺塾(別名三兵塾)生に対し、士官養成のための近代兵学教練を行ったのが、ここ亀山校地である。

脚注

  1. 牛見真博 (2006-03). “旧蔵国書からみる萩藩校明倫館教育の特徴”. アジアの歴史と文化 (山口大学アジア歴史・文化研究会) 10: 1-16. http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D150010000009 2020年11月1日閲覧。.
  2. 萩・明倫学舎

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.