早川正士

早川 正士(はやかわ まさし、1944年2月26日[1] - )は、日本の研究者。専門は、電磁環境学で、キーワードは電波と環境。具体的なテーマは電離圏/磁気圏プラズマ波動と磁気圏診断、方探、大気雑音(雷、地球温暖化など)と中間圏発光現象環境電磁工学EMC)、地震電磁気学(地震予知学)等[2]

愛知県名古屋市出身。電気通信大学電気通信学部電子工学科教授を経て、電気通信大学名誉教授、株式会社早川地震電磁気研究所代表取締役[3]

専門分野

専門分野は電磁環境学(電波理工学)で、具体的なテーマとしては

  • 地球周辺(電離層/磁気圏)プラズマ中での電磁雑音と磁気圏の診断
  • 大気中の電磁雑音(世界雷分布、地球温暖化、中間圏発光現象
  • 生活空間での電磁雑音(環境電磁工学EMC
  • 地圏からの電磁気現象と地震予知

阪神・淡路大震災(1995年)以降は、電磁気的手法を用いた地震予知の研究に精力的に従事。4回IWSE(Int. Workshop on Seismo Electromagnetics)を国内にて開催するなど、地震電磁気研究を推進し、地震予知の可能性を示した。

略歴

  • 1966年:名古屋大学工学部電気工学科卒業
  • 1968年:名古屋大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了
  • 1970年:名古屋大学大学院博士課程中退
  • 1970年:名古屋大学空電研究所助手
  • 1975年:イギリス・シェフィールド大学物理学科客員講師(1年)
  • 1978年:名古屋大学空電研究所講師
  • 1979年:名古屋大学空電研究所助教授
  • 1980年:フランス国立惑星大気環境科学研究所客員教授(2年)
  • 1990年:名古屋大学太陽地球環境研究所(旧空電研究所)助教授
  • 1991年:電気通信大学菅平宇宙電波観測所教授
  • 1995年:電気通信大学電子工学科教授
  • 2009年:電気通信大学停年退官
  • 2009年:電気通信大学名誉教授, 同大学、先端ワイヤレスコミュニケーション研究センター特任教授
  • 2010年:地震解析ラボ設立、同ラボ所長
  • 2011年:電気通信大学、先端ワイヤレスコミュニケーション研究センター客員教授
  • 2011年:株式会社早川地震電磁気研究所設立、代表取締役
  • 2016年:地震解析ラボ所長 退任
現在
  • 株式会社早川地震電磁気研究所 代表取締役
  • 電気通信大学名誉教授
  • 電気通信大学先端ワイヤレスコミュニケーション研究センター客員教授
  • 日本地震予知学会会長

役職

  • 1984-1993年:日本学術会議電波研究連絡委員会 E分科委員長(3期)
  • 1993-1996年:URSI, E分科 Vice Chair
  • 1996-1999年:URSI, E分科 Chair
  • 1999-2001年:日本大気電気学会会長(第16期)
  • 2000-2006年:Radio Science, Co-editor
  • 2005年:電子情報通信学会 フェロー
  • 2005年:電気学会 上級会員
  • 2009-2013年:Journal of Atmospheric Electricity, Editor-in-Chief
  • 1994, 1997, 2000, 2005年:International Workshop on Seismo Electromagnetics (IWSE) Chair

EMC、スペース、電気/電子工学、地震電磁気分野の多くの国際会議の組織委員を務める。

国際学術誌への貢献

Planetary and Space Science, Indian Journal of Radio and Space Science等のEditorial board member。Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics, Physics and Chemistry of the Earth, Journal of Atmospheric Electricity等の多数の国際誌にて特集号のGuest Editorを務める。

受賞

  • 1983年:日本地球電磁気学会, 田中館賞
  • 1989年:日本大気電気学会賞
  • 2003年:三菱財団
  • 2000年:EMC(Wroclaw) 国際会議功労賞
  • 2010年:インド第20回S. N. Bose記念招待講演

発表論文

調査機関「トムソン・ロイター(Thomson Reuters)社」の学術雑誌データベース調査結果によると、2000年~2010年の10年間において、地震(earthquakes)分野における発表論文数は早川が世界TOP 1。電磁環境学全般にわたり700編超。以下は最近の代表的なもの。

  • Hayakawa, M., Y. Kasahara, T. Nakamura, F. Muto, T. Horie, S. Maekawa, Y. Hobara, A. A., Rozhnoi, M. Solovieva, and O. A. Molchanov, A statistical study on the correlation between lower ionospheric perturbations as seen by subionospheric VLF/LF propagation and earthquakes, J. Geophys. Res., vol. 115, A09305, doi:10. 1029/2009JA015143, 2010.
  • Shvets, A., and M. Hayakawa, Global lightning activity on the basis of inversions of natural ELF electromagnetic data observed at multiple stations around the world, Survey Geophys., vol. 32, issue 6, 705-732, DOI 10.1007/s10712-011-9135-1, 2011.
  • Hayakawa, M., Y. Hobara, A. Rozhnoi, M. Solovieva, K. Ohta, J. Izutsu, T. Nakamura, and Y. Kasahara, The ionospheric precursor to the 2011 March 11 earthquake based upon observations obtained from the Japan-Pacific subionospheric VLF/LF network, Terr. Atmos. Ocean. Sci., vol. 24, no. 3, 393-408, doi: 10.3319/TAO.2012.12.14.01(AA), 2013.
  • Sorokin, V. and M. Hayakawa, Generation of seismic-related DC electric fields and lithosphere-atmosphere-ionosphere coupling, Modern Appl. Sci., vol. 7, no. 6, 1-25, doi: 10.5539/mas.v7n6p1, 2013.
  • Ohta, K., J. Izutsu, A. Schekotov, and M. Hayakawa, The ULF/ELF electromagnetic radiation before the 11 March 2011 Japanese earthquake, Radio Sci., vol. 48, 589–596, doi:10.1002/ rds.20064, 2013.
  • Hayakawa, M., A. Rozhnoi, M. Solovieva, Y. Hobara, K. Ohta, A. Schekotov, and E. Fedorov, The lower ionospheric perturbation as a precursor to the 11 March 2011 Japan earthquake, Geomatics, Natural Hazards and Risk, vol. 4, no. 3, 275-287, doi:org/ 10.1080/19475705.2012.751938, 2013.

著書

  • 早川正士 『波動工学』(コロナ社)1992年
  • 早川正士 『最新・地震予知学 電磁波異常でわかる、その前兆』(祥伝社)1996年
  • Hayakawa, M. and O. A. Molchanov (編) 『Seismo Electromagnetics: Lithosphere - Atmosphere - Ionosphere Coupling』(TERRAPUB)2002年
  • Nickolaenko, A. P. and M. Hayakawa 『Resonances in the Earth-Ionosphere Cavity』(Kluwer Acad. Pub., Dordrecht)2002年
  • Troyan, V. and M. Hayakawa 『Inverse Geophysical Problems』(TERRAPUB)2002年
  • 早川正士 『なぜ電磁気で地震の直前予知ができるか』(日本専門図書出版)2003年
  • 日本大気電気学会編(全般総括、分担執筆)『大気電気学概論』(コロナ社)2003年
  • Korovkin, N. V., V. L. Chechurin and M. Hayakawa 『Inverse Problems in Electric Circuits and Electromagnetics』(Springer)2007年
  • Molchanov, O. A., and M. Hayakawa 『Seismo Electromagnetics and Related Phenomena: History and latest results』(TERRAPUB)2008年
  • 早川正士 『地球環境とノイズの意外な関係』(技術評論社)2009年
  • Hayakawa, M. (編) 『Electromagnetic Phenomena Associated with Earthquakes』(Transworld Research Network)2009年
  • 早川正士 『地震は予知できる!』(KKベストセラーズ)2011年
  • Hayakawa, M. (編) 『地震予知研究の最前線(The Frontier of Earthquake Prediction Studies)』(日本専門図書出版)2012年
  • Hayakawa, M. (編) 『Earthquake Prediction Studies: Seismo Electromagnetics』(TERRAPUB)2013年
  • Nickolaenko, A. P. and M. Hayakawa 『Schumann Resonance for Tyros』(Springer)2014年
  • Surkov, V. and M. Hayakawa 『Ultra and Extremely Low Frequency Electromagnetic Fields』(Springer)2014年

脚注

  1. 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.425
  2. 早川正士 『地震は予知できる!』(KKベストセラーズ)2011年。
  3. 電気通信大学ホームページ”. 2016年8月30日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.