旧制小学校

旧制小学校(きゅうせいしょうがっこう)とは、1886年明治19年)の明治19年勅令第14号(小学校令[1]で定められた初等教育学校

1886年(明治19年)より現代まで一貫して義務教育として制定されている。

歴史

尋常小学校(または尋常科、初等科)と高等小学校(または高等科)が設置されていた[2]

1890年(明治23年)勅令第215号[3]によって改正され、高等小学校、高等科は尋常小学校、尋常科を卒業した児童がさらに2年教育を受ける課程となった。

1899年(明治32年)勅令第359号にて私立学校令が制定され[4]私立学校と区別された。

1941年昭和16年)勅令第148号の国民学校令[5]により1947年(昭和22年)に学校教育法(昭和22年法律第26号)[6]が制定されるまでの6年間、国民学校となっていた。

旧制小学校の例

脚注

  1. 明治19年勅令第14号 中野文庫
  2. 明治19年勅令第14号 第一条「小学校ヲ分チテ高等尋常ノ二等トス」
  3. 明治23年勅令第215号 中野文庫
  4. 明治32年勅令第359号 中野文庫
  5. 昭和16年勅令第148号 中野文庫
  6. 学校教育法 昭和22年法律第26号

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.